<   2016年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

復活しつつあり

今日は曇り時々晴れ。最高気温は28℃の予報。

昨日よりは気温は上がるけれど、ここ数年のこの時期としては涼しい方かと記憶する。


話題のポケモンGO、はい、始めてますヾ(@⌒▽⌒@)ノ

確かに面白い。

ポケモンは、子供達が幼い頃にテレビでアニメが放送され始め、

長男はポケモンカードを集めていて、よくカードゲームに付き合わされたものだ。

それも小学校へ行く前、早朝早起きさせられ、付き合った。

子供達もポケモンから卒業し、久々に触れるポケモンキャラだった。

とはいってもまだ我が家のバルコニーでヒトカゲ一匹ゲットしただけ。

人混みの中をいい歳したおばさんがスマホを持ってポケモン探しをするのは、今の所やや恥ずかしい。

早朝の公園ならば若い人はあまりいないからいいだろう、と思い、

今日は夫がゴルフコンペで早朝に出かけるのに合わせて早起きし、

私も朝の公園に行けるようにせっせと家事をしていた・・・子供じゃないんだから、仕事はきちんとしてからせねばね。

てきぱきと家事ができたはいいけれど、腰痛が出てきて、あまりに痛くて、結局公園まで歩けもせず、

こうやって自宅にて座ってブログ更新している┐( -“-)┌。


左手親指付け根は相変わらず痛いのだけれど、昨日は1時間ほどアルトサックスを耐えきれず吹いた。

もちろん、悪化をできるだけ防ぐべく、テンポをうんと落とし、リズムを吹くのみにしといた。

それでも音を楽しめるは楽しい。

「楽しい」があるだけで、生活のリズムは弾んでくるものだ。

いつも通り決めた時間に終え、その後、リハビリ散歩に久々に出かけ、帰り際に近所のスーパーで久々にじかに買い物をした。

動かし多分腱鞘炎部分はズキンズキンと痛み、その分幸福感は減少はしていたのだけれど、

それでも、ここ数日の鬱状態を思えば、もとの生活に戻りだした幸福感は、喪失感を紛らわしてくれた。

結局吹くのを我慢できたのは何日間だっけ?

全く依存症だね┐( -“-)┌。

酒もタバコも博打も男もやらない真面目な主婦のつもりだったけれど、

とんだ落とし穴があったものだ┐( -“-)┌。


読書の方は、ここのところ吉村昭を読んでいる。

『熊撃ち』『羆(ひぐま)嵐』を読んだ。

本当は笑える物語、もしくは癒される物語を、で、

先日芥川賞を受賞した『コンビニ人間』村田沙耶香、直木賞を受賞した『海の見える理髪店』荻原浩を早速読みたかったのだけれど、

これはネットではなく、本屋で直に手にとって購入したい・・・昭和人間のちょっとしたこだわり。

腰痛で、本屋のある街まで行けなかったんですねぇ〜┐( -“-)┌・・・この街に本屋はないのです。

電子書籍のおかげで、こういった人間も本を手軽に購入でき、寝室で暗い中でも本を読めるのは有難い・・・Kindle使用。読み過ぎ注意!


夫婦関係は?というほどの夫婦関係はとうにないのだけれど、

互いに生き抜くために違いの存在が必要なのはわかっている・・・そこはもういい歳した大人なのだから。

猫たちを間に挟んで川の字になって再び寝るようになった。

夫は好きなゴルフの動画を見ながら、

私は読書をしながら、で、マイペースは相変わらず。

いきなり豹変してキレたりせずにいてくれれば、いくらでもマイペースでいてくれていい。

いくら記憶力が悪い夫でも、男性が女性に対していきなりキレれて怖がらせるのは平成の今は犯罪にもなりかねない、としっかりその脳に刻みつけておいて欲しいものだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-07-23 10:10

気晴らしが必要

今日は曇り(朝は雨が降っていたけれど)、最高気温25℃とこの時期としては涼しい予報。

大暑としてはここ数年珍しいと記憶する。


左手親指付け根の腱鞘炎は一向に良くならない。

タイピングもきついので、簡単に日記のみにしとく。

日に2回(朝夕)痛みと炎症を抑える薬を飲み、患部に湿布を貼り、その上からサポーターをする。

しかし良くなる傾向はみられず、ズキンズキンやズッキん!と痛む。

接骨院に行ってみるといくらか効果はあるのだろうか?・・・もういい加減医療費を節約したいところ。


ふくちゃんもいなくなり、アルトサックスも吹けない状態、痛みでタイピングもなかなか・・・生活のリズムががらっと変わってしまった今日この頃、

年齢のせいか、順応性も落ち、なかなか適応できないでいる。

生活自体に意欲が落ちている中、好きな掃除と読書に時間はさく。

この数日で何冊か読んだけれど、その感想文も今はタイプできず。


テレビ(NHK朝イチ)で金魚の簡単な飼い方の紹介をしているけれど、

正直もうペットは懲り懲り・・・人間も苦手だがf(^ー^; ポリポリ

失った時のつらさにもう耐えられない。

犬もうるさくて嫌いだ。

老犬チャンプの咳も神経にさわる・・・いわゆる「介護疲れ」というやつか?

チャンプの咳は大分おさまってきたけれど、油断してるとひどく咳き込む、しばし続く。

おしっこもここのところいつもペットシートからはずす。

その度に床を拭かねばならないし、臭い。

「いい加減にしてくれ」としか思えなくなっている。

「犬がかわいそう」「ひどい飼い主」と第三者は思うことだろう。

非難承知で書く。

そして私もいずれ子供達から「うとましい存在」となることだろう。

愛情がなければいい。

愛情があるからこそ、故に「しなければならない」「世話したい」という想いがあればこそ、

時に相手をうとましく思う。

他人の家族だったら「大変ね。頑張ってね。」で済むけれど、そうじゃないから起こる問題だ。

どこかに捨ててこれればいいけれど、犬といえども家族を捨てることなんて出来ないから起こってる問題だ。


どうしたものか?

天気は悪いけれど、気晴らしに今日は外出した方がいいと思う。


で、何処へ?何しに?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-07-22 10:09

ふられた?

今日は雨。最高気温26℃の予報。

涼しいのは有難い。


苔玉が一つ増えた。上からアスパラガスの葉が生えている。

苔玉一つ分元気になった気がする。


ふと思い出したことを書こうと思う・・・特に話題がないから。

前回のアルトサックスレッスンの直後、師がいつも通りタバコ一本吸って帰る時、

師が、うつむきながら「今度お茶でもしましょう。」と言った。

「いつでも声かけてください。」と答えた。

それで気づいた。

別に師は純粋に私をお茶に誘っている訳ではない。

6月初頭、うちが自治会脱会の問題でゴタゴタした翌日、用あって最寄り街に出ていたのだけれど、

用が済んで帰ろうとした時、ふと、以前ストーカーにあった時の記憶が蘇り、恐怖で足がすくんでしまった・・・トラウマになっていた。

*別にこのストーカーとはいわゆる「交際」などというものは全くない。一緒に自治会役員をした、というだけの間柄。ただ、彼が精神疾患をもっていて、依存度が強かった(うつ病によるアルコール依存症歴10年、入院歴あり)。

我が家に帰るのが怖かった。

誰かと全然関係ない話をした方がいいと思った。

ちょうどお昼時にかかる時だったので、勤めてる人でも、ちょっとお昼の時間を空けてもらえるなら行こう、と思ったが、

ちょうど月曜日だったし、勤め人は皆忙しい。

これといって思いつく人もいなかった・・・友達いないし┐( -“-)┌

ふと、師がサックスレッスンで午後この街に来ることを思い出した。

準備で早めに来るならば、ちょっと時間を空けていただき、サックスの話やJAZZの話をしてもらえたら、

この恐怖心から逃げられるかもしれない、と思った。


師に「レッスン前にお時間あったら、ちょっとお茶しませんか?」といったようなメールをした。

変にナンパしてると思われても困るので、簡単に事情は説明した。

返事はNOだったのだけれど、それも致し方なく、とりたてて気にもしていなかった。

頭の中は過去のストーカー被害によるトラウマの恐怖心でいっぱいだったし、

勇気をふりしぼって帰宅した後は、その件はすっかり忘れていた。


師は断ったことをその後も気にしていたのだろう。

今度の人間関係を考えて、社交辞令でそう言って下さったのだと、師が帰った後に気づいた。

そりゃいいんだけどね、なんか、それって、私がふられたってことだよね( ̄□ ̄;)

少なくとも、師の中ではそういう構造になってるってことだよね( □ ;)ションナ...

それって、私惨めじゃない∫(TOT)∫ムンク

年下の男に手を出そうとしてふられた有閑マダムかい?{{{{(;+_+)}}}}

そりゃね、サックスをやってる知人が他にいないから、サックスに関する質問メールはたまにする。

あくまでも姉弟関係のつもりでいたけれど、何か誤解させるような内容を書いていたのだろうか?(?_?;

そりゃ、信頼してるよ、好きだよ(変な意味にとらないでくれ〜ジタバタo(><)oジタバタ)。

でもね、プライベートは全く知らないし、師が自分から話した情報と、大手音楽教室の受付の女性が口にした情報と、師に憧れていた若い女性生徒さんからの情報しか知らないしね。

レッスン時間以外でコミュニケーションをとったのは、一度、師に憧れている若い女性生徒さんを含めて3人で、私の右股関節置換手術前にスタバで3人で30分ほどお茶した時だけだしね。

いやね、ふられたっていいけどね、34年ぶりくらいか?

いやはや、そういうことって、もう縁のない世界だと思ってたからね(・_・ -*ミミカキホジホジ。

しかし、同年代のSNSを覗いてみたら、50代半ばはまだまだ現役らしい。

そーか、まだまだ私も現役でいけるのか?_( -"-)_セーフ!

ボーイフレンドなるものを作ってみるか?

どうしたらできる?


首と左手親指付け根と腰と膝に湿布をし、湿布の香水プンプンさせながら、アホなことを考える朝である。

寝すぎだf(^ー^; ポリポリ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-07-21 10:11

夫が怖い

今日は曇り。涼しい。


昨日、ふくちゃんの里親さんから連絡があり、ふくちゃんは慣れて元気にしてはいるけれど、

血尿を出したので、会社の休みがとれたら病院へ連れていく、とのこと。

ゆえに、いつからそういった傾向があったのか知りたい、との問い合わせだったのだけれど、

うちにいた時に血尿など出したことはない。

ストレスだろうか?

大事なければいい。

病院での診察後の連絡をただ待つのみ。


夫に歯向かえず、ふくちゃんを手放してしまった自分の弱さを悔やむのみ。

夫、取締役就任直後から、優しかったと思ったら突然キレるようになっていた。

「お前と一緒にいても楽しくない。」
「誰のおかげで生きてられると思ってんだ?」
「お前には感謝の気持ちが足りない。」
「お前と離婚したって痛くもかゆくもない。」
などなど、本当に何の脈絡もなく、優しかったと思ったら、突然人が変わったように私を罵り出し、

それがあまりに唐突なので、一体何が起こったのか私もわからず、ただ驚くのみ。

言葉だけでもなく、態度も同じように突然変わり、あまりの急変にオロオロするばかりだった。

長年連れ添った夫婦とはいえ、男性がキレれば、女性としては怖い。男性がキレてる間は恐怖心でなんの対策もとれないものだ。


ここしばらくはそういったこともなくなり、いつまた再発するか恐れてはいたけれど・・・どうも波があるようだったから・・・いつしかそんな不安感も恐怖心も薄れていた。

老後、二人で穏やかに暮らしていこうと安心していた。


約半月前のその日は、夫と二人で長男宅に行き、可愛い孫に会ってきた帰りだった。

以後、再び、夫のDVに怯え、不安感と恐怖心で、頭もぼや〜っとしてるし、何より、料理が作れなくなった。

夫が口にするものが作れないのだ。

「作らない」のではない。

キッチンに立っても、料理ができないのだ。

もともと私は食が細く、粗食なので、あるもので適当に食べることができる。

卵ご飯で十分だったり、フレークだったりして、大抵一日2食。

子供の頃からそんな粗食だから、まぁ体が弱い、となってしまったのかもしれないが、平気なのだからこれまたしょうがない。

それだけならまだいいのだけれど、食材も買えなくなった。

何かを買えば「無駄なものを買った」と夫に怒られそうで怖かった。

強い妻になろう!と決意した筈なのに、日が経てばたつほど、恐怖心は強くなっていく。

夫は反省して、今は優しいけれど、いつまたキレるかわからない、という不安感が強い。

記憶力が極力弱い夫の反省は、悪いが、全く信用性がない。


一体何故突然なんの脈絡もなくキレるのか?人が変わってしまうのか?わからないだけに対策が見つからない。


その上、結局は整形外科に行き、腱鞘炎とわかった左手親指は、しばらくは炎症止めの薬を飲み、湿布を貼り、使わないよう安静にしとかねばならず、アルトサックスは吹けない。

今の私を支えねばならぬのがアルトサックスだった筈が、それから距離を置かねばならなくなってしまった。

おかげで、どうしていいのか頭がよくまわらない。


夫自身は、手さえあげねばDVにはならないと思っているけれど、

そういった言葉で相手に恐怖心を与えることもDVの一種だ・・・恐怖心や、いつ何を言われるかの不安感にとらわれ、多分脳が正常に働かなくなっている。うつ状態に陥っている。

でも、他人に訴えたところで、他人の前では優しい良い夫である夫を誰も疑いはしない。

私が何か夫を怒らすようなことを言ったかしたか、わがままか、妄想か、そんなとこだ┐( -“-)┌

そして普段の夫は、夫自身「自分は良い夫だ」と思っている。

キレるのが、酒が入っている時だけに記憶があいまいなのか?

父親がそういう人だから、それが「普通」なのか?

兎に角、今回は、取締役を解任されたのが本人かなりショックだったのだろうし、強いストレスだったのだろう。


このままじゃあいけない、と思いつつ、

気づくと、背中を丸めてぼ〜っと俯いて座っている自分に気づく。


薬が効いて、明日にはアルトサックスが吹けるといい。

まずはそこからしかリセットが思いつかない。

背中にリセットボタンでもついてればいいのに、とつくづく思う。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-07-20 16:32

不調

今日は晴れ時々曇り。昨日ほどではないけれど、30℃越えで暑く、熱中症危険!の予報。

体調すぐれず。

腰から右脚にかけての痛みは、この連休比較的安静にしながらも、ストレッチはしていたおかげか、大分楽にはなった。

一方で、左手親指付け根の痛みはひどくなる、日常生活にまで支障あり。

土日はアルトサックスを吹くのを休んだのだけれど、昨日1時間弱ほど吹いて限界。

変形性関節症の疑いあり・・・私らしい。関節が弱いからしょうがない。

しばらくはアルトサックスを吹くのは休んで、指を安静にさせた方がいいだろう。

右手と比べて、腫れ具合からはステージ1、悪くても2だと思うし。

日常生活に支障が続くようならば、整形外科に行かねばなるまいて。


ピンと張っていた糸が切れた感じがした後も、なんとか持ち直そうと頑張っていた。

ふくちゃんがいなくなり、なんとなく全てを失ったような気がして、意欲は堕ちていくばかり。

老犬チャンプの咳はおさまらず、夜中に何度も起こされる日々に、疲れは静かにたまっていき、

申し訳ないけれど、老犬チャンプを病院に連れていく意欲が出てこない。

こんな時にアルトサックスまで吹けなくなり、

やらねばならぬ事、やる事はいっぱいあるのに、いったい何をしたらいいのかわからない。


気晴らしに散歩に出るにも暑すぎるし、まず右脚がもつまいて。

ドライブか?何処に行く?


まぁいいや。なんとかなるだろう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-07-19 11:03

潤いたいけど

今日は曇り。それでも気温はそこそこ夏日和となるらしい。


昨日は強い痛み止めのおかげで家中掃除機をかけることができたのだけれど、

痛み止めは、もともと「治す」ものではなく、脳から「痛み」の感覚を麻痺させていっとき消す又はやわらげるだけのこと。

「どうしても」という場合以外はできるだけ使わない方がよいのは当然なのだけれど、

つい使い慣れてしまい、学習しない私は、治った気になって余計なことをし、より悪化させるという悪循環を長年繰り返し、

結果この8年に6回の外科手術を受ける羽目となった訳で、

泣くほど痛い今日、つくづく自分の学習能力の無さにあきれている次第。


もともと変なとこにケチらず、小型超軽量のアルトサックスケースをさっさと買っときゃよかったので、

「そんなに持って出かける訳ではないから」とケチったばかりに、こう何日も苦しむ羽目になるのは何度目か?{{{{(;>_<)}}}}

「私はいい加減こりねばならない」で、今日は痛み止めを飲まずに、痛みに耐える予定。

せめて湿布ははらせていただき、腰にでっかい湿布2枚(ロキソニンテープ。医者より処方)。


夫も「痛い、痛い」と泣いてる妻を放置もできず、一応家事を手伝ってくれているが、

なんかどれも中途半端・・・でも文句を言っては夫のモチベーションを下げてしまうだろうし、元はと言えば私が悪い。


整体院には先月始めに一度行ったっきり。

美顔鍼も、体験できただけでもういい。

どれも要はめんどくさい。

整体してもらっても、なかなか良くもならないし、

美顔鍼も、別に表面に手をかけても、体自体がこんなボロボロじゃあ意味ない気もし、

その分、本を買って読んだ方が脳だけでも新しい知識でいくらか若返るような気もする。


そんなとこが「艶っぽい体験をしてみたいぞ」の邪魔になって色気のない乾いたおばさんに私をしてしまっているのかとは思うが、

せめて艶っぽい音をアルトサックスで出したい、とだけは願っているが、

乾いた人間に艶っぽい音は出せるのだろうか?


