<   2015年 04月 ( 34 )   > この月の画像一覧

アルトサックスと私

昨日は朝から元気だったのだけれど、夫が祭日で在宅だった為にサックスは吹けず、

今日は朝からどうも胸が苦しくて、「こりゃ今日も吹けないな。」とできるだけ休むようにしていたのだけれど、

結局なんとなく吹き出して、吹くとつい夢中になって、気がつくと2時間ほど吹いていて、夕方になってしまった。

大急ぎでこれから家事・・・のちょっと前の休憩中。

やっぱりサックスが好きなのだと思う。

でも、好きだからこそ、上手にならない自分に苛立って辞めてしまいたくもなる。

揺れる女心・・・対象が人間(異性)ではなく物であるというのは変態の域か?( ̄▽ ̄;)

結局レッスンも私は辞めない気がする・・・あくまでも左手の指が動いているうちは&年金生活になるまでは。

まぁそれまで、レッスン料に見合ったものを得るだけの能力は私はないかもしれないけれど、少しでも前に進めるのなら、それでいいのかもしれない。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-04-30 18:10

妄想・・・タバコが一箱1000円以上であったなら

今日2度目の更新。

いつもならこんなことせずに布団の中で読書にふけっている時間。今日の家事は終わってるのだから。

静かに、昨日のCT検査の結果と心電図の結果がショックで、不安なのだろう。

何かしら体を動かしている方が不安を忘れて過ごせて楽だ。

結果、モップ(ダスキン)とコロコロ、掃除機、消毒用エタノールが手放せないし、掃除する場所がなくなるとリハビリ運動している。

読書をしてる途中に、ふっと自分の股関節の映像が頭に浮かんでぼーっとする。

おかげで先日の首のMRIの映像は消えてくれた・・・首の痛みは、右股関節の痛みが強いため、そちらに気をとられてか?さほど感じないで済んでいる。

進行が速いのが気にかかる。

4月上旬にかかりつけ医でした検査では骨盤側にまで穴は空いていなかった。

真ん中あたりには軟骨もいくらか残っていた。

去年の春の心電図検査では異常がなかった。今まで心電図に異常がでたことはない。

だから胸が苦しくて意識が遠のきそうになることがあっても「心臓」のことなど考えも及ばなかった。

貧血症ではあるし、逆流性食道炎はあるし、両脚のひどい状態になってしまっていた静脈瘤の手術は結局計4回もする羽目にはなったけれど(どうも血栓ができやすい)、乳がん検診でひっかかって経過観察中の身ではあるけれど、

「骨以外は健康なんだ!」という妙な自信があった・・・その妙な自信に根拠はなく、多分そう信じたかったのだと思う。

そういうのもある意味「現実逃避」だな┐( -“-)┌

他人のことをあれこれ否定的に言えた義理ではない。

でも否定的に聞こえるかもしれない提案を一つ。

タバコは一箱1000円以上であるべきかと思う。

するとどういう結果が生まれるか妄想してみる・・・検証とは言えない。何故かは読めばわかる。

喫煙所でタバコを吸ってる人たちは臭い。

副流煙なるものを出して周りの人間に迷惑をかけていることから嫌われる傾向にある。

しかしたばこ税は購入所在地の自治体に入る・・・自治体としては喫煙者に是非とも我が自治体内でタバコを購入していただきたい。

そのタバコがとっても高価なもので、セレブでなければ購入できないような物ならば、自治体にとっても、その自治体の住民にとっても「自分の体を犠牲にして、みんなの為に税金をいっぱいおさめてくれる有難い方々」である。

みんなの喫煙者を見る目も変わろうというものだ。

先日カフェに入ったところ、喫煙室の出入り口すぐそばの席しか空いておらず、やむなく座って珈琲をいただいていたのだけれど、あまりに臭くて長居ができなかった。

しかしあのタバコが一箱1000円とか2000円とかするものならば、喫煙室はセレブ室である。

今まではタバコを吸わない人間からは「ニコチン依存症め( →_→)ジロ!」と蔑まれた目で見られていたものが、

「わぁ〜、お金持ちの方々だ〜。金持ちというだけでなく、自己犠牲を払っても私たちの街が暮らしやすくなるように税金をいっぱい落としてくれているm(゜- ゜ )カミサマ!。」
と見方も変わって、

「あっちの世界に行けるように、僕も、私も一所懸命努力しよう!」
とならないものか?・・・ならないとは思うけど、つーか逆にコンビニ強盗が増える確率の方が高いとみた方が現実的かとは思うけど┐( -“-)┌

喫煙者からはとっても怒られそうなこんな妄想も、申し訳ないけど、私は楽しい(* ̄m ̄)ウシシシ...

よかった。これで今日の締めは「楽しい」で終えられそう。

気分よく眠れそうだ。ありがとう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-04-30 00:08

贅沢な休日

今日は本当に気持ちのよい初夏日和。

こんな日は旅行はもちろん、ちょっとした散歩も楽しかろうが、

私はうっかり車椅子を借り忘れたので、到底遠出はできず、午前中は家事に追われ、お昼に夫と二人ですぐ近所の蕎麦屋へ行った。

ちなみに、我が街は、我が市は、道路状況が悪く、公務員さんは何を考えているのか?車椅子が移動できるような歩道はない。

なんてたって千葉県一の交通事故の多さは、普通に歩いていても危険なのを証明している。

そのくせ「住みやすい街」とうたっている。

先日の市議会議員選挙も言っちゃ悪いが、勘違い人間のオンパレードだった。

そんな人たちや、昼間っから公園で酒飲んでたり、パチンコ屋の前に開店前から並んでいる方々のために頑張って税金いっぱい払っている訳ではなく、なんか日本の「福祉」って違ってる気がしてならない。

パチンコ屋の前に開店前から並べるのなら、なんらかの仕事ができるだろうから、「福祉の恩恵」は本当に必要な人にまわしてやれよ!と思うのは違っているのだろうか?

そんな余談はともかく、故に、どこか旅行へ行くなどの目的で必要な時だけ社協さんで一日70円で借りた方がお得。

(足腰が悪い)皆さん杖で頑張っている。両刀使いの人の杖さばきなど見ていて感動する程素晴らしい。


そばは「とろろそば」を注文。祭日なのをいいことにビールもジョッキで注文。

アルコールはさほど飲めない私でも、初夏の気候での冷えた生ビールは美味しい。

帰宅後はリビングで日向ぼっこしながら昼寝し、なかなか贅沢な休日。


テレビニュースでは「せっかくのゴールデンウイークに新幹線が止まり水を差す」とやってるけど、新幹線の線路を歩ける体験なんてなかなかできるものじゃないし、

歩けるんだからいいじゃない・・・と言ったら怒られるだろうな(⌒~⌒;A

中には私のような人もいるかもしれない。線路は車椅子では動きづらかろう。うん、だからやっぱり駄目だよ。


来年のゴールデンウイークは、ちょっとした旅行にでも行けたらいい。身近でもいいから・・・。

楽しみにして、今年はがたのきた体のリセットに努めよう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-04-29 18:16

人工股関節置換術3

いつもならもう寝ている時間。

今日・・・昨日、家族を伴っての手術説明と、その前にCT検査、リハビリ科での術前検査(股関節可動範囲測定)があり、半日つぶれたので、やっと今さっき家事が終わったところ。

右脚をひきずっての家事は時間がかかるからしょうがない。

右脚に体重はかけられない。

激痛はもちろん、昨日のCT検査において、より悪化しており、右は軟骨が全てまったくなくなり、骨同士が接触している。

軟骨はクッション代わりとなっているので、関節において骨同士がぶつかり、擦れ合うのは骨にはかなりの衝撃がかかるようで、

前回股関節(脚側)に空洞ができているのが判明されたけれど、

今回は、骨盤側にまで穴が空いていることが判明。

ついでに、心電図において、その激痛に耐え続けたストレスによるものだろうけど、不整脈まで生じていた。

まぁ、不整脈の方は手術に支障が出るほどのものではなかったので助かった。

自覚症状はすでにあった。

時々胸が苦しかった。

「壊れている右股関節からなんか毒でも出てるんじゃないか?」とか思っていた・・・思っているならなんとかすりゃいいのに、相変わらずめんどくさくて放置していた。

これらの事実を知り、あまりの自分のアホらしさに「なんだかなぁ〜」気分。

気づけよ、自分!

そこまで我慢したって美徳でもなんでもねぇ〜よ、アホか!・・・と自分に突っ込んでみる。

現実、医師の説明では、今の人工股関節は理論上は耐久性40年で、手術時間も1時間、入院日数も四日、快復が早ければ二日、アメリカでは日帰り手術になってる程技術は進歩しているそう。

だから若い人にも早々と人工股関節にすることを勧めるそう。

3ヶ月もすれば普通にスポーツもできるそう。

なにもこんな末期になるまで耐える必要のないものに今はなっているそうな。

私の耐えた日々はなんだったんだぁ〜[黒 (  )_彡 板] ギイ゙イ゙イ゙~

ちゃんと整形外科にはかかっていた。このF整形出身の開業医だよ。痛み止めとリハビリが大好きな医師だ。

でも、骨が崩れ出している状態ではリハビリでどうにかなる問題ではないそうな┐( -“-)┌・・・素人が考えてもそりゃそうだろう。

信じていたんだよ〜、その医者をよ〜。・゚゚・(>_<)・゚゚・。ビエェーン...

私はどうもいつも医者運が悪い。

「またやられたよ。」と思ったらなんかすごくおかしくなってきて笑えた。

さっさと転院すりゃよかっただけの話だ。

なんでそれに気づかない?

骨に穴まで空いちゃってるんだよ、どう考えてもめちゃ痛いよね?いや本当に痛かったよ、つーか痛いよ!

まぁ、骨盤の穴の空いた箇所は削ってチタンが入るから大丈夫だそうだ。

切り取った関節はチタンの棒の上にセラミックのボールがついている・・・そのセラミックのボールがくるくるまわって関節となる。

チタンの棒はネジになって脚の骨に接続される。

手術時切るのは6〜10cmで、太ってる人は多く切る羽目になるそうな。

でも筋肉は切らないそうで、だから出血が少ないそう。出血は骨からだけだそう・・・骨も出血するんだ?!Σ( ̄□ ̄;)

兎に角、痩せよう~~~~~(/ ̄▽)/ ~ф"


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-04-29 01:06

リセットボタンを押したい時

今日はとても過ごしやすい気候の初夏日和でした。

この数日あれこれあって、珍しく「生きてるのもううんざり」という気分でいましたが、

とりあえず、家族同伴で、という手術説明も無事終わり、サイゼリアで夫婦で生ビール飲んで、たまってた不満をくだまいて、

また頑張りましょう!といったところ。

土日の連休中にちょっと娘とその彼氏に、すでに腹に据えかねていたのだけれど、あまりのけじめのなさにさすがに私もキレた。

ガキみたいに溺れてんじゃあねぇ〜よ[黒 (  )_彡 板] ギイ゙イ゙イ゙~
二人とも100%親のすねかじりだろ〜がσ(`´メ∂テヤッ
お前らのやってることは、ただセックスに溺れてるだけだろ〜が。
ならば自立しろよ!
だったら何も言わね〜えよ凸(-_-メ) Fuck You!!

