ドラッグのような薬リリカカプセルの禁断症状記録

本日2度目の更新。

今のうちに記録をしておく。


昨日から現れだした抑うつ感情は、リリカカプセルとトラムセットの禁断症状と知る。


リリカカプセルとトラムセットは、今年5月下旬、電気メスで切り刻まれるような激痛の襲われてから処方された。

当時一緒にボルタレンも処方されたけれど、ボルタレンは合わず、吐き気どころか嘔吐する始末で飲めなかった。

手術直後もF整形では痛み止めはボルタレンを点滴で使うことから、

吐き気がひどく、ほとんど痛み止めは使えず、当初使ったボルタレンもしくは全身麻酔の副作用からくる吐き気を抑えるための吐き気止めが点滴された。

よって大丈夫な人より痛かった筈。

リハビリもその分遅れた。


退院直後から不調ではあった。

しかし、それらは右脚に残った痺れのひどさがストレスになってのものと思っていた。

しかし、その痺れを抑えるために処方されたリリカカプセルに効果が感じられず、

担当医からはストップしてもよいと言われていた。

トラムセットも頓服として飲んでればよい、とのことだった。


むくみや眠気がひどく、考えがまとまらず、趣味の読書がままならないことからリリカカプセルをやめる決心をし、

服薬をストップしたのは、この日記によれば7月23日(日)。

その前から、リリカカプセルを飲んでいるのに痺れがひどくなりだしたのと同時に寒気もしていたけれど、

翌24日(月)から多汗症になる・・・異常な発汗。

25日(火)から暑気と寒気が交互に襲いだし、大汗をかいたかと思うと、鳥肌がたつようになった。

27日(木)から左胸がしめつけられるような痛みと息切れに襲われる。

28日(金)、左胸の痛みと息切れ、暑気と寒気がひどく、夫が慌てて朝総合病院に私を連れて行った。

千葉徳洲会病院総合内科で診察と検査。

当初、心筋梗塞が疑われた。

ありとあらゆる検査をしたけれど「異常なし」。

ここのところ毎朝吐き気が続いていたことから、そして前にも同じ体験があったことから、

「もしや」ということで逆流性食道炎の薬を処方される。

食道の炎症による痛みが、隣り合っている心臓と肺の痛みに感じている場合があるとのこと・・・以前他病院で診断されたのと同じ(このブログに記録あり)。

「もしや」は当たったのか?息切れはすぐ治り、左胸のしめつけられるような痛みは治まった・・・とその時は思った。

しかし、病院に検査などで5時間いたのだけれど、途中あまりに左胸が苦しくて歩けなくなり、持ち歩いていたリリカカプセル75mgを1錠、トラムセットと共に服薬していた。

しかし、とりあえず息切れはその後今の所おさまっているし、左胸の痛みもしめつけられるような感じは残っているけれど「苦しい」という程ではない。


問題は、何故か昨日の夕方から突然抑うつ感情が現れたことだった。

死にたくないのに、生きていてはいけないような気がして悲しく涙が出だした。

今日はソワソワ感があり、やたら昔の思い出がよみがえり、その思い出がどれも楽しかったものに思え(つらいことも確かにあった筈だった)、

思い出に恋でもしているかのような、あの若かりし頃の恋の胸キュンのような感情が込み上げ、

同時に失ってしまった時に悲しくなっていた。


自宅にいると怖くて、朝夕と自転車に愛犬を乗せ、近くの公園で時を過ごした。

友達に電話したり、LINEで会話したりして付き合ってもらった。


夕方、ネットで「リリカカプセル」に関する記事を探した。

そこで「禁断症状」の報告が多数あることに目が止まった。

薬剤師さんや、医師、患者さんたちからの報告が多く上がっていた。

禁断症状はひどく、社会生活が送れないほどで、その期間も数ヶ月と長いことから、

禁断症状を抑える為だけに服薬を続けている人が目立つ。

どうも減薬が難しいそう。

薬が薬を呼ぶ・・・まるでドラッグだ。中には交通事故を起こしてしまってもまだ服薬している人もいた。


確かに私も昔リリカカプセルは飲んでいたけれど、どうも眠くなって車の運転に支障が出ていたので飲まなくなっていた・・・当時の担当医は「慣れる」と勧めたが「事故りたくない」で私が拒んだ。

その頃にはリリカカプセル服薬中に交通事故を起こす人が現れだし、問題になりだしていたようで、頑固だった医師も私の意思を受け入れた。

よってトラムセットがメインだった。


今回は症状が痺れだったので、術後はトラムセットは頓服で、リリカカプセルが常用として処方されていたけれど、

担当医は「効かない」と言っても量は増やさず、1日150mg(75mgを1日2回服薬)だった。

薬剤師さんの意見では、1日150mg以下ならばいきなりストップしても禁断症状は出ない、とのことだった。

確かに禁断症状で苦しんでいる人たちの報告をみると、皆1日にその倍近い最大量を半年以上服薬している人たちだ。

私の服薬期間は約2ヶ月。

本来ならば禁断症状は出ない筈だけれど、そこは個人差があるのだろう・・・私は薬に弱い。

せめて長くは続かないことを願う。

禁断症状を乗り越えられるようにフォローを夫と友達、

そして2008年の最初の腰の手術、腰椎変性すべり症による脊柱管狭窄症の手術直前からフォローしていただいてる心療内科医に予約をとった。再びフォローを願う予定。

もちろん来月早々予約が入っている整形外科の担当医にも相談する予定・・・もう処方は拒む。


昨年の春、トラムセットの服薬をやめた時、禁断症状でむずむず症候群で苦しんだ。

鉄剤の服薬でなんとか乗り越えたのを記憶している。


今回の抑うつ症状がリリカカプセルの禁断症状かトラムセットによるものかは不明だけれど、

痛み止めの筈のトラムセットの服薬をやめてから、両手親指付け根の変形性関節症の痛みと左奥歯下の痛みが和らいできている。

トラムセットを飲んでも一向に痛みは治らないし、

手も歯も、今回の手術直後から痛みが出てきた。

手は以前から痛くはあったけれど、それはサックスを吹いた直後1時間ほどで、風呂上りにはいつも治っていた。

サックスを吹いていないのに痛いのが病室で不思議だったのを覚えている。

今は治まったけれど、思えば今回の痛みでリリカカプセルとトラムセットを服薬しだしてから喘息のような咳が約一ヶ月続いていた。

なんとなく内科へ行くようなものではない気がして行かず、いつの間にか治ると同時に奥歯の痛みがひどくなり、食事がうまくとれなくなった。


今日のところはざっとこんなとこ。

取り急ぎ記憶しておく。



by sizhimi | 2017-07-31 22:14

頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりチタンボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症&両手親指付け根変形性関節症温存療法中とあまりの疾患の多さに自分でも忘れ、あきれている整形外科と縁が切れそうもない50代主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS