<   2016年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

閉経後とセックス

今日は曇り時々晴れ、の予報。気温は最高23℃ということで、過ごしやすそうだ。

本日夜、夫出張先の大連から帰国予定。

悪天が続く中、洗濯物が増える(~_~;


NHK朝の連続ドラマ『トト姉ちゃん』が明日最終回。

長年見続けている朝ドラ、半年ごとに最終話の時は寂しい。

いつも1週間は「ロス」状態になり、新しいドラマに熱中できずにいるけれど、

1週間後には、もう気持ちはすっかり新ドラマに夢中になっている。

過去、一度だけ、頑張って1週間は見たけれど、どうしても受け入れられずに見なかったのは『ウェルかめ』のみ。

a0152078_119838.jpg


読書は、押川剛(おしかわ たけし)の『「子供を殺してください」という親たち』を読み終えた。

衝撃的なタイトルである。

我が子、兄弟姉妹、つまり家族が、統合失調症やパーソナル障害などの精神障害により、家庭内暴力がひどく、第三者に対しても暴力的で、犯罪者になる可能性が高いパターンにおいて、

本人に「自分が病気だ」という認識がない為、精神科など受診が難しく、移送も難しい場合の民間移送業者である押川氏が、自分の経験と、現在の精神保健福祉法の問題点をあげている。

現実に、そういう人間が殺人事件をおこし、社会問題にはなっている。

他人事ではない。

現実に、昨年2015年、兵庫県洲本市において、「近隣住民が自分を中傷している」という妄想にとらわれた男性が、近隣住民5人を刺殺した事件が起きている。

近隣住民も容疑者家族も、事件直前まで、何度も行政機関に相談に行ってはいたのだけれど、

適切は介入がなされなかった結果、罪のない人々が犠牲となった。

容疑者は何度も精神病院の入退院を繰り返していたそう。

「そのまんま一生病院に入れとけばよかったのに」と安易に私は考えていたけれど、

今は人権問題もあるし・・・人権論者は、被害者になる可能性の高い人間の「守る」人権は考えてくれない。

暴力的な患者は、スタッフや他の患者へ危害を加えることが懸念され、入院を拒まれることが多いそう。

その上、精神保健福祉法により、今は最長でも3ヶ月しか入院させてはもらえないらしい。

そのまま違う病院へ転院ということも、精神疾患者、特に暴力的な患者を受け入れるところはなく、

結局家族や近隣住民がその責任を負わされることとなるそうな。

家族は追い詰められ、「他人に危害を与えるならば、いっそうあの子を殺してくれ」となったり、我が子を殺したりする悲劇が繰り広げられる。

最近は、30、40代の子を持つ60、70代の親からの相談が増えているそうな。


「親の育てかたに問題があった」と著者は書いているけれど、

高度成長期の時代、日本人はとにかく働いた。

うちはその次の世代だけれど、夫は残業、残業で、家にいる時は疲れ切っていて、育児や家事を手伝うどころではなかった。

当時は皆そうだった。

「子供ともっと向き合っていれば」と言われても、精魂尽きて過労死寸前の中頑張って生き抜いてきた人たちを私は責めることは出来ない。

まぁ「不倫していて家に帰ってなかった」という人は例外では勿論あるけれどね。

でも、そういった「遊び心」も時に追い詰められた心を逃げすのに有効なのかもしれない、と今は思う。

「子供は親の背中を見ている。子供達に親として恥じぬ背中を見せていきたい。」と緊張感を常にもって頑張った私は、早々と体を壊した。

褒められたものではない。

かえって子供達の重荷になっているのではないか、と危惧している。

その重荷が今後災いにならねばいいが、と不安に思う時がある。


車のハンドルも適度な「遊び」が必要だ。

「遊び」がありすぎても、危険だし、怖くて運転できやしない。

その「適度」がなかなか難しいところだろう。


まぁ、重たい話だ。

こういった社会問題を扱った本は好きで読むけれど、

今朝も「首がいた〜い」と言っている私としては、実は重たい話はあまり書きたくはない。

どちらかというと、中村うさぎの下ネタを書きたい。

彼女のセカンドバージン事件には、新情報で驚いた。

閉経後、セックスもしなくなった彼女、ネットゲームで知り合った男性と久々にセックスしようと試みた結果、

膣が塞がって完遂できなかったそうな。

閉経とは、生理がこなくなるくらいのものだと思っていたけれど、筋肉が硬化してあそこも閉じてしまうらしい!Σ(◯o◎;)

そりゃまぁ、閉経後も定期的にセックスしている女性は違うのだろうけれど、

本来は子孫を残す行為であるセックス、生殖機能を失うと共に、性欲も失われがち。


第一、女性にとってはセックス前の準備がなかなか面倒だ。

まずは「ムダ毛処理」。

考えただけでも、もうめんどくせぇ〜σ(゜┰~ )アッカンベー!

黒ずんだカサカサ肌(最近乾燥肌でかゆい)の手入れ・・・保湿クリームで全身ケア・・・めんどくせぇ〜。

塗るのはムヒくらいで十分だ。

白髪染めも必要だ。生え際だけ白いのはなんかババ臭いというか貧乏臭い。

下着も、ディスカウントストアで売っている一枚140円のではちとまずい気がする。

かかとのザラザラだって問題だ。軽石買って手入れせねば。

何より、この3段か4段かわからぬようになっている腹の脂肪はどうする?┐( -“-)┌

また、「運動」自体がめんどくさい・・・ばあさんがマグロでいる訳にもいかないだろう。金を払えば別なのだろうけれど、金を払っても拒否されそうだ┐( -“-)┌。

まだまだ頑張っている閉経後の女性達よ、

私の分も頑張ってくれPAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゜`☆、。・:*:・゜`★


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-09-30 11:09

そうだ、温泉に行こう!

