<   2015年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

寂しげな夫と実はやばかった友

娘の彼氏んちへのお泊まりが多くなり、あまり帰宅しなくなった昨今、

末っ子で望みに望んだ女の子をめちゃめちゃ可愛く思っている男親である夫が寂しくない訳はない。

a0152078_5194026.jpg


娘の帰宅が遅い時は、そうとは言わず、いつも待っていた夫。

娘が終電に乗り遅れた時など、出張先から寝ている私を電話で叩き起こし、自動車で迎えに行かせた夫。

(私はいつもマイペースに待たずに寝ちゃってますので・・・(⌒o⌒;A)

a0152078_5201868.jpg


そんな夫が、感情をシャットアウトするかのように、娘のことを口に出さなくなり、

早く寝るようになり、

「寂しい」空気をかもしだしている。

a0152078_521796.jpg


終いには、隣の布団で黒猫こんぶを腕枕して目を閉じながら、私に向かって「愛してる」などとのたまわった。

ど、どうした?夫!Σ(◯o◎;)

そんな言葉を聞いた記憶はあまりに古い・・・あったっけ?

a0152078_5231455.jpg


がんセンターでの卒業試験(丸一日検査。夫、5年前直腸癌中期手術。)を目前に控えて、

心配じゃないか(゜o゜;) ドキドキ...

a0152078_5192793.jpg


娘やその彼に対して怒って騒いでくれた方が、こちらとしてはなだめるだけで済むから気が楽ってもんだ。

そういうとこだけ高倉健さんかい?

a0152078_5215899.jpg


その娘が昨日は「やっと試験が終わった〜」と昨日は早めの帰宅。

インフルエンザで自宅待機中の次男曰く

「おっ!戦犯のお帰りだ。」

a0152078_5235767.jpg


3人で散々話しに盛り上がった後、

なんか私は疲れがどっと出てしまい、

風呂上り、子供達に「早すぎる」と言われながら、夫の帰宅を待たずに、8時半に床についてしまった。

a0152078_5244681.jpg


相変わらず即熟睡。

あまりに早く寝てしまい、7時間睡眠でも無駄に早起きとなってしまった(|||_|||)ガビーン

a0152078_5263195.jpg


この歳になると、さすがに10時間とか寝るだけの体力はない。

かくしてまだ薄暗い早朝の公園はシニアの竹下通り如くなっているのか、と実感する。

a0152078_5264118.jpg


ラジオ体操に行くにはあまりに寒く、

NHKの落語を尻目に、

結局早朝ブログ書きとなっている今です。

a0152078_5274050.jpg


なんか年寄りくさい気がする。

そういや実家の父は、毎朝4時起きで習字の自主練をしている。

70の手習いで始めた習字はなかなかのものになっている。

a0152078_5291652.jpg


やもめの父は習字の師である私と同じ歳の女性にほの字の模様。

そういう感情があると上達するものらしい。

a0152078_529417.jpg


他人に何かを指導する場合、指導力にプラスα魅力が必要なようだ。

少なくとも、その方が生徒が上達するらしい。

私は「教える」側にならなくてよかった。

a0152078_5302718.jpg


関係ないけど、77歳のおばあさんを斧で襲い、首を絞めて殺してしまった19歳女子大生は、

ネットでは例によって本名も顔写真もUPされちゃってる。

趣味が薬物コレクション。

a0152078_5312545.jpg


その話しを昨日親友としてたら、「自分もそうなってたかもしれない」とか唐突に言い出した。

若き頃、武器収集が趣味で、薬物実験もしていたらしい。

a0152078_5321214.jpg


そ、そんなやばい友がいたのか!Σ( ̄□ ̄|||)

どこからどう見ても、おしゃべりしても、普通の温厚な人。

警察のお世話にならないまま更生してよかったね。

私も殺されなくてよかった(゜o゜;) ドキドキ...




さすがにここでこの動画は違う気がしてるσ(^_^;)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-01-31 05:33

アルトサックス・・・「熱帯夜」RIP SLYME編

休憩中の、単に愚痴です。



課題で次にRIP SLYEの「熱帯夜」に挑戦。

a0152078_1444311.jpg


わかんねぇ〜よ。

「ラップ・フレーズにチャレンジしよう。アーティキュレーションに気をつけて、少し気だるい雰囲気で」つーて、

50過ぎのおばさんにはラップは早口のお経にしか聞こえない。

でもお経のリズムとは違う。

a0152078_14463862.jpg


こういう歌の曲は「歌うように吹く」と前に師に指導されたけど、

ラップなんて歌えない。

吹いても音が羅列するばかりなり。

a0152078_14473042.jpg


なんとか頑張ってラップになれようと、

ラップのリズムが体に入るようにと、

最近ヒップホップ・ミュージックを聴いてるけど、

歌唱技法の一つであるラップ・・・面白いとは思うけど、昭和人間には全く馴染みのない技法。

a0152078_14481799.jpg


吹く度に頭をかきむしってますジタバタo(><)oジタバタ

a0152078_1525177.jpg


でも「吹けない」で逃げ出したくない私です┐( -“-)┌


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-01-30 14:40

心模様と髪の色

昨日は3年ぶりに髪を染めた・・・というより、元の色に戻した。

赤・・・もちろん赤茶。

a0152078_7495697.jpg


長男の結婚が決まった時、やはり「長男の結婚」とあって親としては妙に気を使った。

お嫁さんはご両親が歳とってからできた子、とあってご両親は私達夫婦より一回り上の世代だった。

長男から「ともても真面目なお父さん」と聞いていた。

a0152078_752036.jpg


うちの夫はそれなりに社会的地位や立場がその風貌に現れてるからいいけれど、

私の赤い髪は下品な気がしてたし、

ファッションの好みも手伝ってチャラい感じがしてる気がしてた。

a0152078_7531080.jpg


東北で質素に暮らすお嫁さんのご両親にしてみれば、離れた都会に大事な娘を嫁がすのは内心嫌だろうし、不安だろう。

a0152078_7551255.jpg


長男とお嫁さんはその時点ですでに6〜7年の交際を経ていて、

2次元の世界の女性にしか興味がなかった硬派な理系男子の長男にとっては一目惚れの初恋の相手。

a0152078_7583743.jpg


不二家のペコちゃんにそっくりな可愛いお嬢さん。

不二家のケーキはやっぱり美味しいし、店頭に立つペコちゃんはまさしく歴史的アイドルだ。

長男好みであることは一目でわかった。

a0152078_7592351.jpg


まぁそんなことは関係ないけど、こちらとしては何の異存もない結婚。

a0152078_80495.jpg


で、結婚式もそれなりに大きくやるし、あちらのご親戚、お嫁さんの友達、お嫁さんのお父様のお友達、ついでにうちの長男の上司などなど、普段は関わらないけれど、ちゃんとご挨拶せねばならぬ方々は多数。

a0152078_8049100.jpg


で、自分の容貌が他人に与える印象を考えた。

やっぱり「真面目な日本のお母さん」であった方が無難だよな。

で、赤かった髪を黒く染め、ショートカットにした。

a0152078_815050.jpg


そこまでしなくともいいのだけれど、「これをきっかけに」で、好みで長年着慣れていたアジアンファッションもやめ、「普通のお母さん」の見かけを目指した。

そのイメージチェンジはいい気分転換となり、気に入った。

結構似合ってるじゃん( ⌒▽⌒)( ⌒▽)(  ⌒)(   )(⌒  )(▽⌒ )

a0152078_824952.jpg


しかし、黒髪を維持する手間もそれなりにかかるし、

ショートカットは少なくとも2ヶ月に一度は美容室で整えなければ、まるでホームレスの如くだらしない感じになる。

a0152078_871486.jpg


美容室の予約をとるのがめんどくさく、時間も取られるし、

で、最近はすぐできる1000円カットで済ませちゃってたし、

それも「また髪を伸ばそう」と決めてからは3ヶ月に一度で済むようになっていた。

これ、肩より長くなってしまえば、年に2回も行けば十分になる。

a0152078_88121.jpg


金も時間も歳をとればとるほどより貴重になってきた。

「元にも〜どろ!」で、元色に直した訳である。

a0152078_862518.jpg


ちなみに今日はこちら首都圏も雪らしい。

ここら辺はまだ降っていない模様。

首都圏の交通機関は雪に弱い。

人も弱く、転んで骨折する人が多数出て、救急車は大忙し。

そんな騒ぎにならねばいいが・・・。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-01-30 08:09

有難い日常

インフルエンザA型と検査結果が出てしまい、自宅軟禁中?の次男は、相変わらず平熱で、

症状は頭痛がメインで、あとは鼻水とたまの咳のみ。

a0152078_7335123.jpg


退屈でしょうがないらしく、今日から自宅作業で「出勤」するそうだ。

開発に携わる次男は、会議などがなければ、基本、パソコンがあればどこででも仕事ができる。

会社や同僚との連絡はスカイプで済むし、

今や多くの会社がそうであるように、次男の勤める会社も出退勤を記録するタイムカードなんて前時代的なものはない。

a0152078_7343532.jpg


ただ、まぁ、一つのものを作り上げるのはチーム作業だし、

仲間とのコミュニケーションやたまの飲みも楽し、で、

勤務形態がマイペースに選択できることが、こういった一日中パソコンに向かってならねばならぬ仕事の効率化UPに貢献することを期待している。

a0152078_737162.jpg


症状を次男にすっかりうつした私は、適度に多忙な日常にすっかり戻った。

a0152078_7381116.jpg


忙しい、くらいがちょうどいい。

余計なことを考えなくて済む。

a0152078_73951.jpg


自分は何者かでありたかった若い頃はあれこれ考えるし、あれこれ考えて「自分」でありたいと願う。

しかし、大抵の人は「機械の部品の一つ」であることに自然に順応してしまう。

a0152078_740433.jpg


そして、それはなんだかんだ言いながら、ぶっちゃけ楽だ。

気づくと「機械の部品の一つ」であり続けることを願う。

そこからはじき出されたら不安でしょうがない。

「機械の部品の一つでしかない」と自嘲しながら、そうあれることに感謝する。

a0152078_7423173.jpg


私も、余計なことを考えるのは、このブログを書いている時だけなのが殆どで、

その方がいい。

a0152078_7443442.jpg


いや、いっそうこんなブログを書く時間もない方がいいのかもしれないが、

なんか長く続けすぎて、これもすっかり習慣になってしまい、判で押したような日常の作業の一つになっている。

a0152078_7453995.jpg


このブログを振り返ってみると、

夫が直腸癌で大変だった頃の記録はあまりない。

まぁあまりに大変で、肉体的にも精神的にもブログを書いてる余裕なんてなかったから仕方ない。

a0152078_7473823.jpg


本当に「大変な時」はこんな事してらんない。

a0152078_7483733.jpg


それを思うと、こうやってブログを書いていられるってことは有難く、

今を感謝する。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-01-29 07:48

インフルエンザ検査は大事です

次男が頭痛で体調悪く、月曜は会社を早退して帰宅した。

頭痛だけで熱はなかった。

a0152078_7535782.jpg


私の症状と似ていたので、「母の風邪がうつっただけだろう」となったのだけれど、

昨日火曜日、出勤前に「皮膚科へ行く(水虫、魚の目)」とのことで、

「ついでに内科行って風邪薬をもらってくる」と朝出かけた。

a0152078_7545770.jpg


その後連絡あり、
「内科で、熱はないけど、インフルエンザがあまりに流行しているので検査。

で、インフルエンザA型陽性

熱はなくても、感染は広めるので、5日間家から出ちゃいけなくなった。」

a0152078_7554239.jpg


次男は容姿も体質も私似。

ムムム・・・でバツが悪くなった私。

a0152078_756512.jpg


まぁ昨日には体調も治り、早速花の写真を撮りにでかけた私。

a0152078_80527.jpg


風邪症状の治りかけに「ぞうさんを撮りたい!」と市原ぞうの国に行き、

悪化させ「頭痛い」と騒いでいた私。

a0152078_75841100.jpg


内科には市原ぞうの国に行く前々日に行ったっきり・・・だって病院って嫌いだし(⌒o⌒;A

それもあまり評判が良くなくて、どんな時もいつも空いてる、ゆえにあまり待たなくて済むというメリットしかない名ばかりの最寄りの総合病院へ行っていた。

a0152078_801341.jpg


次男が行ったのは評判が良く、ゆえにそこをかかりつけとしている患者も多い医院。

a0152078_82162.jpg


普段かかりつけ整形外科ですっごく待つから、

その反動で、病院(医院)でもラーメン屋でもつい空いてるとこに行っちゃう私。

a0152078_824341.jpg


次男に優しくお説教された。

大学の試験期間中の娘は「漬け物が怖くて手出しできない」と怒ってる・・・漬け物は一つの器に盛ってみんなで箸つつくし・・・。

a0152078_833374.jpg


すみませんm(_ _)m

私は元気にまたカメラ持って徘徊したり、アルトサックス吹いたりしてます。




ちなみに今日のNHK朝イチは「夫ががんになったら」。

あははは・・・「母親プレッシャー」に続く、またうちのことかい?(苦笑)

a0152078_8303333.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-01-28 08:03

夜中のうんこ

娘の部屋に一時お引越ししていたチャンプ(チワワ、♂、11歳)でしたが、

その娘が彼氏との半同棲で帰宅したりしなかったりで、チャンプも寂しかろうし、

私の頭痛もおさまってきて、体調も復活しつつあるので、

昨日私の寝室にチャンプをお引越し。

a0152078_6513436.jpg


チャンプはチワワ特有のてんかん持ちで(チワワは頭が体の割に大きいためてんかんになりやすい性質を持っています)、ちょっと脳に障害がある為、問題行動あり。

もともと処分寸前だったのを、つい「可愛い」&「可哀想」で安易に家族にしてしまった仔です。

すでにその時には生後半年になっていましたが・・・。

(通常、ペットショップで扱うのは生後3ヶ月までです。売れ時は生後2ヶ月なので。3ヶ月の仔はかなりプライスダウンします。)

a0152078_643128.jpg


その一つに「目にする物をなんでも食べてしまう」があります。

それで昔ぬいぐるみを食べちゃって、その布が胃腸にはりつき、

急性胃腸炎になり、

悪化して、命の危険があった為、

手術して2週間入院した経緯あり。

それからは、見張っていられない時は必ずゲージに入れときます。

a0152078_6483676.jpg


チャンプが我が家に来た11年前とは家族の環境も変わり、

中高生だった上二人はとうに社会人になっているし、

特に、長男は独立し、結婚して、会社の社宅に奥さんと住んでいるし、

次男は仕事の関係上(IT企業)帰宅は遅く、家でも自室でパソコンに向かっていることが多いし、

娘は学業とバイト、彼氏んちでのお泊まりであまり自宅にはいない状態だし、

夫は海外出張が多くなった。

a0152078_6491696.jpg


で、チャンプの世話は私一人が担っていますが、

その為、私が体調を崩すと、結果チャンプにかなりのストレスを与える状況となります。

a0152078_6505941.jpg


「かまってちゃん」がひどい状況になってしまったチャンプは、

かまって欲しさに1日に何度も小出しでうんこするようになり、

無理して出すから、それが軟便で始末が面倒なことも多くなってます。

a0152078_6522933.jpg


もちろんかかりつけ獣医さんには相談してはありますが、

やっぱり私が頑張るしかなく、

私が頑張れなければ老犬ホーム行きか、

いわゆる「処分」しかないようです。

家族といったって、やっぱりそこはしょせん「ペット」そしてしょせん「犬」なのです。

犬の為に人間が犠牲になることはできない・・・災害時など人間を救うのがやっとで、その影でペットだった犬猫が犠牲になっている現実も仕方ないことでしょう。

a0152078_6531252.jpg


でも、11年一緒に暮らしておいて捨てる、というのは感情的になかなか難しいものです。

こういう問題って「親の介護」と似たものはあるかと思います。

勿論、犬と親を一緒にしては申し訳ないけれどm(_ _)m

a0152078_6535983.jpg


結局「頑張ろう」に着地したはいいけれど、夜中にうんこをされて、

それがあまりに臭くて目が覚めて、うんこの始末。

a0152078_6544324.jpg


基本夜はしっかり6〜7時間は熟睡する私で、そんな時間に起きるのは、たまにトイレに行くくらい。
(たまに読書に夢中になって夜更かしすることはある。)

そのまま二度寝できず、

「こんなこと毎晩続けてたらまいっちゃうな。」で、チャンプのゲージをもとのリビングにお引越し。

a0152078_6554085.jpg


4時間しか寝ていないから昼寝せねば・・・天気予報で「今日まで暖かい」という誘惑。

体調も戻ってきたし、写真撮りに出かけたい。

a0152078_6562542.jpg


三陽メディアフラワーミュージアム、まだ「菜の花フェア」やってたっけ?

チャンプの散歩も行かねばな。

アルトサックスも吹きたいな。

勿論お仕事もしますよ。

a0152078_657324.jpg


栄養ドリンク飲んで頑張るか?頑張れるかな?・・・といったところ┐( -“-)┌





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-01-27 06:40

アルトサックスとジャズ

石の上にも3年というけれど、50の手習いで始めたアルトサックスも今年でようやく4年目で、

そりゃ、歳も歳の上、畑違いだし、不器用だしで、遅々として上達はしないのだけれど、

最近、ジャズを吹いているととても楽しい。

a0152078_17491081.jpg


ジャズ志向でアルトサックスを始めた訳ではなかった。

あれこれ吹き、ジャズを始めた頃は、不得手な気がしていた。

まず、妙に理屈っぽい音楽のような気がしていた。

a0152078_1750144.jpg


しかしやってるうちに、その奥深さに魅了されていってる自分がいた。

a0152078_17503612.jpg


最近のあれこれで気が滅入っていた今日、

輪をかけて、友からの連絡に、自分の嫌な面を嫌というほど知って自己嫌悪で(心が)痛くてしょうがなかった時、

レッスンに備えて吹いたアルトサックスに、そしてジャズに救われた。

a0152078_17511931.jpg


集中し、夢中になって吹いていると、自分を取り巻く雑事なんてどこかへ飛んで行った。

もっとリズムにのって、

もっとスムーズに指が動くように、

もっと良い音が出せるように、

もっとダラダラと楽に、

もっと締めるとこはしめて・・・

その世界に入り込んでいると、本当に楽だった。

a0152078_1752540.jpg


まだまだ出来てる訳じゃないけれど、

だからこそ、出来るようになりたい。

そして、そんな自分がいる間は、なんか自分は大丈夫な気がした。

なんか、ダメダメな自分を甘い目で見てあげれる気がした。

a0152078_17524697.jpg


人生80年か90年かわからないし、もっともっと短いかもしれないし、長いかもしれないし、

どっちであろうと良い事もあれば、悪い事もある。

a0152078_17533273.jpg


「良い事の方が多い」と思う人もいれば、

「悪い事ばかり」と思う人もいて、

それも人それぞれ感じ方の違いもあろうかと思うし、年齢もあろうかと思う。

歳とると(老人)ホルモンの関係で幸福感が増すらしい。

a0152078_17541137.jpg


私は、このアルトサックスとジャズ、音楽、写真、読書でかなり救われてる。

私が基本的には毎日楽しいのは、これらのおかげ。

a0152078_17544823.jpg


そして何にでも好奇心旺盛で手を出してみる遊び人の実父のDNAのおかげ。

嫌いだった実父の血が私を救ってくれていたことに気づく。

a0152078_1865553.jpg


今日のレッスン後、

つくづく「ありがたい」と思った。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-01-26 17:48

