<   2016年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

杉山春『虐待ー大阪二児置き去り死事件ー』を読んで

今日は晴れ。すでに気温は30℃。しかし、予報によると、午後から強風で、今よりかえって気温は下がるらしい。

すでに結構風が吹いている。


夫は例によって出張中だし、娘はインターンシップで留守だし、ゆうべは次男も彼女のところにお泊まりか?帰宅せず。

よって、今日は洗濯機を一回まわしただけで済む洗濯物の少なさ・・・ありがたやm(゜- ゜ )カミサマ!


温泉にでも行きたい。

ぼ〜っと露天風呂につかっていたいものだ。


いつも、旅に出たいとか、ふっと何処かへ行きたい、とかつぶやきながら、一度も行ったことがない。

家族(ペットも含む)を想うと、そうそう無計画に外出もできず、せいぜいご近所を散歩がてらおつかい、

ヘルプ要請により孫の子守だったりする。


日曜日に孫に会って1日遊んだばかりなのに、孫に会いたい。

さっとドライブがてら会いに行くことは可能だけれど、そうそう姑に来られては、嫁が嫌だろうと気遣い我慢する。


人工股関節にする前は、写真を撮るのが趣味だったこともあり、カメラを持ってふと出かけることはあったし、

腰椎変性すべり症を再発する前は、ウォーキングを楽しみもしたけれど、

さすがに懲りたし、

左足に膝痛が出だしてから、立ったり座ったりする度に痛みが走るし、座り方も難しいし、膝の曲げ伸ばしも痛むし、「痛い」で結構疲れる。

疲れるし、「痛い」が怖くて、意欲低下も見られる。

夫には伝えてはあるけれど、子供達には言っていない。

特に長男と嫁に伝えれば、孫の子守ヘルプ要請を遠慮してしまうかもしれず、

私としては、痛み止めの注射を打ってでも、最後体がボロボロになってでも、共働きで頑張っている息子夫婦の役には立ちたい。

ただ、孫を怪我させるようなことになっては大変なので、調子が悪ければ「疲れている」とは言っていこうと思う。


首が悪い、腰が悪い、股関節が悪い、膝が悪い・・・こんな母親を持っては子供達も重かろう。

子供達の重荷にも、幸せを邪魔する存在にもなりたくない。

「甘やかし過ぎ」と非難する方もおられようが、それが母親というものではなかろうか?

人には甘えられる場所が一つは必要かと思う。

まぁ、うちの子(3人とも成人)が一人でも犯罪でも犯せば、高畑淳子ではないけれど

「私の子育てが悪かった」ということにはなるのだろう。

a0152078_12121330.jpg


昨日から、杉山春のルポ、大阪二児置き去りし事件を扱った『虐待』を読んでいる。

それで結構夜更かししてしまった。

我が子二人を死に至らしめた若い母親にもちろん問題はあるのだけれど、

彼女や子供達を取り巻く周りの大人たちの対応も批判された内容となっている。

しかし、自分が彼女の親だったら、姑だったら、ご近所さんだったら、役所の人間だったら、

違う対応はできただろうか?

みんながみんな、「想定外」にどう対応したものか、手探り状態の中で、「正解」を見つけるには無責任だけれど「運」「縁」というのもあるのではないか。

「運」や「縁」で大切ないたいけな幼児二人の命が奪われていい筈はない。

どんな事件もそうだけれど、「あの時ああすれば」はつきもの。

ノンフィクションは好きなので購入し、読んでいるし、読んでよかったと思う本ではあるけれど、

簡単に正論や単純な正義感を振りかざしていいものではない。


とりあえず、こんな欠陥だらけの私だけれど、一応まともに3人の子供を育て上げられたことに、

私は救われた、と感謝する。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-08-31 12:06

育てるのじゃなく、育てられてるんだよね

今日は曇り時々晴れ、の予報。

でも、朝は雷雨だった。今も曇っている。本当に晴れ間は出るの?


ゆうべは夜中に帰宅。

嫁が所属営業所が変わるため、「お別れ会」があるとのことで、帰宅が遅いということもあったし、

疲れがたまってる長男の泣き言をしばし聞いてやらねばな、ってとこで、

風呂も一人でゆっくり入らせてやり、孫は私が入浴させた。


長男は子供の頃からそういう性格で、不平不満は溜め込めない。

辛いこと、嫌なことがあると、赤ん坊や幼児の頃は「疳の虫」で延々と泣いていたし、

大きくなっても、牛乳を飲みながら、酒場で愚痴をこぼすオヤジの如く、2時間でも3時間でも延々と気が済むまで愚痴をこぼしていた。

対応は、「そりゃ大変だ」と同意して聞いてやるだけの簡単なこと。

気が済めば、何事もなかったの如く、すっかり忘れて元気になる。

話を聞いてた方が「あれ何だったんだ?」とあきれ驚くくらいだ。


孫も長男ほどではないけれど、やはり親子、その片鱗はいくらかあり。

手のかからない子ではあるが、そろそろ自我も芽生えてきて、

機嫌が良かったのが、突然怒り出して泣くことがある。

まだ言葉が出ないけれど、「そうか、そうか」としばらくきいてやって、にこっと笑ってやればすぐにおさまる。


孫の子守自体は楽だ・・・長男の含め、3人の実子よりずっと手のかからない子だ。今のところ。

食事の支度や片付け、掃除も楽だ・・・そればっかり何十年も日々やり続けているのだから、歯磨きと同じくらい、それ以上に日常の一コマにすぎない。

何故今回行く前にひどく「疲れた」感があったのか?・・・移動だよね┐( -“-)┌

片道2時間。東関東自動車道にのってしまえばまっすで、渋滞なければ気軽なドライブ。

しかし、大抵我が家から東関東自動車道の入り口までが渋滞し、

羽田空港をこえるまでは渋滞・・・観光シーズンなんて、横浜に行く人が多いのか、延々渋滞。

いっそう、昨日みたいに午後10時過ぎてからの方が渋滞なく楽だった。

乗り換えもあるし、バスも使うけれど、公共交通機関を利用した方が楽なのだろうか?

一番は、もっと近くに住んでいること。

どうしたもんじゃろうねぇ〜?


まぁ、ご近所で、子育てにひと段落した人が有料でベビーシッターをしてくれる会があるそうで、一応そこにも登録はしてあるそうなのだけれど、

なんか心配で、まだ利用はしたことがないそうな。

そうだよな。私だったら、他人に我が子を任せるのは心配だし、

私だって、そういう仕事ができぬでもないけれど、子供3人育て、育児サークルも運営していて、子供を多数みてきたからこそ、

怖くて他人の子供などみれない。

どんなに手のかからない子であっても、

いや、逆におとなしくしている時こそ、何企てているかわかない・・・特に男児。

また、ベビーシッターも、通常は穏やかな良い人でも、延々と幼児に泣かれると、突然カッときて、衝動で子供に手をあげる人もいる。

実際に事件は起きてるしね。


まぁ、息子も嫁も、苦労し、失敗しながら、少しずつ「親」に育っていくしかあるまいて。

私は、この二人をうまくフォローできるような「おばあちゃん」に育っていこう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-08-29 12:20

親だって歳もとりゃあ、子離れもする

今日は曇り。雨も時に降るらしい。要は不安定な天気。


今夜から明日夜にかけて又留守にするので、きれいさっぱり掃除などをして、洗濯物も残さずにおき、ひと汗かいて、着替えたところ。

夫は留守番でいるのだけれど、犬猫と自分の食事の世話と食器の片付けを完璧にしてもらえれば御の字。

へたに「期待」をすると、後から腹が立つことも多いので、最初から期待はしない。


夫も、若い頃よりはマメになったかと思う。

昔はだらしなくて、自分の物や、脱いだ靴下、衣類など、あちこちに置きっ放しだったし、ゴミはゴミ箱に入れないし、「どういう躾受けてたんだ?野生児?」とショックを受けることが多かった。

まぁ、ついこないだまでそんなだった。


定年退職も見えてきて、

「そんなだったら、稼ぎを持ってこなくなったら、あなた不要なんだけど。つーか、邪魔なだけなんだけど。」

の一言は結構効いたらしい。

現実そうだからしょうがない。

孫の子守で声がかかるのも私の方。

子守に行くのに忙しい妻のフォローにまわるように徐々に変化しつつある。


その孫の子守、これから支度して高速飛ばして2時間、行かねばならないのだけれど、

今回はどうも気が乗らない。

そりゃ孫は可愛い。

しかし、近けりゃまだしも、毎週片道2時間かけて行くのも、息子といえども、嫁もいるし、要は他人んちに泊まるのも疲れるものだ。

祖父母は孫に会いたい・・・と私も若き嫁の頃は思っていたけれど、

会いたいは会いたいが、幼子のいない生活に慣れてしまうと、

老いた体での幼子の子守は疲れる。

たまに抱かせてもらうだけで丁度良い。

大人になった我が子でさえ、たまに居ると、「食べるものがない」とかめんどくさい。

もう大人なんだから、逆に自分の金で食材買ってきて、親に美味しいものの一つでも作ってもらいたいものだ。

それだけならまだしも、洗濯物も増えるし、洗う食器も増えるし、散らかる。

核家族を希望しているのは、若い者の方ではなく、老いた親の方だったりするんじゃないか・・・と我思う。

我が子元気で外がいい、である。

元気なだけでなく、犯罪被害者にも加害者にもならずにいていただきたい。


昨日、女優の高畑淳子さんの記者会見を見ていて、同じ年頃の子供(息子もいれば、娘もいる)を持つ母としては、そのお気持ちがわかるだけに、見ていて辛かった。

特に彼女はシングルマザー。

苦労して働きながら子育てし、ようやう最後の子も成人し、働き、自立できるまでに育て上げ、安心したところに「これはないだろう」といったところ。

高畑淳子さんのファンの一人としては、彼女の元気な姿を今後見る機会があまりなくなる可能性が高いのは、寂しい。

被害者の女性とそのご家族、知人のお気持ちを思うと、そんなこと言ってはいけないのかもしれないけれど、

でもね、怒られるのは承知で・・・本当に被害者?

というのも、昔、母が亡くなった数年後、父が再婚を考え、結婚相談所に登録してある女性と交際した時期があるのだけれど、

その女が、いわゆる「つつもたせ」ってやつで、バックに「知人」なる男がいて、

「父との関係は、父によるレイプだ」と私のとこに電話してきて、示談金を要求してきたことがあったんだよね。

でも、その前に「再婚を考えている」と彼女を紹介されていたし、

その時は、そんな感じではなかった。

それに、本当に父が女性をレイプしたならば、それは父がちゃんとその罪をつぐなうべきことなので、

「警察に届けてくれて結構。その方が父も反省するだろう。」と私ははっきり言ったのだけれど、

「いや、それをしたくないから、こうやって電話しているので、お金を払ってくれれば問題にはしない」と言い張ってきかなかった。

断固として金を払うことは断り、その後父に電話した。

父も金は出さなかったみたいだけれど、どう解決したのかはわからない。

相手も多分あきらめたのだろう。

ちゃんとした結婚相談所で知り合った相手でもそういうことがある。

父は懲りたのか、以後すっかり「再婚」という頭はなくなったみたいだ・・・結果、やもめ生活大ベテランだ。


まぁ、今回の世間で騒がれている事件が同様なものと言っている訳ではない。

ただ、人の人生もかかっているので、一方的な報道だけを鵜呑みにするのも危険と、自分自身を制すだけのこと。


どっちみち、22歳のうかれた青年が迷惑かけまくってる事実は変わらないけどね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-08-27 12:35

孫の子守

今日は晴れ。

気持ちのよい青空が広がっているけれど、だからって外をウロウロしていると「熱中症間違いなし」の暑さではある。


ゆうべ遅くに、長男から、「日曜日出勤になったから子守に来て欲しい」とのメールを受けた。

長男宅まで近くはないので、前日の夜までには行かねばならない。

ゆえに、今体調を崩す訳にはいかない。

特に外出の用もないので、暑い時間は室内で猫と共におとなしくしていよう。


長男と嫁は休日が違う。

どちらもフルに働く正社員。

長男はイクメン以上のイクメンらしい・・・嫁が家事が苦手なため。

嫁が居ないところでは「もうギリギリだ」と愚痴と泣き言をこぼす。

嫁と嫁の親は二人目の子供を希望している。

長男の方は「これ以上は肉体的にも精神的にも無理だ」と拒否しているくせに、

愛妻家なのか?恐妻家なのか?嫁には気をつかって何も言えない。

こう頻繁にヘルプ要請されても、私も健康な訳ではないので疲れる。

今週は、続いたヘルプ要請のために疲れがたまっていたのか?月曜日から昨日まで寝てばかりいた。

そして寝太りしている。・゚゚・(>_<)・゚゚・。ビエェーン...


嫁の母親と交互にして欲しいが、こちらの方が近いということで、しょうがない。

仕事と育児家事で、肉体的にも精神的にも、追い詰められている我が息子を想うと、

私がヘルプ要請を断れば、息子が困るだけの話・・・嫁が仕事を休むことはなさそうな┐( -“-)┌。


夫も、同居する次男も「あそこは共働きはもう無理じゃないか。」と言いだした。

実は私もそう思う。

長男の方が「仕事を辞めてもいい」と言っているが、

問題は、長男夫婦が住んでいるところが、長男勤める会社の社宅で、ゆえに破格に家賃が安いということ(お愛想程度だ)。

長男が会社を辞めれば、そこを出ねばならず、家賃がう〜んと上がれば、事務員の嫁の稼ぎだけではさすがに家族3人生活は難しい・・・二人目、なんてとんでもない話となる。

うちだって、まだ学生をかかえているし、夫にはまだまだ現役で働いてもらわねばならない。

通勤の関係から、長男夫婦の近くに移住という訳にはいかない。

嫁の実家は東北地方で自営業。

やはり、頑張って、私がヘルプ要請に応えるしかなさそうな┐( -“-)┌。


うちの夫は、って?

「孫は可愛いは勿論だけど、女の子ならばもっと夢中になれたのかもしれない」と男児ということで、ちょっと醒めた感覚でいると言っていた。

第一、イクメン世代じゃないから、幼児相手に何したらよいかわからない。

まぁ、私の留守中、犬猫の世話をしてもらわねばならない・・・環境の変化から、ようやくおさまったチャンプ(犬)の咳や、しじみ(猫)の膀胱炎が再発しても困る。


気分転換に、アルトサックスレッスンを入れたいが、師のスケジュールの都合で来月となっている。

あまり練習できていないから、いいのだし、

これが以前のように月3回だと、子守も入っている分、余計に体がついていかない。


がんばれ〜、私|( ̄o ̄)|→\( ̄O ̄)/→_(ーoー)_


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-08-26 11:03

家族関係は難しい

今日は晴れ。気温も上がるそうな。

私の生活は特に変化なし。

体重が増えたままなのが悩みといったところ。


おととい、フラッシュバックでちょっと辛かったおかげで、体重がちょこっと減って喜んだ。

しかし、そんなうっとおしい気分も晴れると、体重は停滞(iдi)

左膝が相変わらず痛く、特に運動もできず、

というか、痛いのをいいことにダラダラ過ごしているのがいけないのだけれど、

そんなんで太るから余計に膝に悪い┐( -“-)┌。


事件と言えば、昨日のんびりとエアコンがきいたリビングで過ごしていると、実家の父から電話があった。

いい話ならいいけれど、弟のとこの子供の愚痴だ┐( -“-)┌。

私の2歳下の弟のとこには息子が二人いる。

一家して野球好きで、もちろん普段は弟も弟の嫁も普通の会社員だけれど、休日になると、

弟は少年野球チームの監督、嫁はマネージャーに変身する。

甥っ子たちもそのもちろん野球チームのメンバーとして活躍してきた。

夢は甲子園・・・だった。


実家の父はエリート志向で、まずはそれが気に入らない。

野球など早々に辞めさせ、勉強に専念させ、一流国立大学に行けるように導いてやらねばならぬ、という思考は昔から変わらず。

勉強の成績が思わしくない孫を苦々しく思って、不満が募ると、私のとこに電話して延々と愚痴を言っていた。

うちは幸い、結果、皆いわゆる一般的に言うエリートコースとやらを歩んでいるのだけれど、

別に弟のとことカテゴリーが違うだけの話で、

スポーツに専念できるは、健康に憧れる私としてはうらやましい限りである。

それに、野球なんてチームプレー。協調性は大事。仲間も多かろう・・・私にないとこだらけだ。

ゆえに、父が何を悩む必要があるのかわからないし、

逆に、父を苦々しく思うばかり。

我が子や孫を自分の夢を満たすための道具としてしか愛せない可哀想な人だ。

父がそんな性格ゆえ、自分の娘に愛されないのは置いといて、

とうの甥っ子、長男の方が、高校途中から野球部を辞め、高校にも行かず、引きこもっていたことが判明。

この春、無事高校卒業したけれど浪人中、という話だったのだけれど、

どうもそれは、弟が父の性格を知って、騒ぎになるまいとついていた嘘だったらしい。

その嘘が、この夏、わざわざ弟が家族を連れて帰省したことからばれてしまった・・・私みたいに行かなきゃいいのに。弟は私と違って優しいゆえに墓穴を掘る。

どうも父、甥っ子に根掘り葉掘り聞いたらしい。

見栄っ張りのエリート志向の父にとっては、そんな孫がいることは許せないし、誰にも言えない、隠しておかねばならぬ事案。

心の中は不安と不満が募る一方。

で、結局私のとこに電話してきた。


一応身内の件だし、そうそう知らん顔しているのもなんだから、事実確認で弟にメールしてみた。

すると、甥っ子はまだ高校も卒業していないそうな・・・留年か、休学処置をとっているのかまでは聞いてない。我が弟の父としての辛さは文面から読み取れて、どう言葉を返していいかわからなかった。

「お父さんには内緒に願います」と最後にあった。

そりゃそうだ、そんな事知れたら大騒ぎだ。

しかし、電話の様子では、父はすでに薄々知っていた。

そして、そんな孫を「恥ずかしい」「他人にその存在を知られたら困る」と言ってのけた。

そういう父を私は恥ずかしく思う。

同じ穴のムジナか?・・・まぁ実の親子ですから┐( -“-)┌。


それにしても気持ちは重い。

母の問題もあって、母代わりになっていたし、たった二人の姉弟だし、

弟の気持ちを想うと切ないし、

今まで何も知らず、弟一家はなんの問題もなくやっていると思っていた自分の安易さも、仕方ないとはいえ、何か心にひっかかるものがある。

重いなぁ〜。

本当に、ふっと、思い切って旅にでも出てみようかなぁ〜。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-08-25 10:27

久々のフラッシュバック

今日は雨。大雨になる恐れもあるらしい。

a0152078_10431124.jpg


今朝は「今日は頑張ろう!」と思って布団から起き、目覚ましメイクをしながらテレビを見ていたら、

成田空港で、海外旅行から帰国した人たちのお土産を見る、という特集をやっていた。

幸せそうなその様子を見ていたら、何故かふと夫の実家で舅姑苦労していた頃の記憶がフラッシュバックして、不快な気分に支配され、いっきに意欲を失ってしまった。

その頃って、夫も遠距離通勤か単身赴任かで、たまにいる休日は昼から酒飲んで寝ていた。

夫の親や親族とも私はうまくやれていなかったけれど、とうの夫ともうまくやれていなかった。

ただひたすら「子供達のために」で無我夢中で生きていた記憶しかない。

その子供達からも都合よく利用されるだけで、下手なことを言えば、うっとおしがられたり、重たがられたり、だし、

夫は、会社でおもしろくないことがあれば、酒飲んであたる。

しかし、そんな負の部分だけ考えたって、暗い気持ちになるだけで、なんのメリットもない・・・ただただ自分がつらいだけの話で、誰も困りはしないものだ。

だから考えないようにしているし、不快な思い出は出てこないように奥に閉まっている。

a0152078_1045239.jpg


しかし、不思議なもので、最近、自然、家族のために料理を作る、ということが出来なくなってきている。

はりねずみの福ちゃん里子事件以降は、食材さえ買えなくなった。

私は少食の粗食なので、別に食パンがあればそれで生き延びる。

「私、別に食べないし」でしらばっくれている。

節約してても文句を言った夫がもとはといえば悪い。

単純に夫が役員をおろされて機嫌が悪かっただけの話だ。

それで給料が下がろうと文句も言わず、今までの苦労をねぎらっていた妻にとるべき態度ではなかったことは、さすがの夫も今は理解しているらしい。

帰宅しても、食事どころか食材もない状態に、夫は文句も言えず、せっせとスパゲティーなどを自分で茹でて食している。

私の好きな散歩にも誘ってくれるし、

出先で、今までは「高いからもったいない」と言っていたお洒落なカフェにも、逆に誘って入ってくれている。

しかし会計時、金は私の財布から出るから、家計に赤字を出せば「どういうやり繰りしてるんだ!」と私を怒ることだろう┐( -“-)┌

「申し訳なかった」という気持ちは伝わるのだけれど、

なんか中途半端で、

どうせ今回も、それがいつまで続くかわからない、という思いが湧いて警戒心は抜けない。

子供達に関しても同様。

嫁も気が強いので同様。

家族に対してもそうなのだから、ましてや赤の他人に対しては、甘えられる距離もあたられる距離もとりたくない。

「元気?よかった」・・・そんな距離感を保ちたい。

寂しく思わないこともないけれど、「もう懲り懲りだ」の思いが強い。

a0152078_10473578.jpg


別に昔っからこうだった訳ではない。

夫の両親と同じ敷地内に住むようになり、それまではたまに会う時だけだったイジメが、毎日になってからのことだ。

とうの夫は、どうしても遠距離通勤か単身赴任になるし、気の強い両親に太刀打ちできず、逃げの一手。

夫に文句を言えば、夫は私に責任がある、と私を責める・・・夫婦仲は悪化する一方。

a0152078_10483632.jpg


もう終わったことだ。

被害者意識にとらわれることは問題だ。

しかし、未だに私はトラウマに苦しむ。

回数は俄然減ったけれど、突然当時がフラッシュバックする。

家族は私が未だに苦しんでいることは知らない・・・知ろうともしないし、気付こうともしないし、わざわざ言えば「重たい」と嫌がるだけだから言わない。

約2ヶ月に一度、心療内科へ行き、フラッシュバックで苦しんだか否かの報告をし、自分がどう対応してそこから抜け出せたかを話す。

そして褒めてもらう。

そうやって自信を積み重ねていく・・・一つ一つ小石を積んでいくように。

a0152078_10494828.jpg


しかし、ようやく積み上げた石の山を突然蹴散らして壊すのが、何故かいつも夫(ときに娘)だったりする。

夫は酒の酔いが覚めると一応反省し、しばらくは協力する。

私もまた一つ一つ石を積み上げる努力をする。

そんな繰り返しをもう何十回、何年続けていることだろう。

時に、ふっともう終わらせたくなる。

終わらせずにいる私はなかなかしぶとい。

そのしぶとさが私の強みだろう。

a0152078_10512672.jpg


そのしぶととさで、なんとかダイエットせねば( ̄▽ ̄;)

栄養のかたよりによるものか?

水太りか?

体重がどんどん増えている∫(TOT)∫ムンク

イライラして、酒に酔った勢いで又「デブ、デブ、デブ」と夫に連呼される前に痩せねば∫(TOT)∫ムンク。

a0152078_10525596.jpg


そんな日々の生活の中、

おばさんは、白馬に乗った王子様をちょっとだけ夢見る。

いや、別に不倫願望という訳ではなく、

私が「自信」の小石を積み上げるお手伝いをしてくれるパートナーが心療内科医以外にもいてくれたらな、と願うだけの話。

現実には、なんの得にもならないことをする人なんていやしない。

事件に巻き込まれると大変。

自分で頑張るしかない。

頑張ろう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-08-23 10:53

気圧性眠気?

今日は台風9号の上陸で関東はあちこち被害続出中。

ただいま千葉県上空通過中。

強風怖し。


いつもは台風が近づくと、気圧性頭痛で悩まされるのだけれど、今回は頭痛などはなく、

とにかく、何故か、やたら眠い(~o~)ファーァ...(=。=)アフ...

a0152078_16152873.jpg


いや、確かに、昨日は暑い中、先週の横浜西洋異人館めぐり続きをし、

途中、長男(昨日まで会社夏休み中)と孫と落ち合い、その後、会社が終わった嫁と合流し、レストランで食事。

とても充実した楽しい夏の1日を送れたけれど、

歳で疲れてる?かもしれないけれど、それにしても眠すぎる。

いくらでも眠れそう。

a0152078_1617270.jpg


気圧性頭痛の場合、へたに頭痛薬を飲むより、乗り物酔いの薬がよく効くことが判明。

気圧の変化を察知する箇所が、耳の中の三半規管にあるからだそう。

しかし、乗り物酔いの薬は副作用として「眠気」がある。

その副作用を利用して、たまに「なかなか眠れない」という時は、へたに睡眠導入剤を利用すると癖になる場合もあるから、乗り物酔いの市販薬を飲むといい、と富士薬品の営業さんが言っていたっけ。

そういう人が結構いるらしい。

「眠気」をとりたい場合はどうしたらいい?

エナジードリンクなどを飲んでも、やっぱり眠い。

なんかとても平和な気分で眠い。

強風荒れ狂う中、一人癒されちゃってるよ( ̄□ヾ)ゴシゴシ

交感神経、働け!!

余計太るぞ!!


今日から2週間、娘はインターシップで留守。

次男もきっとわざわざ帰っては来ないだろう。

夫は頑張って帰ってくるだろうけど、ご飯は炊いといた。レトルトカレーがある。なんとかなる。


台風が去れば、眠気も去るだろう。

雪山じゃああるまいし、「眠ったら死ぬぞ!」な〜んてことはあるまいて~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~。


被害を受けた皆様、お見舞い申し上げます。

ごめんなさい。

私はソファでゴロゴロ、ウトウト。

猫になろう・・・ボケるかな?ボケるのはいいけど、家族に迷惑かけるよな∫(TOT)∫ムンク


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-08-22 16:17

台風近づく休日は

今日は雨。それも台風が近づいている影響で、かなり強い雨。

そんな日に、夫は早朝からゴルフへ行った。

こんな嵐の中をコースをまわっているおじさん達の姿を思う・・・悪いが、笑ってしまう。

a0152078_1161253.jpg


昨日は病院が済んだあと、美容院へ行けた。

結局やっぱり、さっぱりとショート・・・これで又しばし行かなくて済む。少なくとも年末まで行かなくて済めば有難い。

夫は、少し長めで女性らしい方がいいらしい感じ・・・大抵の男性がそうだろう。

しかし、別に生殖機能がすでになくなったおばさんは、男性に性的対象として好まれる必要はない。

生物として、自分の遺伝子を未来に託した孫を慈しむのは自然なはこび。

未来への遺産なのだから。

めんどうな感情を削って削って心が軽くなると、思考はどんどん合理的になっていくし、

何より楽だ。

a0152078_117126.jpg


そんな今朝は、へたに音楽を聴くより、好みの男性の画像集をyoutubeで見ながら雑事をこなし、楽しんでいる。

今朝は、綾野剛

余計なものを削った体型も好きだし、アーティスティックな感じも好き。

ユニセックスな魅力を保ちながら、結構なリア充であるところも魅力的。

そんな彼が見せるコミカルな表情は、このおばさんのストライクゾーンど真ん中だったりする訳ですが、

リアルでは、全く縁のない人であり、

現実には周囲には全く興味が持てない中高年男性ばかり・・・町が高齢化状態。

自分だってシニア女性だからしょうがないのですが、そこは無視したい・・・現実逃避。

誰だって、枯れた花より咲き誇っている花を見ていたい。

枯れた花は、それ故にもう戻ることのない「今が盛り」と咲き誇る花に憧れる。

「憧れ」は憧れだからモチベーションを上げてくれるなどの有意義な効果があるのに、時にリアルにそれを手に入れようとする人がいる。

諦めた、いや明らめた方が懸命。

少なくとも、犯罪者にならない程度に、ね( ・_<)┏ バキューン!     ~⊃

a0152078_117488.jpg


*7、8月に読んだ本(順不同)

殺人博物館ー突飛なる事件の系譜ー  岸田歳月

殺人博物館ー迷宮への招待ー  岸田歳月

コンビニ人間  村田沙耶香

アドラー心理学入門  岸見一郎

エロスの記憶  文藝春秋(小池真理子、林真理子、柴門ふみ、高橋克彦 他)

諦める力  為末大

三陸海岸大津波  吉村昭

殺人博物館ーありふれた事件ー  岸田歳月

破獄  吉村昭

羆嵐をたどって  朝日新聞

羆嵐  吉村昭

熊撃ち  吉村昭

蜜の競艶  岩井志麻子、菅野温子、内藤みか 他

愛か、美貌か  中村うさぎ

浪費バカ一代  中村うさぎ


以上を見るに、私、全然削れてないなf(^ー^; ポリポリ


今日はアルトサックスを吹きながら、のんびり一人の休日を楽しもうPAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゜`☆、。・:*:・゜`★


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-08-20 10:53

めんどくさい人間

今日の天気は、今見上げる空は晴れているけれど、昨日と同様不安定な天気らしい。

昨日は、曇り、昼間雷が鳴っていた。

雷の音は嫌いなので、とても不安な気持ちになり、

そんな不安感をかき消すがごとく、

雷の音が耳に入らないように、アルトサックスを吹いていた。

何が嫌いって、強風の音と雷の音は大嫌いだ。

そんな日は怖くて外に出ることが出来ない。

でも、今日は午後、どうしても外出せねばならぬ用があり、「このまま晴れていればいい」と切に願うのみ。

ついでに、用が済んだら、久々に美容院へ行こうか?

浮浪者みたいになっている・・・気がする。

先日撮った写真では、髪留めで止めてりゃ、まだまだ大丈夫な気もするが、ここ数日でどうもボサボサ感がUPした感あり。

a0152078_9351891.jpg


第一、髪留めって、ずっとしていると、そこが痛くて、そこだけ禿げてきそうな気がする( ̄▽ ̄;)

美容院へ行くのに、別に金がない訳でも、時間がない訳でもないが、

ただただめんどくさい

その時点で「女を捨てている」。

捨てちゃならぬ!と思いつつ、ホルモンの関係か?

ただひたすら孫を想う。

孫をおんぶして、話しかけながら歩く時が、腰の痛みも膝の痛みも忘れ、今の一番の幸せだ。

だからって、ヘルプの声もかかっていない時に、そうそう足繁く通っては、嫁に嫌がられるってもんだ。

孫のためにも、息子のためにも、嫁とは差し障りない適度な距離を保ちたい。

姑になってわかったのは、嫁の時は気付こうともしなかったけれど、

「姑も大変だ」ということ。

今「嫁」の立場の方々も、息子をお持ちなら、そのうちわかるだろう。

そのうち娘が結婚したら、どういった「嫁の母」が婿殿にとっては理想的なのだ??(。゜)(゜。)? ハテ?

