右人工股関節置換術後4・・・歩き方と姿勢は大事

本日も晴天なり。今年一番の暑さになるそうな。

15分の屋外歩行練習はまだ涼しい午前中に行くのが無難だろう・・・のろいから(⌒o⌒;A

人工股関節がまだ体に馴染まない今、出来ない動作は数あれど、「まずは右脚をひざまずき・・・」の応用で、猫のトイレ掃除も人間のトイレ掃除も出来るようになり、

禁止されている床拭き以外の家事は全て出来るようになった。

床拭きはクイックルワイパーにウェットタイプのシートをセットすればクリア。

慣れない家事とペットの世話を数日したことで、夫はゆうべは帰宅早々ダウンしていた・・・申し訳ないm(_ _)m

腰の手術の時の入院は3週間と今回より長かったけれど、

多分夫も今より7歳若かったし、ペットも犬1匹&ふぇれっと1匹だけで、当時は娘も中学生で家にいて手伝う時間くらいはあったから、今よりは楽だったのかもしれない。

右脚の痛みは相変わらず。

象さんみたいに右脚がパンパンにむくんでるというか、腫れているというか、兎に角他人様には見せたくない状態。

関係ない筈の左脚も象さんだから、ただ「下半身が太ってしまった」だけなのか?痛みがひいてみなけりゃわからない┐( -“-)┌

船橋整形での人工股関節置換術は入院日数が他の病院より短い、が売り。

ここの医師だからこそ手術時間も短く、患者の体への負担が少なくて済む。

で、長期間仕事などを休めない人が遠方より手術にやってくる。

故に手術を受け入院している患者は、比較的皆若く、現役世代が多い。

私と同日に手術を受けた人の中でも、頑張ってもう職場復帰している人もいることだろう。

今朝一番に痛み止めの座薬を入れながら「泣き言言ってもいられないよな。」とそんな人たちを想う。

私の退院直前、隣のベッドの女性とおしゃべりした中で、

「忙しい時はのんびりしたくて愚痴ばかりこぼしてたけど、数日ここで寝かされると『寝るのはもう沢山!早く働きたい!』と思っちゃうのよね。人って無い物ねだりばかりしちゃうわね。」

皆同じ。

頑張りたくないけど、頑張りたい。

頑張らないにも頑張りが必要だったり、時に頑張る方が頑張らないでいれたりすることがある。

頑張って生きる、も大変ならば、

楽に生きるもなかなか大変。

他人からは私はどうも「頑張ってる」ように見えるらしい。

しかし、私としてはこのペースが一番楽だったりする。

出来ないことやしたくないことは結構というか、かなり拒否ってる。

「できない」と断ることもあれば、「体調が悪い」とちょっと小芝居をして逃げることもある。

結構その小芝居が上手いのか?体が弱いのに無理してるように見えるのかもしれない。

確かに首、腰、股関節が悪いけれど、これら、どうも私の歩き方に問題があるらしい。

手術した医師曰く「骨が硬くて、筋肉量も多い」とのこと。

集団健康診断の結果も今年は「再検査」はなく、すべての項目でA。

メタボもなく、中性脂肪などは低い方で「健康的な食生活」ときたもんだ・・・猫まんまとバタートーストと桑茶くらいしか食さないんだけど┐( -“-)┌。

で、なんでこう体を壊すか・・・どうも幼き頃からのペンギン歩きと猫背が悪いらしい。

親からも散々直すように言われながら、治せなかったペンギン歩きは、10代の頃までは可愛かった。

おばさんのペンギン歩きと猫背は「可愛い」代物ではない。

その上、姿勢の悪さは内臓に負担をかけるし、間違った歩き方は軟骨に余計な負担をかける。

結果、30代後半からボロが出だした。

もう手術は懲り懲りの今、歩き方の矯正中。

ペタン、ペタンと地面に足底全体をつけて歩いていたのを、「かかと、かかと、かかと・・・」と、かかとから地面に着地し、かかとで地面をけって前へ体を押し出す。お尻を後ろにつきださないように胸を張り、腹筋に力をいれてお腹をひっこめる。

こんな痛い目に散々遭う前にそういうことはしとくべきだった。

私と同じ歩き方をする娘21歳、今の内になんとか直してやりたいが、本人にその意思がない。

本当に痛いんだからねアッカン ( ρ 、<) ベェー!

人工物が入ったら、いっぱいリスク背負って生きねばならないんだからね(9 ̄^ ̄)9

「可愛い、可愛い」でわがままに育ててしまった娘に、腹が立つこともあるけれど、愛する我が子に同じこんな目に遭わしたくはない。

嫌われてもうるさく言うか?・・・それが仲違いの原因となってる実父の学歴、卒業大学(国立大学じゃなきゃダメ!)重視、教育パパぶりだったのだろうか?

愛情ってむずかしい( ̄▽ ̄;)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-05-26 09:37


頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりチタンボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症&両手親指付け根変形性関節症温存療法中とあまりの疾患の多さに自分でも忘れ、あきれている整形外科と縁が切れそうもない50代主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

平和ではなくなった日本の夏
at 2017-08-11 09:05
リハビリの夏、読書の夏
at 2017-08-10 09:24
コアサーキット
at 2017-08-07 12:40
痛み止めだった筈のリリカカプ..
at 2017-08-01 08:09
ドラッグのような薬リリカカプ..
at 2017-07-31 22:14

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

画像一覧

フォロー中のブログ

ironのブレブレ写真館
1*ときどき*5
地域情報発信基地in高知
White Board -♭
がちゃぴん秀子の日記
Dreary Day
  P & F comp...
司法書士 行政書士 柿本...
walk with my...
Yume-maboroshi
人生とは ?
ねこ旅また旅
皿 皿 碗 碗 ;週末陶...
君の笑顔に逢いたい
アメリカからニュージーランドへ
*しゅきしゅきしゅきよ~...
こころのまんなか。
えびぞう翁の徒然日記

検索

タグ

(24)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

ブログジャンル

つぶやき
病気・闘病

ファン

ブログパーツ

https://www.instagram.com/tamagofurikake07/?hl=ja