自分の器の小ささを知る時

距離を置いてた友がいた。

器の小さな私は、何故か彼女にイライラして当たる傾向が見えてしまったから。

a0152078_935222.jpg


そういういじめっぽいことはしたくない。

「うつ病」という彼女を傷つけることを私は言っちゃったんじゃないか?と思う度に痛くて嫌だった。

a0152078_9354785.jpg


だから距離をおいて疎遠になった。

心の痛みは嫌だ・・・自分の器の小ささもエゴもそりゃなんとかしたいけど、そうそう人は簡単には変われない。

a0152078_9361049.jpg


その彼女が、多分私のブログを読んで、心配したのだろう、連絡をよこしてきた。

タイミングが悪かった。

彼女がそう感じたかどうかはわからないけれど、私はやっぱり彼女にあたってしまった。

彼女がうつ病で薬を飲んでいることを批難するような言葉を吐いてしまった。

a0152078_937198.jpg


そんなこと言えた義理じゃあない。

私の方がよっぽどおかしい。

心が痛く、すぐ謝ろうかと思った。

a0152078_938742.jpg


でも、なんとなく、それは余計に彼女のプライドを傷つける行為のような気がして迷っている。

a0152078_9385727.jpg


謝ることが、この場合、なんとなく「自分の心が楽になりたい」の自己満足でしかないような気がした。

自己嫌悪。

a0152078_9405873.jpg


なかなか大人になれないな・・・といい歳してまだ思う。

a0152078_9413939.jpg


結局「時間を置こう」に着地するしかできない私がいた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-01-26 09:41

夫婦の関係性と親子の関係性

昨日、久々に友に愚痴を聞いてもらい、

なんか久々にすごくスッキリした軽い気持ちになった私でしたが、

娘のことでちゃんと夫と話し合いたかったのですが、

夫は相変わらず子供と家計のやり繰りに関しては私に任せっきりで

・・・いや、もちろん一所懸命家族の為に稼いでくれてるのは夫で、感謝しきりではあります・・・

仕事していない時はゴルフで、

ゴルフしていない時は仕事で、

今日は早々と海外出張で発ってしまった。

a0152078_7501152.jpg


海外出張出発前夜のゆうべ、

すでに、結婚30周年の記念の旅行は娘の大学進学にかかる費用を説明したら断念してくれてたんだけど、

(ちなみに大学院は大学の延長かと思われてる節があるかと思いますが、延長と言えなくもないのですが、大学の事務方は別とみなし、入学金がかかります
長男が大学院進学の時に油断していて驚きました。)