別にさ、「理想の形」になる必要はないのだけれど、

我が子に自分のことで苦労はさせたくないが親心。

最期まで「親」でありたいと願う・・・それが「親」としての私のプライドだったりする。

まぁ、それが「支え」ってとこかな。


そういや、とうとう、10月に、夫に押し切られタイに旅行(社員旅行に同行)に行くことになった。

夫は、勤める会社の子会社の一つの代表で、それは中国は大連にあるのだけれど、夫以外は皆中国人。

中国の方々は社員旅行が大好きだそうで、それも皆家族連れだそう。

例年、私は足腰が悪いということでお断りしていたのだけれど、

中国の方々は皆さんとても親切で、「僕がおんぶしますから、今年こそは是非!」とまで言ってくださっているそうで、

さすがに折れるしかあるまいて。

きちんと挨拶ぐらいは中国語でできるようになっておきたいところ。

頭悪いし、意欲薄いし、あと2ヶ月でいくらか中国語を覚えられるだろうか?

美容院へ行くよりめんどくさいぞ( ̄▽ ̄;)

どちらかというと、ジェスチャーの練習をしといた方が早いのでは?

そういや昔、そういうクイズ番組がNHKでやってたな。


求む!中国人の友達。

私に日常会話を教えてくれ!

ちなみに皆さん中国ではエリートだそうなので、エリートさんの中で通用する言葉でお願いしますm(_ _)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-08-19 10:08

不快指数高いぞ

今日は曇り時々雨、気温高し、湿度高し。

こんな日は、動くのもかったるいけれど、ゴロゴロしてたって気分は良くない。

いっそう南房総まで車を走らすか、といった気分。

しかし渋滞が見込まれる夏、一人ドライブでの遠出は、帰りに疲れて眠くなる恐れあり。

数年前まではそんなこともなかったのだけれど、それも歳とった証拠か?

真面目に働くが無難だろう。


猫たちだって、今はしじみがバルコニーを含め、家中を「何か変わったことはないか?」と見守りに歩き回っている警備中。

いつもゴロゴロしているしじみも、こういう時はなかなかたのもしい猫姿。


あさりはキャットタワーから、窓の外のマンションの廊下側を警戒中・・・出勤の人々を見送る。


こんぶはバルコニー。

このバルコニー、以前に一年中青々としているという芝生をはったのだKれど、こんぶのおしっこで溶かされてしまい、

また土をひいて種まいたが、また溶かされ、今では定期的に猫草の種を蒔き、

ついでに「もとは雑草なのだから強いだろう」と適当にあれこれハーブの種を蒔き、

憧れの芝生は雑草畑と化している・・・ちょっとお洒落なテラスにして、読書を楽しむ予定だったのに(T^T)ウック!


犬のチャンプは今日はトリミングの日で、朝担当者が迎えに来て留守・・・さっぱりして帰ってくることだろう。


かくいう私は、ついついめんどくさく、確かもう半年ほど美容院へ行っていない。

ボサボサ頭の方がめんどくさくなったら美容院へ行こう┐( -“-)┌。


今日はここのとこ書いていなかった読書録を書く予定だったのだけれど、

なんかだるいなぁ〜・・・と思ったら、室内湿度が70%。なんか蒸す筈だ。

室温は27度まで下がっているのだけれど、湿度の高さにエアコンが負けている。

猫が出入りできるように、バルコニー側の窓を少し開けていたから・・・それだけ外は湿度が高いということだ。外で働く人は体調を壊す可能性大。

熱中症になられたら困るので、バルコニーにいたこんぶ回収。

窓を閉める。

室内が快適になったら読書録を書こう。


で、洗濯物干せよ〜私 ジタバタo(><)oジタバタ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-08-18 09:37


頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりチタンボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症&両手親指付け根変形性関節症温存療法中とあまりの疾患の多さに自分でも忘れ、あきれている整形外科と縁が切れそうもない50代主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

老ける
at 2017-08-18 08:45
雨続きはつらい
at 2017-08-17 14:30
平和ではなくなった日本の夏
at 2017-08-11 09:05
リハビリの夏、読書の夏
at 2017-08-10 09:24
コアサーキット
at 2017-08-07 12:40

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

画像一覧

フォロー中のブログ

ironのブレブレ写真館
1*ときどき*5
地域情報発信基地in高知
White Board -♭
がちゃぴん秀子の日記
Dreary Day
  P & F comp...
司法書士 行政書士 柿本...
walk with my...
Yume-maboroshi
人生とは ?
ねこ旅また旅
皿 皿 碗 碗 ;週末陶...
君の笑顔に逢いたい
アメリカからニュージーランドへ
*しゅきしゅきしゅきよ~...
こころのまんなか。
えびぞう翁の徒然日記

検索

タグ

(24)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

ブログジャンル

つぶやき
病気・闘病

ファン

ブログパーツ

https://www.instagram.com/tamagofurikake07/?hl=ja