といったところ。

私だってそんな年頃の時期はあったから気持ちはわかる。

でもね、「気持ちがわかる」だけじゃあ世の中まかりとおらない。

世の中、決して自分中心にまわってはくれないんだから。

そこがわからず、世の中自分中心に回したい、回っていると思いたい、が若い人の良いところでもあり、悪いところでもある。

まぁ今まで「いいよ、いいよ」で甘やかした私も悪い。

娘と彼氏と、娘に嫌われたくない余りに駄目なことも「ダメ!」と言えない我が亭主にもキレ、

せっかく久々に実家に来た長男に、母親の手料理の一つも作ってやれなかったことを反省はするけれど、

物理的な「痛い」と心の「痛い」をこらえての作り笑顔で精一杯なのも理解してくれる程大人になってくれていたら有難い。

ついでに、そんな最悪な気分の中行ったサックスレッスンでは、私の前が20代の好感度抜群(男性にも女性にも、年寄りにも若者にも好まれるタイプ)のお嬢さんだった。

そのお嬢さん、1年ほど前に入られて、以前にも何度か彼女の後のレッスンに入ったことがあるのだけれど、

必ずレッスンが押す・・・で、こっちのレッスンが短くなる。

教えるにあたっても、40代半ばの男性である師のモチベーションが彼女に対しては上がるのは自然なのはわかる。

師本人は勿論意識はしてないとは思う。

それはさ、仕方ないよね。どう考えたって、おじいさんやおばさんに教えるよりものびしろはあるし、教えていても自然楽しい筈だもの。

夫にも話したけれど「自然だね」の一言。

うん、わかってる。だから黙ってる。

私はようやく最近わかったけれど、音楽的センスが皆無。

ここまでこれただけたいしたもので、のびしろはない。

どうしたって努力だけで乗り越えられない壁はある。

努力である程度はいけるけど、その先はやはり何事もそのことに対するセンスがあるかないかが大きな鍵となる。

師もそれはわかっていて、どこかのカルチャーセンターの講師の営業トーク同様「よくできました(奥様)」の繰り返し。

全くの初心者の頃はその褒め言葉が営業トークと思いつつ嬉しくもあったけど、

3年もやってりゃ、それも下手に努力し、勉強もしてりゃあ、自分が「よくできました」でないことなんて耳がわかる。

昨日はそんな潮時を知った。

趣味として一人で吹いて楽しむ程度のことならば、1回6000円のレッスン料は必要ない(月3回レッスンで12000円。私は身体上の都合から通うのが苦労な今、月2回レッスンに特別措置でしてもらっている。)。

6000円分のレッスンを与えてもらっていても、6000円分吸収できていない。

そろそろリセットボタンを押す時かな。

やっと答えがだせそうな気がしてる。

ドラムから始めて4年、なかなか楽しい楽器生活だった。

音楽教室は5月いっぱい、手術前でやめ、首も治せるものなら治して、全手術が終わったら、今度はシニア女性ボディビルダーでも目指してジムにでも通ってみるかな。

そう夢みてみると、残りの人生もまだまだ楽しめそうだ(* ̄m ̄)ウシシシ...


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-04-28 18:04

大人の恋・・・「センセイの鞄」

今朝は雲が多く、冷んやりした風が吹いている。

こんな「冷んやりした風」は嫌いじゃない。


昨日はどうせ痛みに負けて「な〜んもする意欲なし」だったので、いさぎよくHuluで映画を観て過ごした。

川上弘美原作の「センセイの鞄」・・・小泉今日子、柄本明主演。正確には映画ではなくWOWOWのドラマ。

センセイはツキコさんの高校時代の国語の先生。二人が再会したのはツキコさんが40歳を目前とした頃。30歳離れたセンセイとツキコさんの関係は互いに相手に恋心を抱きながら、そうそう簡単にくっついたりはしない。

二人とも独身で歳の差以外に弊害はない。

一進一退の微妙な関係を続けるその過程が大人の恋で、官能小説より官能的に私は思う。

ようやく互いの想いを確かめ合って恋愛関係に至っても、肉体関係を結ぶまでがまた遅々とする。

詳しくは原作を読んでいただくか、ドラマ化されたもののDVDも出ているので是非読むか観るかしていただきたい。

最近は互いに家族があっても簡単に肉体関係を結ぶ輩が多いけれど、

大人の恋ってこうありたいよね、と思う。

逆行してまるで初恋の頃のような、一見じれったい恋を、もう一通りの男女間の不思議を体験したいい大人が切なく、飄々と、切々と慈しみあうとこが、熟した恋愛を描く。

あんたに何がわかるのか?って?・・・むふふふ・・それぐらいの秘密の一つや二つ、口にもしなければブログにも書かないし、墓場までもってく覚悟でいるのが大人ってもんでしょ(* ̄m ̄)ウシシシ...

内緒、内緒( ̄ー ̄)ニヤ...

「好きです」とか「愛してる」とかそんな言葉で表せる想いじゃない・・・だから伝え方がわからない。

これって夫婦も同じかとは思う。

一緒にいる時間のほんの一瞬の空気・・・まるでシャボン玉のように触れたら消えてしまうのではないか?そんな不安から触れることができない空気を慈しむ。

あなたはどうですか?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-04-25 08:39

晴れた日の午後の陽だまりの中で想う

今日のあまりの天気の良さにやるせなく、なんとなくの本日2度目の更新。

昨日は右股関節の痛みはいくらか良くて、チャンプを連れて買い物に出れたけど、

今日は右脚がついてこない。

この状態で外出すれば、10分ももたず激痛で動けなくなるだろうことは経験済み。

手術日を無事迎えるためには今は無理は禁物。

それに予定している乳腺外科の検査だって大事。無事病院に行けなきゃ困る。



元気に飛び回っていた頃を思い出す。

今は亡き親友とウォーキングで汗を流し、そのままサウナに行き再び汗流し、水風呂でキャキャっと騒いだ末、ラーメン食べながらビール飲んだりして、その勢いでカラオケまで行ったりしてた頃、

彼女も私もそんな日々が続くものだと思っていた。

少なくとも今の自分たちを想像だにしなかった。

彼女は逝ってしまったけど、私はしぶとく頑張ってる。

それでも2年前、リハビリ科の施述後、電車に1時間のって高円寺の楽器店に行こうとしたところ、当時の担当理学療法士に「馬鹿を言うな!あなたの体は1時間も電車に揺られて耐えられるものじゃない。どうなってもいいなら勝手にしろ!」と言われた時はショックで、2ヶ月ほどサックスやめたっけ。

「1時間電車に揺られてもつ体じゃない」は医学的には真実だったのかもしれないし、私は物事を安易に捉えすぎちゃう傾向があって、それが容体を悪化させてしまったのかもしれないけれど、

深刻に捉えていては心がもたない。

この安易さのおかげで、「もたない体」でいろんなことが出来てきた。

そんな私もさすがに激痛が怖くて物怖じすることが多くなってきた。

ネットの世界には逃げたくない。

それでなくとも買い物のほとんどがネット頼り。

他人との交流までネットでやっちゃあ「ひきこもり」だろ・・・だから窓口はここだけ。それも発信のみの受信なし。

それに、今、多分、私は「痛み」に負けている。

「今」じゃないか。ここ数日「負け」に向かっている。

こういう時は野生の動物と同じく、隠れて快復を待つが得策・・・あれは敵から身を守る手段なんだけどね。

大丈夫、ちゃんと私は復活する。今までだってちゃんと立ち直ってきたしね。何度も、何度も。

手術日まで1ヶ月はきった。1ヶ月後には少なくとも右股関節の痛みだけは取れてる筈。

手術続きにはなるかもしれないけど、もたせてみせようぞ、この体@=(-。-@v) シュッ! シュッ!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-04-24 13:42

苦手な人間関係となんとかなるさ

今日は夏日になるそうな。

若い頃は嬉しかった夏が、今はただただうっとおしい。

湿度の高さが不快。乾燥や結露に困りはしても、冬の方が過ごしやすくなってしまった。

外出だって、寒ければ防寒対策をすればいいだけのこと。

昨今の夏は気温30℃をきることもない日が続き、何度熱中症になりかけたことか┐( -“-)┌

特に昨年の夏はまだ鉄欠乏性貧血の治療中につき、暑さがこたえた。

今また手術に備えて血を濃くするように、と鉄剤を処方されている。

a0152078_952448.jpg


今年から2年間、今度はマンションの理事会役員となった。順番だからしょうがない。

最初の1年は会計となった。

自治会の時と同じく、月1回の会議には夫に出てもらい、私は裏方、事務仕事の予定。

夫の方が社会性が勿論あって他人とソツなくやっていける。

家庭では仏頂面の夫も他人には笑顔で接するし、印象も良い。

そういうのって大抵妻の方が得意だったりするのだけれど、我が家は徹底して私は裏方、事務方。

だからお話し上手な人とお付き合いしたい・・・楽だから。

それに話し上手な人って頭の回転がいい訳で、頭のいい人は好きだ。

大切な時間を割く訳だから、一緒にいる時間が実のある方がいい。

まぁ、相手にとって私との時間が実があるか否かは知らず・・・実がないからあまり声もかからないのだろうが( ̄▽ ̄;)

a0152078_97084.jpg


そういえば先日から気になっていることが一つ。

先日のレッスン時、師の話す内容が、??なのである。

プライベートな付き合いは師とは全くない。レッスンの月3回の30分のみ。余計な話しはあまりした記憶がない。

考えすぎ、気のせいかもしれないけど「この人何か知ってる?」という疑問。

私のブログ読んでる?・・・!Σ( ̄□ ̄|||)

だとしたら、すっごくレッスン受けづらい。結構言いたい放題書いてるし{{{{(;+_+)}}}}

地味なブログだし、別に宣伝もしちゃいないし、アクセス数も安定の少なさ・・・いっときアクセス数が200を超える日が続き恐怖におののいていたけれど、再び日に50前後に戻って安心。

調べようと思えば簡単にここを知ることはできるし、「自分のことが書かれてるかもしれない」と思えば気にはなるだろう。

そこまで暇じゃあないだろうし、アルバイトでレッスンしている先の一生徒、それも将来性0のおばさんのことなんて忘れはしても関心はないだろう、と思っていたのが甘かったか?オロオロ(~_~;))((;~_~)オロオロ

おかげでとうとうゆうべから腹を下してる。

言いたいことを言いもせず、こうやってブログに書き放題ならば、そういうリスクも致し方ない。

と書いた時点で、アップした時点で、本当に師が読者ならば読んじゃう訳だ⌒⌒⌒⌒⌒/(x~x)\

まっ、いっか♪~( ̄ε ̄;)

なんとかなるさ。

今までだってなんとかなってきたし。

なんともならなくなったら、その時考えればいいや・・・だってめんどくさいもん。

と投げ出す反面、腹いてぇ〜( ̄▽ ̄;)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-04-24 08:45

元気の源

夫の出張で早い朝、午前5時起き・・・ただただつらい(=_キ)ゴシゴシ

当の本人も、ゴルフの時は嬉しい早起きも、仕事となると「つらい、眠い」。

夫を送り出した後、2度するにも外はらんらんと明るくて、いっそう寒ければこたつでゴロゴロなのだけど、中途半端に暖かく、湿度が高くて2度寝もキツい。

いつも通り洗顔し、メイクしだしてもなかなか体が目覚めない。

で、交感神経を働かせるべくパソコンに向かってみたけど・・・パソコン時は必須の頚椎カラーが暑くてつらい昨今です<(>o<)>

a0152078_6224474.jpg


サックスで先日課題として出たのが「めちゃモテ・アルトサックス」シリーズの「いとしのエリー」。

私が高校生時代に大流行した曲で、当時は何処に行っても流れていた。

それっきり耳にすることがなければまだいいが、今だによく耳にはするので、さすがに聴き飽きた感がある・・・とちょっとうんざりしたというのが正直なとこだった筈が・・・

聴いてみると、やっぱり名曲。

思わず恋したくなる。




「恋」ってやっぱりモチベーションが上がる。

しかしまぁ、恋する相手にリアルには出会えない。

映像の向こうにいる俳優さん、タレントさんが妄想恋愛相手になるのが一番無難で一般的。

たまに、ここエキサイトでもエキサイトフレンズとかあって、いわゆるネットの「出会い系」でお相手を探す方もいるけれど、

あれって、メール交換している間は妄想を膨らませて、相手を自分の理想像と重ねて楽しめるかもしれないけど、現実に会ってみると、その美しき妄想が崩れて逃げたくなるだけではなかろうか?(。゜)(゜。)? ハテ?

街を歩いてみても、好みのイケメンやイケ女を見ることなんてないし・・・いないんだよ┐( -“-)┌

もちろん配偶者を裏切ってはいけません。

配偶者に恋できればそれが一番。

しかしねぇ〜、あまりに長く連れ添い過ぎて、配偶者に触れてみても、自分自身に触れるより刺激がない状態では今更「恋」は難しい。

そんなおば様方を10年ほど前恋に落とし喜ばせ、経済的効果もかなり上げた人物が、あの「冬ソナ」のヨン様。

更年期障害で落ち込んでるおば様方の症状をすっかり取り、女学生のようにウキウキと活発にさせたというツワモノ。

ママ友の中には、あれで韓国語を勉強しだした人もいた・・・彼女は当然新大久保にも行っていた。

私はそこまでのめり込みはしなかったけど、「冬ソナ」にはハマった。

あのヨン様のくさいセリフに胸キュンだった。

現実にあんなくさいセリフを堂々と言う男性にお会いしたことはないだけに憧れた。

どうも韓国人男性はああいう女性好みのセリフを普通に口にするらしい。

韓国人男性はとても女性を大事にすると聞くけれど、その反面レイプ犯罪の多さはアジアNo.1。

外からいいとこだけを見て憧れてるのが丁度いい・・・一番ずるい生き方だけど、ごめんね(⌒o⌒;A




最近はハマってる芸能人がいない・・・女性ホルモンかなり不足~~~~~(/ ̄▽)/ ~ф"

「格好いいな」と映像を見て魅かれる男性がもう殆ど我が息子世代になってきて、その年齢に気づくとどうも引いてしまうことに一因あり。

どうせ妄想なんだから年齢なんか気にしなくていいんだけど、妄想にだっていくらか現実感を求めたい。

さぁ〜、こんなわがままおばさんを元気にしてくれるイケメンにそろそろ登場願いたい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-04-23 07:01

