<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

トリプル攻撃

a0152078_9141421.jpg

昨日は涼しい風が吹いてくれたのが救いで、

日差し自体は「これ危ういんじゃない?」ってくらいの暑過ぎる強いものだった。

そんな空にぽっかりと入道雲?

洗濯物を干してる最中にスマホでパシャリ!


昨日は引っ越しの準備などで忙しく過ごし、

くったくたにはなったけれど、少しだけ「寂しい」気分からは逃れられたみたい。

そうやって、人は何かから逃げるしかないんだろうな、と思ったりする。

逃げたくなくたって、逃げるしかない事って現実多いから。


a0152078_920192.jpg

一昨日出張先の大連(中国)から帰国した夫、

ゆうべ夜中からひどい下痢で、

今日は早朝から大事な会議で早出だったのだけれど、

もうトイレが間に合わない状態の下痢に、

家を出たかと思ったら帰宅→トイレを繰り返した末、

「様子を見てから出勤するよ。」とベッドで寝込んでしまった。

神経的なものなのか、

中国で何か変な物食べちゃった?のか、

考えたくはないけど、昨年の大腸がんの影響?か、

とにかく、今、一番不安なのは当の本人の夫自身。

私の心にも不安はいっぱいいっぱい広がっているのだけれど、

今、群馬で「死」を待っているのは夫の実母だし、

購入したマンションは、私の希望を取り入れて「ペットは迷惑さえかけなければ何匹でもOK」で、
私のわがままだ。

「もしも癌の再発の予兆だったら?」と不安に恐怖しているのは、私よりも夫自身の筈で、

ここで私がおたおたと自分の不安を夫にぶつける訳にはいくまい。

まったく平然としていても「冷たい女」と腹立たせる結果となるだろうし、

「気持ちわかります」なんて安直な言動は、これまたかえって腹立たしい想いをさせるだけ。

私の頭の中は
「こんな時、どうしたらいいんだっけ?
どうしたらいいんだろう?」
がパニックの如くぐわんぐわんしてはいるのだけれど、

そういう時こそこのページの出番!

書く事でとりあえず気持ちを整理する。


ひとつひとつ、まずは目の前の、自分にできることを丁寧にしていこう。

答えは自然に見えて来るから。
by sizhimi | 2011-09-16 09:37

義母へ

a0152078_106439.jpg
写真は、群馬に住む夫の両親が営んでいるトマトのハウス農園です。

かつて、私もこの農園を手伝いながら子育てをし、パートにも出ていました。

「若さってすごいな。」

と今は思う程、当時はよく動けてました。

まだ30代の私は、それを不思議にさえ思わない程元気でした。

夫の両親も、今で言う「アラ還(暦)」でしたが、

若い頃より手慣れた仕事ですから、手際よくよく働いてました。
a0152078_103459100.jpg
私は、首と腰を痛め、

上二人の息子を送り出し、

末っ子の、当時はまだ中学生だった娘と二人、千葉に単身赴任中だった夫のもとに来ました。

群馬の田舎では、私の腰の手術は難しかったのと、

役員になった夫が千葉から戻ることはあり得なかったこと、

腰を痛めた私が、その後両親が老いても、介護するどころか、介護される側になる重荷でしかなり得なかったこと・・・等等。



この8月末までは義母は元気でした。

この春に肺がんが発見され、治療中でしたが、

年寄りの常で、癌の進行は遅く、

抗がん剤投与が成功し、

癌はもうほとんど消えていました。



昨日の日曜の朝、義父からの電話で、義母の容態が急変したとのこと。

医師から「もって後一ヶ月」との宣告を今朝受けたとのこと。

急いで夫と二人、群馬に車を飛ばしました。


ベッドに横たわる義母は、すっかり様変わりしてました。

痩せているのにむくんで大きくなった顔は、

明らかに「異常」を示していました。


義母、77歳。

「お母さん」と呼ぶようになって26年。

気がつくと、実母とより長い親子関係になっていました。

いい時ばかりじゃなかったけど、

笑っておしゃべりした楽しい記憶ももちろんあって、

むしろそんな時の方が多かった事、私は忘れていた。


ごめんね。


どうか、復活して下さい。

日本女性の平均寿命は86歳だよ。

確かもうすぐ87歳だよ。

この難局を乗り越えて、後10年、

今度こそ、忘れないように、笑ってしゃべろうよね。
by sizhimi | 2011-09-12 10:36

フェレットに虐待

a0152078_1412052.jpg

うちはふぇれっとも一匹飼っています。

もうすぐ4歳になる女の子です。

これがま〜気が強い。

ゲージから出すと、遊んで欲しくてよく足下にやって来ます。

ただ、そうそうしょっちゅうふぇれっとと遊んでいられる程暇でもなく、

手が離せず、放置してしまう時は多々あります。

そんな時、やはり悔しいのでしょう。

彼女は必ず「ガブリ!」と噛みます。

逃げると興奮して追っかけて来て噛みます。

それは人間に対してだけでなく、

居住する犬(チワワ)と猫(雑種2匹)に大しても同様です。

彼女の、なんの容赦もない「噛み」には何者も勝てはしないのです。

その上、彼女は、自分のフェレット専用フードやおやつ(フェレットバイト)だけではあきたらず、

猫フードにまで、

猫達を追っ払っては勝手に食べてしまいます。


ふとネットで「ふぇれっと」で検索したら、

数年前、SONYの社員がふぇれっとを虐待した映像をyou tubeにアップしたことから通報され、

逮捕されたという記事が載っていました。

その記事を読みながら、

「ふぇれっとに虐待されている飼い主と同居して犬猫は?」

と思った次第であります。


まあ、そんな我が家のふぇれっとですが、

抱っこして、喉元や耳元をマッサージしてやると気持ち良さそうで、

また、仰向けになって、短い脚を開いてのばして寝ている姿はめちゃ可愛くって、

まあ、わがまま噛み攻撃などすぐ忘れてしまうのですがね。
by sizhimi | 2011-09-11 01:58

徒然日記

a0152078_11502360.jpg

午前中のひととおりの家事とペットの世話が終わり、

夫のワイシャツをクリーニング屋に持って行き、

その足で夕飯の買い出しにスーパーに行こう!

と思いつつ、

お尻が重くて動けない。

なんか、そんな日常に何かプラスしてテンションを上げたいとこだけど、

最近見つけたマイブームのカフェhttp://www.geocities.jp/sakkocafe/map/kura6330/kura6330.htmは、

引っ越し先からは近いけど、

今の住まいからはさすがの電動アシスト自転車でも遠く、

行きつけのインド香屋さんhttp://www.hemojicraft.biz/index.phpに行くのも、

まだ先日買った香が残ってるし・・・。


なんかなあ〜、本持って、さっと行ける、珈琲飲みながら、雰囲気とインテリアを楽しめる、

そんなカフェが行きつけで欲しいなあ〜


と思いつつ、

椅子から立ち上がれずに、

こうやってパソコンに向かって、

徒然日記をしたためています。
a0152078_11594984.jpg

by sizhimi | 2011-09-08 12:00

まるちゃん

a0152078_1043561.jpg
a0152078_10434158.jpg
a0152078_10431749.jpg
a0152078_1043199.jpg
a0152078_10424119.jpg