そういう我が亭主も、容姿は悪くはないのだけれど(最近また腹が出てきたけれど)、なんか乾いて魅力ないよね・・・きっと奴は男性ホルモンがすでに枯渇している。女性ホルモンが枯渇している私と、ある意味、つりあった夫婦かもしれない┐( -“-)┌



周囲を見回すと、容姿はいいのだけれど、なんか艶ある魅力がなく、心惹かれない人(男性、女性ともに)がいたり、

容姿はイマイチなのだけれど、なんか艶っぽい魅力があって、心惹かれる人っているよね。

それって年齢に関係ない。

あのかもしだす魅力の元って、一体何?

年配者に関しては「生き方」?

それとも何かのホルモンか?・・・女性なら当然閉経し、男性なら男性ホルモンが枯渇している年代でも魅力が出るのはなんのホルモンによる?

それとも金か?

それもまた例外はかなりあるし。

日常のセックス?

頻繁にしている人は、やはり艶が出るとか?

なんかのサプリメント?・・・ならばそのサプリメント情報をゲットしたいな。

あの叶姉妹は、毎日スッポン料理を食しているとか・・・スッポンって魚屋で売ってるの?イオンや西友で見たことないけど。


何を今日は馬鹿なことを書いているんだ、とあきれている読者の方々、

痛みで脳内「つらい、つらい」になってる時は、こういったやや下ネタのおバカな話が効果あるのですよ。

なんか気楽じゃん。

かと言って、出会い系などで、実践しちゃうと、たまたま出会ったその相手が危ない人って場合もあるだろう。

殺されたり、脅迫されたり、性病うつされたり、なんてつい想像すると、「痛い」により悪い。


そっか、安全圏から出られないから、私は乾いているのか?( ̄▽ ̄;)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-07-17 10:06

3連休

今日は曇り。今のところ湿度もさほど高くはなく、涼しくありがたい。


珍しくこの連休は、夫は朝活で打ちっぱなし(ゴルフ)に行くだけで、ゴルフ場には行かないそう。

で、介助してもらいおつかいに行ける予定。

今は普段は服薬しない強い痛み止め(トラムセット)を飲む。

杖は必須だろうけれど、痛みなく歩ければ助かる。

a0152078_9323575.jpg


欲しかった苔玉は、おつかいに行けないと思っていたので、昨日、夫に帰宅途中に花屋に寄ってもらって、買ってきてもらった。

夫の好みで観葉植物付きだったのは、見た目はいいのだけれど、

さっそく猫が食いだした。

観葉植物には毒があるものが多いので、猫がいる場合注意が必要。

a0152078_9332487.jpg


次は一度盆栽でも買ってみて、そのまま趣味として凝ってみようか?

その盆栽、今、若い人に流行っているそうな。

私のようなシニアが盆栽に凝ると、「そのまんま」で、違和感がないのがちょっと寂しいところ・・・「サザエさん」の波平さんみたいだ┐( -“-)┌



アルトサックスにおいては、師から勧めていただき、是非試してみたかったメイヤーのマウスピースとウッドストーンのリガチャー(銅製メッキ無し)を、注文した楽器屋に在庫がなく、いつ入荷予定か連絡がなかなかなかったので、

例によって島村楽器南船橋ビビット店で問い合わせてみたら、在庫はこの店舗にはないけれど、調べてくれて、他の島村楽器にあったので、急いで取り寄せてくれた。

明日、日曜日には入荷予定。

どんな音を届けてくれるか、とてもワクワクとときめいている。


昨日は、腰から右脚にかけての痛みに気が滅入り、もう負けちゃって、午後一で、冷えピタをおでこに貼って寝込んでしまった。

1時間ほどダウンしていたところで、師から質問(リガチャーに関するもの)の返答が着ていることに気づいた。

「素人相手だから」と見下さず、短いけれど、専門的な意見が書かれており、それがすごく嬉しかった。

なんかとても心強かった。

些細なことかもしれないけれど、この私が復活するには十分だった。

それからはアルトサックスを吹いて楽しむことが出来た。

そして、ちゃんと「自分は大丈夫」という気になれた。

右脚の痛みにひっぱられ、左手親指付け根の痛みは強くは感じずに済んだ・・・いいのか?悪いのか?


メールの内容なんて、

「メイヤー用銅製リガチャー、メッキ無しは在庫なしなのですが、ピンク金メッキものはすぐに配送手続きできるそうですが、メッキ無しと音にどう違いが出ますか?」の質問に、

「金メッキがあると抵抗が強くなります。だからメッキ無しがいいです。」というだけのもの。

ただそれだけのメールが人を力づけるなんて、送り手である師の方は想像すらしていないだろう。

自分だって、なんでそれだけのことに励まされるのかなんてわからない。

そんな筈はなかろうが、ちょっとだけ対等に扱っていただけた気がしたのかもしれない。

対等になれる日なんてありゃしないのは当然だけれど、せめて近づけるよう努力したいと思ったし、

それまでは痛みに負けず頑張りたい、と思ったのかもしれない。


読書の方は、アドラー心理学はかなり面白い。

ただ、どういったものか、私の今の力量では、ここで書くには正確に伝えられない。

誤解も受けやすいものだったりする。

並行して読んでいる岩井志麻子のホラーは、なんか読んでるうちに、割と近くに殺人者がいるのではないか?みたいな錯覚に陥り、それが怖い。

本当に割と、過去に犯罪を犯した人って身近にいたりするものなのかもしれないけれど、

正直、こればかりは他人事でありたい。


3連休初日、ドライブしたくとも、道路は何処も混んでいるだろう。


穏やかで静かな連休になって欲しい、とただただ願う。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-07-16 09:37

妄想に逃げる

今日も曇りのち雨になるようで、昨日と同じく雷がなるらしい。


水曜日に痛めた腰の具合はかえって悪くなりつつあり、ゆうべから右脚全体が痛い。

腰から右脚にかけて・・・と、いつも通り。

癒しにリビングにグリーンが欲しいけれど、見には行けない。

長年我が家で生きていた月桂樹は昨年枯れてしまった。

私はどうも植物を育てるのが下手だ。

土にカビが生えてしまい、そのカビがあっという間に植物をダメにする。

ネットであれこれ調べるよりも、我が家の環境などを説明し、お店の人に直にアドバイスを受けて購入したい。

故に、こればかりは通販ではなく、見に行って選びたい。

それも、ちゃんとアドバイザーがいるお店に行きたい。


アルトサックスのアクセサリーも、楽器屋に行って、試し吹きさせてもらったり、店員さんにアドバイスしてもらって選びたいけれど、

この調子じゃあ一週間は無理かな?
(結局、師に事情を説明したメールを送り、アドバイスをもらい、通販購入)

家事はせねばならないから、ストレッチポールでコロコロとストレッチして、アルトサックス吹いてストレス発散し、読書で知識と妄想を楽しんで過ごすしかあるまいて┐( -“-)┌。

こういう時、音楽聴いたり、自分でもアルトサックス吹いたりして、音を楽しむのも前頭葉の報酬系を刺激して快楽だし、

脳科学や遺伝子や心理学の本を読んで、知識を得るのもワクワクするけれど、

恋人妄想も分泌しなくなりわずかに残る女性ホルモンを刺激して、ときめいてモチベーションUPにつながるものだ。

あくまでも妄想の恋だから、誰に迷惑をかける訳でもないし、

妄想と現実の境がわからなくなる程、いっちゃってもいないつもり。

妄想の中では、自分も若くて綺麗でいられる。

そしてこんな足腰の状況の時、妄想恋人は「大丈夫か?そばにいてやれなくてごめんな。」と電話してくれる。

他人のブログなど見ると、たまに私と同年代で、本当に不倫の恋人を持っているらしい人がいるが、

あれだって本当かどうか?

実は妄想を現実かの如く語っているだけじゃあないか?

よくいる「嘘つき」じゃあないか?

と疑るは、だって、そんな相手に、一体何処で出会うんだ?

出会ったとしても、どういうとっかかりでそういう関係になるんだ?

と、ついつい狭い世界でしか想像が及ばないから・・・いや、嫉妬か?f(^ー^; ポリポリ


そんな嫉妬に及ぶから、恋愛小説は読まない。

アドラー心理学の本と並行して読んでいるのは、先日までは中村うさぎのエッセイだし、今は岩井志麻子のホラー。

その心理の裏に、「私だって、私だって、まだまだ艶っぽい体験くらいしたいわよヽ(`⌒´メ)ノ」があることは、ここだけの秘密にしておこう。

だって、私は愛するハル君のおばあちゃんだもん。

孫にとって「西の魔女」みたいになりたいもん・・・『西の魔女が死んだ』梨木香歩 著。日本児童文学者協会新人賞、新美南吉児童文学賞、小学館文学賞受賞。


(前にもUPしたと思うけど再度)

それに、妄想不倫も、穏やかで静かなものでありたい。

同じ景色を見て、「綺麗だね」と語れるだけでいい。

隣にいて、ほんわかと幸せを感じるだけのものでいい。

できれば、佐藤浩市みたいな人がいい♥(* ̄m ̄)ウシシシ...