「どこかでディナーしたい。」と言いだした。

a0152078_7531550.jpg


この30年、互いに結婚記念日はいつも忘れてしまい、

後日気がついて「結婚記念日また忘れちゃったね。」できた。

10年だって、20年だってあったのに、なんか妙に30年にこだわる夫。

でも記念日の日付は正確には覚えていなかった。

a0152078_753672.jpg


なんかこんな時に夫婦でディナーって気にはなれない。

そういやここのとこ一緒に食事をすることが殆どない。

正直、旅行同様に「二人でディナー」という気分にはなれない。

いつか「この人と結婚して良かった」と曇りなく思える日が来たら、その時にこそ二人で笑ってそんな時間を心から楽しみたい。

a0152078_7551478.jpg


悪いことって続くもの。

こんな時に地震・・・結構揺れて怖かった。

a0152078_7555319.jpg


やっぱり
「あれこれ考えても転がり落ちるだけだから、考えるのをやめてしまい、方向転換の機会をうかがおう。」
となる。

a0152078_75640100.jpg


しかし、これ「子供と向き合うことから逃げる」ではいけない。

そして子供にそう思わせてもいけない。

a0152078_757296.jpg


この「第三反抗期」は多分本当の自立への第一歩。

できれば3人目、最後の子の時くらいは夫婦で臨みたかったけれど・・・しょうがない。

残された力を振り絞って踏ん張ってみようぞ( ̄× ̄) →\( ̄- ̄)/→└( ̄^ ̄)┘ラジオ体操第2





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-01-26 07:59

愚痴を聞いてくれる友の存在のありがたさ

なんだかんだ言いながら、やっぱり私は辛かったのだろう。

でも、その「辛い」の訳は私の健康のことでもなく、病院のことでもなかった。

a0152078_14331965.jpg


恋人のアパートに泊まって帰宅しないことが多くなった大学生の娘と、

その娘が、照れ隠しと思いたいが「就職活動が大変だし、めんどくさいから、推薦で大学院へ進学する」と決めたこと。

a0152078_1434529.jpg


彼氏が大学院生であることもその決断に大いに影響はしている気もするし、

社会人になることから逃げたい気持ちが見え隠れして、

そして、ちゃんと自分が逃げてることは気づいていて、

それでバツが悪くなっていて、やっぱり逃げてる様子がうかがえる。

a0152078_14351713.jpg


「彼氏と同棲してもいいよ。父には母から言うから。」に、

「彼のアパート狭くて、私の荷物は置けないし、生活費かかるからそれはしない。」の応え。

恋していて、その相手と一緒にはいたいけれど、貧乏な暮らしはしたくない、できない・・・多分それが今風なのかな?

a0152078_14361084.jpg


上二人の息子にもあったけど、第三反抗期。

中途半端に大人なだけに、多分ちゃんと親にかける心配も経済的負担もわかってはいる。

都内の私立大学の大学院2年間にかかる費用を少額でないことも、

それを工面する親の苦労もわかっている筈。

a0152078_14373318.jpg


だから本来は「もっと勉強したいから進学させて欲しい。」と言わねばならないこともわかってはいる。

でも、感情がまだ大人になりきれてなくて、ついてこないだけ・・・と信じたい。

a0152078_14382312.jpg


夫はいつも通り逃げてしまい、我が子と向き合わない。

多分これが最後の子育てのチャンスなのにな、残念だよな。

a0152078_14411251.jpg


何かを言っても、事はこじれる年頃。

子を思えば、長い目で見れば、本人が気づき、本人が乗り越え、本人が自分の力で成長していくしかない。

そうやって世の中を生き抜く力をつけていかねば、

親はいつまでも守ってはやれないのだから。

そして、長男がこの夏親になるように、自分自身が「親」になり、「子」のままではいられなくなる。

a0152078_14403733.jpg


そんな子育ての悩みを友にしている私がいた。

親として今自分がどうあるべきか?肝が座っていない私がいた。

a0152078_14415732.jpg


愚痴を聞いてもらってるうちに、なんとなく、徐々に肝が座ってきた。

信じよう。

ただだまって娘を信じよう。

私が産み育てた子なのだから、私が信じなくてどうする?

a0152078_14425174.jpg


愚かであろうが、それが母親であるべきだろう。

母とは愚かなもので、それできっといい。

a0152078_14431765.jpg


母のいない私はそれがわからず、随分と友に助けてもらっている。

ありがとう。

頑張ってみる。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-01-25 14:31


変形性頚椎症(頚椎ヘルニア4箇所)、腰椎4、5番変形すべり症固定手術済み、腰椎2、3番変形すべり症温存療法中、右脚人工股関節、左脚変形性股関節症温存療法中の主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

痛みのピークは過ぎたか?
at 2017-04-24 17:52
私の子育て、夫育て
at 2017-04-22 09:42
心と体のメンテナンス推奨・・..
at 2017-04-21 12:38
つらい腰痛、動けない場合は?
at 2017-04-20 14:54
失うばかりじゃないものだ
at 2017-04-19 16:16

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

画像一覧

フォロー中のブログ

ironのブレブレ写真館
1*ときどき*5
地域情報発信基地in高知
White Board -♭
がちゃぴん秀子の日記
Dreary Day
  P & F comp...
司法書士 行政書士 柿本...
walk with my...
Yume-maboroshi
人生とは ?
ねこ旅また旅
皿 皿 碗 碗 ;週末陶...
君の笑顔に逢いたい
アメリカからニュージーランドへ
*しゅきしゅきしゅきよ~...
こころのまんなか。
J'adore pren...
えびぞう翁の徒然日記

検索

タグ

(19)
(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ブログジャンル

つぶやき
50代

ファン

ブログパーツ

https://www.instagram.com/tamagofurikake07/?hl=ja