失うものが多い中

調子は相変わらず。

ということは一向に良くはなっていない感じがする。


昨日は午前と夕方の2回発作が起きた。

間の昼間、整形外科のリハビリ科にコアサーキットに行った時だけは行き帰りの原付スクーターでの短い旅も楽しく、

運動中も汗を流すのが気持ち良かった。

仲間の笑顔も励みになった。

顔見知りと声を掛け合い、

別に自分は特別かを抱えているという意識はなく、それまでと何も変わらない気がした。


もしかしたらここに来ている人で私みたいなのは結構いるのかもしれない。

健康を失い、誰もが前向きでいられる訳じゃあない。

私だって「前向き」に頑張ってきたつもりで、

「前向き」を保つ為にゴミ箱としてこのページを利用した。



趣味のつもりでいたアルトサックスは、今思えば「恋人」であったのだろう。

そしてその「恋人」は私のコンプレックスを補ってくれていたのだろう。

「上手くなろう」と頑張れる自分を好きでいられたし、

それが励みになっていた。

首の故障はもともとだし、腰より先だ。

何より手まで故障することもなかろうて。



今、漢方薬で、「体を温めることにより関節痛を改善する」という方法にチャレンジ中・・・もちろん医師の指導のもと。

少し痛みがやわらいだ気がしていたけれど、

昨日からの冷え込みには勝てない。



一ヶ月前に、江ノ島へ、夫と長男と孫の4人で行った時の元気はすっかり影をひそめ、

今日は午前中身支度はしたのに、その後苦しくなり、薬を飲みしばし寝込む。

その度に自信を失う。

「また苦しくなるのではないか」という不安が、左胸をしめつけ、息苦しさを呼ぶ。



娘の誕生日が目前だけれど、

その娘はその日帰っては来ない。

彼氏のアパートで過ごす。

もう24歳だし当然だろう。

何かプレゼントだけでも、と思うのだけれど、何も思い浮かばない。

一応一つ屋根の下に住みながら、会話をすることがほとんどなくなってどれほど経つだろうか。



雨がやんだようだ。

少し散歩に出よう。

少し自信がつけばいいし、

そうやって自信をまた少しずつ積み上げていくしかないのだろう。



by sizhimi | 2017-10-07 12:43

頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりチタンボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症&両手親指付け根変形性関節症温存療法中とあまりの疾患の多さに自分でも忘れ、あきれている整形外科と縁が切れそうもない50代主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS