満開の桜を待つ

今日は暖かかった。

予報では、午後から雷が鳴り、雹(ひょう)が降るおそれがある、とのことだったけれど、

夕方の今、天気はもっている。


a0152078_18093212.jpg
東京は靖国神社でも上野恩寵公園でも、桜が満開とのことで、花見客で賑わっている様子。

インスタでは、皆がUPする桜のpickで華やかに彩られている。

しかし、千葉の我が家近辺も、横浜の長男宅付近も満開には程遠い感じ。

a0152078_18085850.jpg

昨年桜の満開時は、折しも長男が当然腹膜炎で入院し、花見どころではなかった。

その前は、人口股関節の手術直前で、痛くて歩ける状態でもなく、花見どころの話じゃなく、

確かその前の年は、腰痛がひどく、整形外科のリハビリ科で「花見に行きたいんですが、車椅子を借りて行っていいですか?」と当時担当の理学療法士さんに尋ねたところ、

「安静だ!」とめちゃ怒られた。

a0152078_18105554.jpg

今年こそ、満開の桜を楽しむのだ110.png

もちろん若いイケメンを連れて歩きながら・・・孫のハル君である。若すぎると言えば言えるが、やはり若い人と一緒にいると若返るのか、

孫のハル君と撮った写真の私は何故かいつも若々しい。実物よりずっと若く見える。

爺さん(夫)と一緒に映ると、しっかり婆さんになってしまう136.png

若い力というものは大したものだ。

孫の有り余ったエネルギーを少しばかりいただいて、婆さんももう一花咲かせよか179.png


そっか、年下の恋人なんかを持つと若返るのか?

で、その年下の恋人を何処で得る?

金は出したくないから、金のある年下男性がいい。

そんな都合のいい話はあるか?

第一、もう時間がいっぱいいっぱいじゃないか。

これ以上余計な事に手出しする時間的余裕はない。

つーか、いい歳して何バカな事考えてるんだ、私141.png

a0152078_18114254.jpg

ここのとこ、スクーターのおかげで、腰と右脚が痛くなるのを不安に思うことなく外出できるようになった。

自転車より楽だし、車より燃費はいいし、のんびりと移動できる。

もう20年バイクには乗っていないし、スクーターは初めてだから、当初不安だったけれど、

昔取った杵柄は有効だった。

ただ、歳のせいか、若い頃は気にもしていなかった「法定速度」と「安全運転」をとっても気にするようになっている。

思えば、車も昔のように飛ばさなくなったしね・・・高速道路も110km(時速)はもう出しません。

スキルもない若者がいい気になってスピードを出しすぎて自滅することが多いですが、

スキルは十分身につくと同時に、もう何かトラブルが起こった時、とっさに自分が対応はできないのではないか・・・反射神経が衰えているだろう・・・と冷静に受け止めることが出来ているからだと思うし、

その冷静さが失われる程、まだ惚けてはいないことは良かったと思います・・・一応まだ50代だし、体は悪いけど、脳は結構イケてると思うけど・・・微妙か117.png


病気のせいで、やや自信過剰気味だったとこが削られ、どちらかというと必要以上に不安感が占める代わりに、

とても慎重になれたことは良かったと今は思います。
a0152078_18104350.jpg


ちなみに、今日、ようやく美容室に行けた。

ヨレヨレ頭ではなくなったけど・・・なんか老けた感じ140.png

それってヘアースタイルのせいか?

顔と体型のせいか?

おそらく後者だろう145.png



by sizhimi | 2017-04-03 18:13

頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりチタンボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症&両手親指付け根変形性関節症温存療法中とあまりの疾患の多さに自分でも忘れ、あきれている整形外科と縁が切れそうもない50代主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS