<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2004年

先日の雪の影響も首都圏内は随分と回復し、

私の場合、身体上の都合から、移動には殆どマイカーを使う派なので助かった。

昨日、その移動中の車の中で、ラジオからゆずの『栄光の架け橋』が流れた。

ソチ五輪のまっただ中だしね・・・。

アナウンサーがその曲がNHKのオリンピックソングとして世に出たのは「2004年」と言っていた。

今から10年前。

10年前を思い起こすと複雑な気持ちになる。


夫との結婚が決まってから今まで、夫から愛されていると思ったことはない。

ふとしたあやまちで子供が出来てしまい、

子供の父親である夫にいくら説得されても、怖くて中絶できなかった私。

結局責任をとって結婚してくれた夫。

互いに「子供の為」の大義名分の為に頑張って来た。

それでもまだできたてほやほやの家族だけの時は互いに助け合わねば生活が成り立たなかった為かなんとかなっていたし、貧乏ながらも幸せだったような記憶がある。

もう20年以上も前の話だし、

その頃はその頃で「貧しい」ことに悩んでもいた。


そんな夫婦の形が変わってしまったのは、夫の両親の指示で、夫の実家の夫の両親の家の庭に家を建てさせられてからだろう。

夫は遠距離通勤や単身赴任となり、私は3人に増えた子供を抱え、そりの合わない夫の両親となんとかうまくやっていこうと努力奮闘していた。

夫の両親の営みである農業の手伝いもしたし、パートにも出た。

父親である夫が殆どいない家庭ゆえ、子供達と遊ぶ時間も多く取れるよう苦心したし、出来合いのおやつは買わず、「母親の手作り」にこだわった。

多分、夫の両親に対する見栄もあったのだろう。

私は「頑張ってる」を見せようとしていたんだと思う。

でも「頑張ってる」は「普通」とか「当然」に化してしまい、

「精一杯」が私自身を次第に追いつめて行っていた。

「いっぱいいっぱい」になって助けを求めようとも、そこには夫はいなかった。

私は長男である夫の名代として「家を守る」だけの存在になり、

夫は「あっち向いてホイ」の状態の中、まずは長男の第二次反抗期が始った。

ストレスから体調を崩し、パートを辞めていたけれど、

同じように体調を崩してパートを辞めたご近所のママ友と毎朝ウォーキングをし、

まるで女学生のように転がるように笑いながら歩いていたのが2004年だった。

その1時間だけが幸せだった。

翌2005年に彼女は癌で亡くなった。

長男は遠方の大学に行き、

私の夫への不信感は拭いきれず、

喧嘩ばかりの両親に残る子供達も不信感からコミュニケーションをとらなくなっていた。

夫もどうしていいのかわからなかったのだと思うし、

私もどうしたらいいのかわからなかった。

わかっていたのは、確かにもうすでに何かが崩れてしまっているということだった。


なんとかぎりぎり踏ん張っていた2004年・・・いや、踏ん張れてなかったのかもしれない・・・いや、なかった。

それでも、彼女のおかげで2004年はいっぱい笑ったし、

あれから10年、あんなに笑えた年はなかったように思う。

それなのに、ラジオから「2004年」という言葉を聞くまで、私はもう彼女を忘れて日々を過ごしていた。


それを「申し訳ない」とは思わない。


時間とはそういうものだから。


2024年は何を思うのか?

そのまた10年後は?

そうして私という存在が消え失せてる年に、この場所だけがポツンと残されていることを思うと、

ちょっと不思議な気分になる。

a0152078_12493175.jpg

2004年にまだ小学生だった長女が撮った一枚
by sizhimi | 2014-02-20 12:52

証明写真

先日パスポートの為の証明写真を撮った。

ショック( □ ;)ションナ...

写真は現実を非情にもつきつける。

「私ってこんなシワっぽい婆さんかい(/-\*)ハジュカチ...」

普段鏡で見る自分はこんなに老けてはいなかった。

あれはきっと脳が自分の見たくないとこを見せないように守ってくれているのだろう。

痩せてるせいもあって、首なんか鶏ガラじゃないか。・゚゚・(>_<)・゚゚・。ビエェーン...

脳とは都合よく見せてくれるものだ。

でも、この現実もきちんと受け止めねばならない。

半世紀以上生きてくれば「こんなもの」だろう・・・仕方ない。


ちなみにパスポートとったって猫達が心配で旅行になんてなかなか行けない私である。

やもめで一人暮らししている実家の父のとこもいつも一人で一泊でたまに行くくらい。

夫と子供達にペットの世話は頼むのだけど、

「つんでれのしじみは寂しくて鳴いてはいないだろうか?」などと気になってしょうがない。

私が気にしているだけで、現実には猫達は全く平気なのはわかってはいるのだけれど・・・要は私が「猫離れ」してないだけの話。

まあ、それでもパスポート見ながら「旅行に行く気分」だけを楽しむのもちょっとした贅沢で、それくらいはご容赦願いたい贅沢である。

a0152078_8203989.jpg
a0152078_8205282.jpg

by sizhimi | 2014-02-01 08:22


変形性頚椎症(頚椎ヘルニア4箇所)、腰椎4、5番変形すべり症固定手術済み、腰椎2、3番変形すべり症温存療法中、右脚人工股関節、左脚変形性股関節症温存療法中の主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

痛みのピークは過ぎたか?
at 2017-04-24 17:52
私の子育て、夫育て
at 2017-04-22 09:42
心と体のメンテナンス推奨・・..
at 2017-04-21 12:38
つらい腰痛、動けない場合は?
at 2017-04-20 14:54
失うばかりじゃないものだ
at 2017-04-19 16:16

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

画像一覧

フォロー中のブログ

ironのブレブレ写真館
1*ときどき*5
地域情報発信基地in高知
White Board -♭
がちゃぴん秀子の日記
Dreary Day
  P & F comp...
司法書士 行政書士 柿本...
walk with my...
Yume-maboroshi
人生とは ?
ねこ旅また旅
皿 皿 碗 碗 ;週末陶...
君の笑顔に逢いたい
アメリカからニュージーランドへ
*しゅきしゅきしゅきよ~...
こころのまんなか。
J'adore pren...
えびぞう翁の徒然日記

検索

タグ

(19)
(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ブログジャンル

つぶやき
50代

ファン

ブログパーツ

https://www.instagram.com/tamagofurikake07/?hl=ja