人間とペットの関係

今朝は晴天なり。午後からは曇りの予報。

先日、チャンプ(チワワ、雄)の狂犬病予防接種とフィラリア予防薬処方でかかりつけ動物病院へ行ってきた。

毎年ちゃんとフィラリア予防薬は与えているけれど、万が一ということもあるからフィラリア検査もした。

チャンプがもう高齢(11歳)ということもあり身体検査もひととりしていただいた。

心臓の左房弁が硬くなっていて動きがスムーズにいかないことから心音に雑音があることと、

肝臓と胆のうに異常が見つかった。

肝臓の細胞はまだ生きていることにより服薬で治療可能。

血液とエコーの検査により肝臓と胆のうの治療の方が優先され、今は毎日1日一回服薬中。

私の身体上の都合であまりかまってやれなくなったことからくるストレスから病気になったのか?と獣医さんに問う。

獣医さん曰く「年相応ですよ。人間だってどこも異常がない元気なおじいちゃんなんていない。まずはご自身の体を治されてください。」

私はドロップアウトしてしまったけれど、家族は皆最前線で活躍中で忙しくて、「かまってちゃん」の犬の世話はできない&したくない。

老犬ホームも考えたけれど、潤んだ瞳で見つめてくるチャンプを見ると「やっぱり私が頑張ろう」と思う。

それでも私の先は知れている。

今だっていっぱいいっぱい。

正直、あまり長生きされると、もっと可哀想な想いをさせてしまうだろう。

そこそこに、年相応に、苦しまずに、茶々(フェレット、享年7歳)みたいに「昼寝してたらうっかり心臓が止まっちゃいました」的に逝ってくれればいい。

今はただその犬性をまっとうさせてやるべく、もう少し頑張ろう。


生後半年のチャンプを迎えた頃は私も40前半で、人生の折り返し地点はすでに迎えていても、まだ誰もが幸せになる未来を信じて走っていたし、そんな日々が続くものと疑いもしなかった。

首の異常は発見されていたけれど、そんなに気にもとめていなかったし、腰痛なんて体験したことすらなかった。

申し訳なかったと今は思う。

「無責任」からだけは逃れたくて頑張ってはいるけれど、本当に私は無責任ではないと言い切れるのだろうか?


「可哀想」「可愛い」だけで動物を飼う人がいる・・・私もその一人だ。

幸い経済的困窮問題はうちにはなく、恵まれた環境にはあるかとは思う。

Facebookをやっていた時、「可哀想」で捨てられた犬や猫を引き取り、でも飼育にかかる費用に困窮し、寄付金を求める人を多く見た。

最初の頃は、私も「可哀想」で寄付もしたけれど、そのうち、その人たちが「無責任」の上に「優しさ」の服を着て見た目ごまかし、自己満足に浸っているように見えてきた。

そして私もその一人だった。

自分の器以上のことにチャレンジし、できないから助けを求める・・・それはいい。人は一人で生きている訳じゃない。助け合いはあってしかるべきものだ。

チャレンジした時はそれが自分の器以上のものだったとは気付かなかったのなら仕方ないのだから。

でも、わかっていたのなら、最初から「依存」があったのなら、そこにあるのは人間の傲慢ではなかろうか?

まぁそんなに深く考えると宗教や哲学の世界になっちゃうし、それさえも人間の業の上に成り立っているものだから、考えない方が正解だろう。

ただ目の前の小さな家族たちと過ごせてる時間に感謝し、今日があることに感謝すればいい。

せめて今手の中にある小さな家族たちそれぞれの「居場所」を最期まで守ってあげれるように努めよう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2015-04-22 10:24


頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりチタンボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症&両手親指付け根変形性関節症温存療法中とあまりの疾患の多さに自分でも忘れ、あきれている整形外科と縁が切れそうもない50代主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

平和ではなくなった日本の夏
at 2017-08-11 09:05
リハビリの夏、読書の夏
at 2017-08-10 09:24
コアサーキット
at 2017-08-07 12:40
痛み止めだった筈のリリカカプ..
at 2017-08-01 08:09
ドラッグのような薬リリカカプ..
at 2017-07-31 22:14

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

画像一覧

フォロー中のブログ

ironのブレブレ写真館
1*ときどき*5
地域情報発信基地in高知
White Board -♭
がちゃぴん秀子の日記
Dreary Day
  P & F comp...
司法書士 行政書士 柿本...
walk with my...
Yume-maboroshi
人生とは ?
ねこ旅また旅
皿 皿 碗 碗 ;週末陶...
君の笑顔に逢いたい
アメリカからニュージーランドへ
*しゅきしゅきしゅきよ~...
こころのまんなか。
えびぞう翁の徒然日記

検索

タグ

(24)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

ブログジャンル

つぶやき
病気・闘病

ファン

ブログパーツ

https://www.instagram.com/tamagofurikake07/?hl=ja