「体、大丈夫か?」「大事にしろよ」だけで、もう胸キュンm(゜- ゜ )カミサマ!。

毎朝「おはよう」メールが着たりした日にゃ、もう毎日一日頑張れちゃいそう{ oYo}メ ≡≡≡≡≡≡スペシウムコウセンー!

中学生かい? ̄  ̄)ノ バシッ☆・・・いや、今時の中学生はそんなに純情じゃあない。


朝っぱらから馬鹿な妄想してないで、右脚ずりずりでも働こう。。。。゛(ノ><)ノ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-07-15 10:17

ケチな亭主から金を引き出す方法

今日は曇り時々晴れの予報。気温もかなり上がる・・・とはパソコン(exciteサイト)情報。

iPhoneによると、「霧」となっており、これから雷までなるそうな。

この違いは、何?


昨日、私には重たいアルトサックスを、予約を入れていたサウンドスタジオの最寄駅までバス、駅から徒歩で運んで行き、

スタジオの受付が2階で、エレベーターもないことから、階段を必死でよじ登り、下りしていたら、

案の定、帰宅後しばらくしてから腰痛。

夕方は「痛い、痛い」と寝込み、

今朝はビッコ引き引き歩いている。

夫からは「今日は家でおとなしくしていてくれ!」と命じられたが、

「軽量サックスケースを買え!」と向こうから言ってくれた・・・やったねy(^ー^)yピース!

「月に一回のレッスンにした、とは言っても、その度に激痛で寝込まれても、ビッコ引き引き目の前で家事されても、おまけに医療費までかかっては余計な出費だ。」とのこと・・・f(^ー^; ポリポリ

いえいえ、そちらから言い出してくれるのを待っていたのだよ・・・だてに31年も連れ添ってはいない。


妻に牛乳も飲ませず、

ふくちゃん(ハリネズミ)も手放させ、

私物を古着屋や質屋に入れる羽目にさせ、

長年、家族のために苦労し、貯金し、尽くし、体を壊し、

結婚指輪以外はまともなアクセサリー一つ持つこともない。

それでも、妻はアルトサックスだけは手放さない。

アルトサックスを吹くことが唯一妻の心の支えとなって、頑張っている・・・自分はゴルフに夢中になって金使っているのに。


さぁ〜さぁ〜、さすがに罪悪感に囚われているだろ〜( ̄ー ̄)ニヤ...。

さぁ〜さぁ〜、この手で、次は何を手に入れよう(* ̄m ̄)ウシシシ...

夫、自分の妻は直球しか投げられないと思い込んでいるが、

年の功で、変化球も投げられるようになっているのだよ(^◇^)ケッケッケ...。


何色のケースにしようかなぁ〜( ^ З^)-☆chu!


レッスンも、できれば一回2時間か、月2回にはしたい・・・月3回は体力的に無理。

その費用くらいは、私のへそくりで十分まかなえるのだけれど、

師の忙しいスケジュールを想うと、そんな無理も言えない。

「何気に打診してみようか」と思いつつ、そんな隙も与えず、レッスンが終わると、師はタバコ一本吸ってさっさと帰る。

「この後もなにかスケジュールが入っているんだろ〜な、私なんかのために遠方より来て頂いてるし、レッスン料も割り引いてもらってるし、申し訳ないな。」という気持ちだけが残る。

申し訳ない分頑張ってはいるつもりなのだけれど、

力量がねぇ〜( ー_ー)旦~


せめて場所慣れだけでもするように、せっせと音楽スタジオに練習で通えればいいのだけれど、

それが出来る体ではないから、大手音楽教室を辞めた訳で、

持ち家(マンション)が防音になっているおかげで、こんな私でも外出せずに吹くことが出来ている・・・ペットも楽器も可なのはいいけれど、それだけちと便が悪い場所に建つ。宝くじ当たらないかなぁ〜。引越したいなぁ〜。


