<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

無題

a0152078_22533544.jpg
a0152078_22535172.jpg

私の携帯が変わった。

携帯電話ではなく、スマートフォンに機種交換した。

当然のことながら、まだ使いこなせてはいない。

今日、初めてその機種で写真を撮った。

出来上がりには満足していない。

私が今日のスロージョギングの帰り道で感動した夕焼けとはまったく違うものがそこにあった。

でも、これはこれで記念としてアップしとこう。


先日、某有名大手電器屋でデジカメを見た。

普通のデジカメはすでに一万円もせずに買えるほど安くなっており、

一眼レフデジカメでさえ、一昔前のデジカメの値段で、初心者や、女性向けの軽くていいものが買えるようになっていた。

「買う人は買うんだろうな」と思いつつ、

「私の撮った写真など、ブログに載せて、私が個人的に楽しんでるだけだし」とあきらめる。

あきらめる事には慣れている。

というか、すぐあきらめる癖がいつのまにかついた。

そんな癖がつくと共に笑わなくなった気がする。

それでも、私の「あきらめない」はちゃんと隠れて待機してる。

だから今日もいい夕焼けを眺めることができた、と自負してる。
by sizhimi | 2010-11-30 23:13

小さな自信

a0152078_2255552.jpg
a0152078_2261746.jpg

始めは夫が始めたスロージョギングだった。

夫は抗がん剤服薬中の今年の5月から、健康を意識してほぼ毎晩走るようになっていた。

癌が発見されるまでの夫は、

食べたいだけ食べ、

酒も飲みたいだけ飲み、

煙草も吸っていたし、

運動はせず、

いわゆるメタボの代表格だった。

手術前は「どうして俺が」と繰り返しぼやいていたが、

退院して、仕事にも復帰し、抗がん剤の副作用はあったけれど、それまでの生活に戻り、

いくらか冷静に考えられるようになったのだろう。

どう考えたって成人病は避けられないような生活を送っていたと。


夏になり、今年は猛暑で、夜になっても暑かった。

すっかり痩せた夫は、抗がん剤の副作用による吐き気もあってやつれて見えた。

そんな夫を、夜一人で走らせるのは心配だった。

それで、8月に入り、私も一緒に走り出した。

そしてそれはいつのまにか私の趣味になった。


夫の抗がん剤服薬が終わり、痩せてはいてもやつれた感じはなくなった頃から、

私は一人で、日が沈む前に走るようになった。

ちょうど帰路につく頃に夕日が見れるから。

夕焼けから小焼けになり、ほんのり暗くなって行く、そんな空模様の変化が好ましかった。


走り出して、最初の頃は、歩いてる人にまで抜かされる有様だったけれど、

最近はそれなりに格好もついてきた模様。

ちょうど近くの高校の生徒が部活で走っている時間にかちあうのだけれど、

ふと、この49歳のおばさんが、高校生の男子にひけをとってない事に気づいた。

(ちょうど比べた高校生が体力がなかったか、もう学校の周りを何周もしてくたびれきっていたというのが本当のとこだとは思うけど)

まんざらでもない気分。

ただ、そんな「まんざらでもない気分」が不思議に力をくれるものである。

次男の病気のことや、

嫁とうまくコミュニケーションをとれないことや、

夫の病気のことや、

反抗期の娘のことや、

自分の更年期障害のことなど、

すっかり自分に自信をなくして、いつもどこか憂鬱で物悲しい気分がただよっていたのが、

日々走って、日々、走ってる高校生と出会う度、

日々薄れていった。

そうなるとこれまた不思議なことに、

実はゆうべから神経痛が痛むのだけど、

それで今日はスロージョギングは休んだのだけど、

「痛み」も許せちゃったりしてる。

そして、多分、ちょっとだけ楽しい。


体力のない今時の高校生に感謝m(_ _)mである。
a0152078_2240537.jpg

by sizhimi | 2010-11-20 22:46

秋深し

a0152078_18102549.jpg

今日は快晴とまではいかなかったけれど、

天気予報は有り難くはずれ、それなりにいい天気だった。

日々、不安、哀しみ、寂しさを想いながらも、

朝起きてから、

夜眠るまで、

なんだかんだと毎日忙しく、機械的に、決められたメニューをこなしている。

若い頃は、自分は何か特別な事ができる人間のように錯覚して、

「こんなのは嫌だ」と思った時期もあったと思う。

今は、毎日同じ事ができる事を有り難く思う。

そして、明日も今日と同じに過ごせれば有り難いと願う。

昔のように笑うことはなくなったけれど、

泣くことがなければ有り難いと思う。
a0152078_18201043.jpg

by sizhimi | 2010-11-18 18:21

犬の散歩と次男

a0152078_10152230.jpg

写真は昨日の日中。

今日は朝から冷たい雨です。

こんな日は神経痛が痛んだものでしたが、

夏から始めたスロージョギングが功を奏してか特に痛むことなく過ごせてます。

少し雨がおさまった時間に犬の散歩にも行けました。
a0152078_1019656.jpg
犬の散歩は、ここ数ヶ月は次男の仕事でした。

昨年夏に突然パニック障害を発症し、

バイトも辞め、

頑張っていたバンド活動も去年の暮れにやめ、

でも結婚して、お嫁さんと2人、うちから近いアパートで暮らしていた次男の仕事でした。

パニック障害の症状もおさまり、次男はバイトをこの秋から始めました。

バイトも特に問題なく続けられ、それでも休みの日は犬の散歩に来てくれてました。

料理を余分に作って持たせたり、

最近のニュースの話をしたり、

困った時には相談しあったり、

そんな時間が私は嬉しく楽しかった。

昔はリビングに子供3人集まって賑やか過ぎる程だったのが、今はほとんど一人だから。

寂しかったから。

ついそんな時間に甘えていました。

a0152078_1030716.jpg
ただ、病気の夫を支えて頑張ってくれている嫁の気持ちに鈍感でした。

嫁からみればそんな次男は『マザコン夫』で、

まだ嫁の立場でもある私としては、嫁のそんな想いもよく理解できます。

昔話なら「優しく母親思い」の息子は誉められたものでしたが、

今は「マザコン」となって、夫婦不仲の原因にもなってしまいます。

息子には幸せであって欲しい・・・母の願いです。

「これから」って時にいきなりパニック障害になって、まだ二十歳になったばかりだったのに、

さぞかし辛かったであろう次男の幸せを想うと、このまま甘える訳にもいきません。

一番辛かったであろう時に来てくれたお嫁さんに不快な想いもさせたくありません。

何より、いくら若かろうと、所帯をもった以上、2人で苦労し、2人で幸せを築いていかねばね。

親はもう、見守るだけの役割でいいのだと・・・それを越えた結果を私も夫もうちの子供達も知っている。

だから、次男には断りました。


母はもうちゃんと毎日犬の散歩ができるまでに回復しました。

毎日スロージョギングできてるくらいですから。

寂しいです。

だからちょっと長い文章になってしまいました。

寂しいけど、しじみとあさりがいてくれます。

もう、というか、まだ、というか21歳の君と、もう少し一緒に笑って過ごしたかったけど、

きっときりがないから、

お兄ちゃん(長男)の時は、進学する大学が遠くになってしまったから、出発の前の日は母は寂しくてずっと泣いていました。

いつか、夫か私か、最後にはどちらかが一人になります。

一人から始まって、家族が増えて、一人ずつ減って行き、また一人に戻ります。

仕方ありません。

それが自然です。

あまりに長いし、恥ずかしいから、どうか誰も読みませんように。

ただこうやって気持ちを吐露することで、

吐露した後は、

ちゃんと前を向いて歩いていけますように・・・。
by sizhimi | 2010-11-17 11:01

ピアス

a0152078_118075.jpg

気温は低いそうですが、快晴ですがすがしい天気です。

娘は修学旅行、夫は海外出張で昨日から一人です。

家事がいつもよりいくらか楽なので、家の中の細々とした物の片付けをしています。

ふと、今はしなくなったピアスが目にとまり、

ピアスケースの中身の整理をしました。

残っているのは安物ばかりで、ほとんどを捨てることにしました。

ちょっとした物は、とうに、お金に困った時に売ってしまったから。



私が耳にピアスの穴を開けたのは確か41歳の時でした。

随分と遅いです(苦笑)