今日は雨です。気温は最高でも26℃の予報。

26℃だって暑いことは暑いのだけれど、あの真夏の記憶新しい時期では涼しく感じる。


ようやく疲れも取れ(もとはと言えば、雨の中、孫を背負ってディズニーランドを徘徊したから疲れた、という自業自得だ)、

今朝は寝起きからよく動けている。

しかし、副作用として、腰が痛い。

首が痛いのは、2006年春から1日24時間、毎日のこと。ここ数年は首の湿布はなかなか外せない状態。

その痛さに耐えて頑張れるかどうかの問題のみ。

腰痛も、今日は頑張れる気はしているのだけれど、うまく歩けなくなってきたので、今休憩中。

少しスムーズに歩けるようになったら、

今日はダスキンの交換日なので、もったいないからダスキンモップを思いっきり汚すべく、

エアコンの室外機や、窓の外側を拭いたりする予定。

4週間に一度は家周りも綺麗になる。

まめに掃除しているおかげで、我が家は年末に大掃除をすることなく済んでいる。

a0152078_11284214.jpg


昨日はアルトサックスは、30分も吹けなかった。

忙しかった訳ではない。

その意欲が湧かなかっただけ。

自主練の方法がマンネリ化して、モチベーションが下がっている。

ここまで来る前に、録音してみたり、動画を作ってみたりなどのちょっとした遊びも必要で、

過去はそれもした・・・youtubeにアップ。

アップした頃は、全くの初心者で、わざわざ自分の下手さを世間にさらした訳で、恥ずかしいことこの上なく、

師にも「完成させてからアップした方がいい。」とは言われたけれど、

落ちていくモチベーションを維持するに、私としては当時必要な行為であり、

それがあったからこそ、なんとか今まで続けてこれたかと思う。

そして、右股関節を人工股関節にする前で、どんどん悪化していたし、

両足の20年以上かかえた静脈瘤もどんどん悪化して、足の鬱血がひどく、4回の手術を乗り越えねばならなかったし、

首も常に湿布してねば、痛みで頭を支えているのもつらかった中、

なんとか私を支えてくれていたのがアルトサックスだったし、

体の問題で、続けることを断念すれば、その状況を乗り越える気力は失せていたであろう。

今も疾患箇所がいくつか変わっただけで、身体状況に変化はないのだから、

家族や孫のためにも、心だけは折れてはいけない!という想いはあるけれど、

当時より悲壮感はなくなった。

長男は、もう嫁にまかせとけばよく、嫁はしっかり者でよくできた女性だ。

こんな良い娘さんに嫁にきていただけただけで、長男は幸福者だし、親として私も夫も感謝する。

その上、可愛い孫までもうけていただき、その孫の子守までさせていただき、私はもういつあの世に逝っても何の悔いもありません、といったところだけれど、

自宅には、まだ独身の次男と長女がおり、この二人を片付けねば、私の役目はまだ終わらず、

もう少し頑張らねばならぬ・・・|( ̄o ̄)|→\( ̄O ̄)/→_(ーoー)_。

しかし、自分の演奏を録音し、動画作りを楽しむだけの元気がすでに生じず、

予約を入れたレッスン日まで一週間をきっているのに、

「温泉行きた〜い」と、サボることばかり考えている(⌒o⌒;A。

いっそう、日帰り温泉行ってのんびりした方が、その後の生産効率は上がるかも。

そうだ、そうしようヾ(@゚▽゚@)ノ


急いで、ダスキンモップを汚して、支度して出かけよう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*追記

家周りの掃除に精を出したはいいけれど、

満足いくほどダスキンモップを汚せたはいいけれど、

腰痛かかえた中でやったアホは、腰痛を悪化させ、歩行困難者となる(-"-;)

わたしゃアホの極みだ。・゚゚・(>_<)・゚゚・。ビエェーン...

とうてい一人で車を運転して日帰り温泉に行けるものではなく(車の運転はできても、駐車場まで行けない)、

自宅にて、温泉ごっこをすることとあいなりました┐( -“-)┌

娘に知られたら怒られるので、内緒、内緒。
by sizhimi | 2016-09-29 11:29

趣味から学ぶこと

今日は曇り。気温は最高で30℃まで上がり、昨日同様蒸し暑くなるそうな。

さりとて、夜は寝やすくなった。

老犬チャンプの咳もおさまってきて、夜中起こされることがここ数日なくなり、

朝のつらさもなくなってきた。

疲労感も昨日より薄れてる。

睡眠はやっぱり大事。


今朝は、ブログ更新しようとして、まずぶったまげた。

昨日のこのブログのアクセス数が405(ノ゜o゜)ノ オオオオォォォォォォ-。

そんな数字、このブログを始めて時期丸7年になるけれど、見たことない。

殆ど二桁で、たまに100をちょこっと超える程度できたのに、

それもようやくたまの100超えにも慣れてきたところなのに、

怖いだろ!Σ( ̄□ ̄|||)

地味にひっそり生きたい、地味な主婦で、地味に満足している。

a0152078_839582.jpg


来月のアルトサックスレッスン日を昨日予約した。

当初できていたフレーズが、何故か出来なくなり、その問題をクリアしてから・・・と思っていたけれど、

何日練習しても出来ない。

気になって、そこに近づくと緊張するから、余計に出来ない・・・悪循環。

そこに固執して、吹くことが苦痛になったら本末転倒・・・まぁ苦痛になることはままあるし、この4年半、何十回とそれを乗り越えてはきたけれど、本来はあくまでも「趣味」なので。

ここはプロの指導者にお任せしよう、とレッスンをしていただくことにした。

レッスン日が入ると、気持ち的にもシャキンとはする。

a0152078_8544071.jpg


昨夜、佐木隆三の『慟哭  小説・林郁夫裁判』を読み終えた。

自分の犯した罪の重さを認識した時、言葉ではいいつくせない苦しみがあったであろう。

それに向き合う勇気と強さを持ち得た人格者であるにもかかわらず、

オウム真理教という狭い世界の中で、麻原彰晃の指示に逆らうことが出来ず、その行為を「世の中を救う救済活動」と洗脳されていたことに驚くばかりであるけれど、

どういう心理状態から、そういった穴に陥るのか、なんとなく理解できるような気がした。

殺人に手を染めた実行犯の殆どが「死刑」が確定しているけれど、

死刑が執行される前に、彼らが、自分の犯した罪の重さをきちんと認識することを期待する。

でなければ、死刑の意味がないかと思う。


そっか、オウム真理教をとりあげたから、アクセス数が異常に多かったのかな。

しかし、私は佐木隆三氏の著書を読んだだけの話です。

ポアしないで下さいねm(_ _)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-09-28 09:12