手の指は、ゆうべ湿布だらけにして寝たら、いくらか痛みはおさまったけれど、左手親指付け根の痛みは相変わらず。

しばらく安静にすべく、数日吹かない方がいいのは頭ではわかるのだけれど、

パチンコ主婦の如く、依存症になってる私、「吹きてぇ〜なぁ〜」。


腰も今日はこんなだし、ふくちゃんが居なくなって空いた場所に置くべく植物を選びに出かけることもできない。

ネットでも買えるけど、そういうのってやっぱ実際見て選びたいよね。


そうだ!電動車椅子欲しいな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-07-14 09:38

存在が薄い

一月半ぶりのアルトサックスレッスン終了。

自分の「出来なさ」を思い知らされる時間だ・・・落ち込むのみ。

それだけ勉強にはなるのだけれど、メンタルはズタボロかもしれない∫(TOT)∫ムンク


私の場合、この春に大手音楽教室を辞めてからは、アルトサックスを吹くのは自宅のみとなっているし、

家族の前でも吹くこともないから、他人の前で吹くことはない。

1時間のレッスンでは、自宅以外の場所と他人の前という二つの慣れない条件にようやく慣れた頃に終わってしまう。


おまけに、師の指導を受けだしてから5年目に入ったのだけれど、

以前、某大手音楽教室で教わっていた時、私の誕生日の話はしていたのだけれど、すっかり忘れられていた。

私の誕生日はちょっと特別な日で、覚えられやすい。

確か、一昨年あたりその話にはなった筈だけれど、まぁ翌週には忘れらていたくらいだから┐( -“-)┌。


私は、背は高い方だし、顔は濃い方だし、容姿は自慢じゃないけど並以上かと思うのだけれど、

存在が薄いのか?よく他人にその存在を忘れられる。

存在を忘れられるのは結構キツイものがある。

寂しいよね(T^T)ウック!


今回のレッスン日も、約3週間前に決まったものだったので、「もしかしたら忘れられてるかも?」と非常に不安に思っていた。

音楽スタジオを予約してから、「忘れてた。その日は用がある。」とか言われたら、キャンセル料とられるので、念のため、師にメールで確認してからスタジオ予約をとった。

覚えていてくれたことに驚いた。

正直、てっきり忘れられてると思っていた。

私のレッスン日を覚えていてくれただけ、良し、としよう。


でも、落ち込むなぁ〜ρ(。 。、 )


手の指の付け根は痛いし、落ち込むことばかり続くなぁ〜、ここんとこ(;¬з¬)


ゆうべも老犬チャンプの咳が当然出だし、しばらく止まらなくて眠れなかったしなぁ〜(=_キ)ゴシゴシ

ステロイドを使えば、咳止めとしては効果抜群なのだけれど、老犬チャンプは肝臓が悪く、ステロイドを使うと、肝臓の悪い値がよりアップするというリスクを伴う。

夫が日曜日に、老犬チャンプを動物病院に連れてってくれていたのだけれど、「心臓の薬も肝臓の薬も要らない」と断ったそうだ。

で、今は通院していない。

咳がまた止まらなくなったら、どうしたらいいのだろう?


そこまでケチるほど収入がなくなる訳ではないのだけれど(会社員の平均以上ではあるのだけれど)、

夫は、ゴルフを続けたいし、定年退職後は、もっと力を入れて取り組みたいと思っている。

年金生活となって以後のことを考えて、そのための「より多くの貯金を」と願っているらしく、「もっと、もっと」となるし、

ゴルフは結構金のかかるスポーツなので、経済面での「できなくなったら」の不安感がどうも強い様子。

まぁ夫が不安感を払拭できるまで、頑張るしかあるまいて┐( -“-)┌


皆、色々あるさ┐( -“-)┌


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-07-13 16:27


頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりチタンボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症&両手親指付け根変形性関節症温存療法中とあまりの疾患の多さに自分でも忘れ、あきれている整形外科と縁が切れそうもない50代主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

老ける
at 2017-08-18 08:45
雨続きはつらい
at 2017-08-17 14:30
平和ではなくなった日本の夏
at 2017-08-11 09:05
リハビリの夏、読書の夏
at 2017-08-10 09:24
コアサーキット
at 2017-08-07 12:40

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

画像一覧

フォロー中のブログ

ironのブレブレ写真館
1*ときどき*5
地域情報発信基地in高知
White Board -♭
がちゃぴん秀子の日記
Dreary Day
  P & F comp...
司法書士 行政書士 柿本...
walk with my...
Yume-maboroshi
人生とは ?
ねこ旅また旅
皿 皿 碗 碗 ;週末陶...
君の笑顔に逢いたい
アメリカからニュージーランドへ
*しゅきしゅきしゅきよ~...
こころのまんなか。
えびぞう翁の徒然日記

検索

タグ

(24)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

ブログジャンル

つぶやき
病気・闘病

ファン

ブログパーツ

https://www.instagram.com/tamagofurikake07/?hl=ja