若い頃より憧れてはいましたが、

当時、「ピアスの穴を開けて失明した」などという噂があって、怖くて開けられずに歳だけとってしまいました。

ご近所の奥さんがやはりピアスの穴を40歳過ぎてから開け、その励ましもあったし、

当時毎朝一緒にウォーキングしていた今は亡き親友がピアスをしていたこともあって・・・

私にしてみれば結構な冒険でした。

そして楽しい冒険でした。

あの頃、そりゃ皆それぞれが心の中に何かを抱えてはいたけれど、

それでも一緒に笑えていた。

そんな頃の空と今日の空はちょっと重なって・・・

当時住んでいた山の連なりが見える土地と、

都会と海が近いこの土地の空の色は随分と違う筈なのに、

「なんであの頃はあんなに笑えていたのだろう?」とちょっとセンチになったりしてます。

泣いちゃうといけないから、さっさと次の片付けを始めましょう。
by sizhimi | 2010-11-16 11:35

ちょっとだけ頑張れたご褒美空

a0152078_18425561.jpg
a0152078_18431051.jpg

「幸せ」記憶を呼び起こすような今朝の空だったのだけど、

結局頑張れなかった私に・・・

いつもの夕方のスロージョギングの帰り道に撮った2枚。

ちょっとだけ頑張れたね。
by sizhimi | 2010-11-02 18:46

快晴なり

a0152078_831791.jpg

今朝は少し頑張れそうな空だった。
by sizhimi | 2010-11-02 08:32

いろいろ

a0152078_2157328.jpg

「色々あってちょっと疲れたな」に、

その「いろいろ」をあれこれ聞きたがる人がいたり、

「みんな色々あるからさ、ファイト!」と気軽に言えちゃう人がいたり、

人生の折り返し地点をとうに過ぎた者同士なら、

あえて言葉を探す必要もないだろうし、

きっと、探って繕った言葉はただ宙に浮くだけだろう。

「だね」・・・と同じ空を見上げた人はもういない。

「だね」・・・と同じ空を見上げるだけですむ縁にもう一度めぐりあいたいと願う。
by sizhimi | 2010-11-01 22:06


頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりチタンボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症&両手親指付け根変形性関節症温存療法中とあまりの疾患の多さに自分でも忘れ、あきれている整形外科と縁が切れそうもない50代主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

老ける
at 2017-08-18 08:45
雨続きはつらい
at 2017-08-17 14:30
平和ではなくなった日本の夏
at 2017-08-11 09:05
リハビリの夏、読書の夏
at 2017-08-10 09:24
コアサーキット
at 2017-08-07 12:40

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

画像一覧

フォロー中のブログ

ironのブレブレ写真館
1*ときどき*5
地域情報発信基地in高知
White Board -♭
がちゃぴん秀子の日記
Dreary Day
  P & F comp...
司法書士 行政書士 柿本...
walk with my...
Yume-maboroshi
人生とは ?
ねこ旅また旅
皿 皿 碗 碗 ;週末陶...
君の笑顔に逢いたい
アメリカからニュージーランドへ
*しゅきしゅきしゅきよ~...
こころのまんなか。
えびぞう翁の徒然日記

検索

タグ

(24)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

ブログジャンル

つぶやき
病気・闘病

ファン

ブログパーツ

https://www.instagram.com/tamagofurikake07/?hl=ja