やる気スイッチが見つからない

今日は曇り時々晴れ、の予報。

日中は晴れ、気温も30℃まで上がり、蒸し暑いとのこと。

久々に「熱中症注意!室温は28℃以下に!」とテレビが言う。

一昔前は「節電」を騒いでいたけれど、

今は医療費削減もあるし、熱中症で死亡する人も多くなり、節電より命が大事、か・・・

それとも原発推進の国の方策か。

どっちにしても国民は命がけ。


腰痛は杖なく外出できる程度に回復。

今回は回復が早かった。

しかし疲労感はまだ残る・・・ついつい背中が丸まってしまう。

数年前まで、少なくとも40代のうちは、こんなに何日も疲労感を残すことはなかったと記憶する。

年々老いてくなぁ〜(;~_~)9 ググッ!

5年後、60過ぎたら、どうなってるんだろう?・・・Ω\ζ゜)チーン


昨日は1時間半ほどアルトサックスを吹いたけれど、進歩なし。

これじゃあ、次のアルトサックスレッスンをお願いできない┐( -“-)┌。

もう月末だ。困った。さすがに困ってきた( ̄▽ ̄;)。

「これは脳に栄養がいってないからだ。」と、昨日は買ってあったステーキ肉300gを焼いて食す・・・昼食として。

しかし、効果は、夜、拭き掃除と猫じゃらしで猫と遊ぶのに性が出ただけで、

今朝も脳内はすっかりなまけもの化している。

a0152078_9401948.jpg


私の「やる気スイッチ」は何処にある?

ゴロゴロしているうちに、偶然「やる気スイッチ」が押されることを期待して、

ハーレムの如く、3匹の雌猫たちを周りにはべらせて(彼女たちはマイペースに寝ているだけ)、

「洗濯物早く干さなきゃなぁ〜。雑菌繁殖するよなぁ〜。臭くなるよなぁ〜。」

と思いつつ、ソファーでゴロゴロする今朝の私である┐( -“-)┌。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-09-27 09:52

地から足が離れぬように

今日は曇り時々晴れの予報。気温は上がり蒸し暑いらしいけれど、今の所は涼しい朝。


腰の痛みは大分おさまってはきたけれど、痛みに耐えて動くはやはり疲れる。

何より痛みでヨチヨチ歩きで移動しながらの家事は時間がかかり、

激痛になれば横になって休むから、昨日はさすがにブログまで更新する時間は持てなかった。


一昨日は、1時間ほどアルトサックスを吹けた。

「痛み」の気晴らしに好きな曲だけを吹いて過ごした。

こんな調子では、なかなか次のレッスンの予約を入れることが出来ない。

困ったものだけど、まぁこの体調に合わせて大手音楽教室をやめて、個人でレッスンをお願いする形にしたので、マイペースでいこう。


孫の子守で忙しかったり、

痛みも、腰だけでなく、膝や左手の腱鞘炎も加わったことにより、

「時短」と称し、毎朝「目覚まし」としていたメイクを、「たまに」にした。

「目覚まし」は、「アルガード眼洗浄薬α」と「リポビタンDスーパー」がやってくれるようになった。

自分への言い訳は、「大丈夫、メイクせずとも、私はまだまだ綺麗だし、可愛い( ^-^)旦ゞハンコ!(だからあえて化ける必要はない!)」

いやはや自己満足の世界・・・他人様の迷惑になるほど汚くもなかろうし(風呂には毎日入っているし、毎朝顔だって洗うし、体も拭く)、

第一、おばさんの容姿をそれほど気にする人もいるまいて。

a0152078_9323826.jpg


読書は、今は佐木隆三の『慟哭  小説・林郁男裁判』を読んでいる。

そのオウム真理教内で医療活動をしていた信者、地下鉄サリン事件の実行者の一人である元心臓外科医の林郁男の逮捕から裁判を描いたものである。

まぁあまり気持ちの良い読み物ではないけれど、

現実にあった事件だし、「仏教」と称し、ああいう思想にそまってしまう人が「いた」、いや現にまだ「いる」ことに驚愕する。

IS問題もそうだし、政治的イデオロギーもそうだけれど、

よく「地に足がついた生活」というけれど、地から足が離れてバランスを失った思考の恐ろしさを痛感する。


私の足はちゃんと地についているだろうか?・・・時に不安になったり、確認してみることも大事かと思う。

そういった意味でも、こういった本を読んでみることも大事かと思う。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-09-26 09:28