ペット可(何匹でも近隣に迷惑さえかけなければOK)の分譲マンション購入にあたり、

引き渡し等に必要な書類やら、

引っ越しに伴うライフラインの手続き等に追われる中、

ひょんな縁で、引っ越し直後に我が家に来ることになった「まるちゃん」です。

5歳半の女の子(女性といった方が正しいのか?)です。

知人で、猫の里親会のボランティア活動をしている方を通して、

とりあえずは「お試し」ということで里子として迎えられるかどうかの相性をみることになっています。

もし猫を飼ってみたいと少しでもお考えの方がいらしたら、

まずはペットショップへ行く前に「猫里親募集」で検索してみて下さい。

色々な里親募集サイトがありますが、

知人のとこは「竹の塚里親の会」です。
http://www.1p-web.com/~take-satooya/

いつからか「病んでる」と言われることが多くなった私は、

交通事故に遭って、「めんどくさい」が先にたって、さっさと示談にした後、

その年の冬から首に異常を感じだし、

翌年秋には首の激痛に悩まされ、

その後腰の疾患も発見され、

散々だったこの10年で、すっかり病んではおります。

仕方ないです。

常に「痛い」と暮らしていますから。


その上、次男がパニック障害を発症し、

続いて夫の直腸がんが発見され、

そんな再びの散々の中をなんとか頑張ってこれたのも、

現在我が家にいる「しじみ」と「あさり」のおかげです。


右脚の股関節は、リハビリの効果なく、「痛み」は解消されるどころか、

ちょっとした買い物さえも歩くのにきつくなってきました。

疲れからか、

もう白旗振って「障害者認定」を受ける為の手続きをしちゃおうか、

杖ついて歩こうか、

などと気が弱っています。

そんな私の救世主に「まるちゃん」がなってくれることを期待してる今日この頃です。
by sizhimi | 2011-09-07 11:04

a0152078_10335448.jpg

ifoneにしたおかげで、我が家にソフトバンクのお父さんグラスが来た。

なかなか大きいこのグラスに氷をたっぷりに入れて飲むアイスコーヒーはなかなかである。

ただ、

コースターを使う習慣のなかった我が家、

作業をする為にグラスをどかす度に、そこが濡れている。

いちいちそれを拭かねばノートバソコンはテーブルの上におけないし、

無造作にifoneもおけない。

そこで、

「そうか!」と50年生きていて初めて気がついた。

コースターの存在する意味を。

a0152078_10392317.jpg

ところで、

確か8月に入ってすぐの頃だったと記憶しているが、

face bookで、大学時代の同級生が私を見つけ出し、連絡をくれた。

1、2年時の選択外国語(フランス語)教室で一緒だった仲間だ。

すっかり記憶から抜け落ちていた、当時のフランス語教室で一緒だった同級生達で最後に作った名簿をまだ所持しているという。

「コピーを渡すから会おう」と彼(ちなみのその同級生は男子)は言う。

なんだかんだと断って、

「手数をかけるけど、スキャンしてメールに添付して送ってくれれば、互いに行動がショートカットできて合理的だから。」と返事した。

「スキャンの仕方がわからないから会おう。」と彼。

ちなみに彼は今は小さいながらも自分が立ち上げた広告代理店の社長である。

自分専用のパソコンも持ってないらしい。

使うは携帯電話のメールのみ。

「もう昭和はとうに終わったんだから」としか言いようがなかった。

やはり、学生時代の輝いていた時期は、

そのまま冷凍保存して、

頭の片隅にある冷凍庫に保存しておいた方がいい。

かんおけに片足つっこんだ年齢になってから、

その冷凍庫の扉を開けて、

そっと手にとって眺めて懐かしがればいい。

中途半端な時期に無理矢理解凍して眺めれば、

美しかった思い出が腐ってしまう。



・・・私はそう思う。
by sizhimi | 2011-09-06 10:54


変形性頚椎症(頚椎ヘルニア4箇所)、腰椎4、5番変形すべり症固定手術済み、腰椎2、3番変形すべり症温存療法中、右脚人工股関節、左脚変形性股関節症温存療法中の主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

小さな未来、けれど大きな未来
at 2017-05-19 10:08
今日を生きるも難しい
at 2017-05-18 11:52
新しいスイッチを作る
at 2017-05-17 16:14
出来ることならひきこもってい..
at 2017-05-15 10:35
キャラ作り・・・いじめ問題3
at 2017-05-12 12:11

記事ランキング

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

画像一覧

フォロー中のブログ

ironのブレブレ写真館
1*ときどき*5
地域情報発信基地in高知
White Board -♭
がちゃぴん秀子の日記
Dreary Day
  P & F comp...
司法書士 行政書士 柿本...
walk with my...
Yume-maboroshi
人生とは ?
ねこ旅また旅
皿 皿 碗 碗 ;週末陶...
君の笑顔に逢いたい
アメリカからニュージーランドへ
*しゅきしゅきしゅきよ~...
こころのまんなか。
J'adore pren...
えびぞう翁の徒然日記

検索

タグ

(24)
(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ブログジャンル

つぶやき
50代

ファン

ブログパーツ

https://www.instagram.com/tamagofurikake07/?hl=ja