おばあちゃんの休日

今日は曇りのち雨。現在霧状態の我が家周辺。

今日は気温はそこそこ上がるとの話だった筈だけど、涼しい朝です。


子守で忙しかった今週、すっかり腰を痛め、「痛い、痛い」でヨチヨチ歩き状態。

こんな状態だからって、いや、こんな状態に慣れてしまっている我が家族はいたわってもくれないし、

夫は例によって早朝から丸一日ゴルフにお出かけ。

娘は大学。

次男はゆうべも会社から帰りが遅く、まだ寝ている・・・起きたって、何の役にも立たない。かえって仕事を増やしてくれるばかりだから、寝てくれていた方が助かる。

この土日は長男宅は、嫁が会社で、長男一人で子守。

ヘルプ要請ないことを願いながら、孫には会いたい・・・一昨日まで一緒にいただろうσ(^_^;)


一般の人がいう「ギックリ腰」状態の私、昨日は午後用あって外出。

頭の中では「痛い、痛い」で、杖つきながら必死に移動。

帰宅後、すぐに風呂にでも入って腰を温めたかったけれど、宅配便が来る予定があったので待っていた。

夫が帰宅したら、交代してもらって入浴させてもらおう、と思うが、

そういう日に限って、夫がなかなか帰ってこない。

いつもより遅く帰宅した夫に、何気に「今日は遅かったんだね」と言うと、

(仕事だと思っているから別に責めた口調ではなかったのだけれど)

夫「俺だって遅い時はある!」と何故かキレた。

私「いや、別に責めてないけど・・・?」

夫「そうか」

あらら・・・夫がこういう風に訳なく突然逆ギレする時は、やましいことがある時。

また女ですか〜?

別に嫉妬なんてしない関係ですから、逆ギレしないでもらいたい。

だいたい、夫が女好きなのは31年も連れ添っていれば十分知ってますから┐( -“-)┌。

出来れば、身一つで出て行っていただければ、さっさとこのマンションを売って、その金で、長男一家の近くに移住したいんですけど。

そこまで惚れる女もいないってことか?そこまで惚れてくれる女でもないってことか?

財産は一つも取られたくない、といったところか?

a0152078_8213195.jpg


一昨日の晩、次男が彼女を連れてくるというので、嫁が会社から帰宅し、子守交代するとすぐに帰宅。

まだ二十歳の女子大生さんで、なかなか良いお嬢さんで安心。

しかし、このお嬢さんが昨年付き合っていたお嬢さんと同一人物かどうか不明なので、余計なことは絶対口走らないよう注意、必須!!

現在27歳の次男は、一見イケメン風ゆえか?女には困らないが、お相手がよく変わるので、こちらも混乱する。

来年春には28になるのだし、そろそろ身を固めて出て行っていただきたい。

需要があるうちに結婚せねば、そのうち需要もなくなって、結婚したい時には「出来ない。・゚゚・(>_<)・゚゚・。ビエェーン...」にならなきゃいいけど。

長男とこも、嫁が二人目を希望しているし、私の体がまだ動くうちに、孫も出揃ってもらいたいものだ。

夫は、まぁ、あれでも子供たちの父親だし、孫のおじいちゃんだし、元気でいてくれればいいや┐( -“-)┌。


腰は痛いが、さっさと家事を終えて、今日はのんびりアルトサックスを吹いて楽しもう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-09-24 08:14

イク婆

今日は雨です。台風16号が近づいてきています。

関東地方は今夜襲われるそうです。

今夜でまぁよかったです。

一昨日から昨日まで例によって横浜へ孫の子守に行ってました。

ゆうべ帰ってくる時、もうかなりの雨で、高速も視界が悪かったですね。

慣れた道なので、ずっと追い越し車線を飛ばしていましたが、

車が外車のスポーツタイプでマニュアルだし、

私もまだそこまでの年寄りでもなく、車の運転だけはそれなりのスキルがあるつもりなので出来ることで、

皆様、安全運転で願います。

私だって勿論安全運転。

事故も嫌だけれど、警察に捕まるのも嫌なので(⌒o⌒;A


長男夫婦は共に祭日は会社が休みじゃありません。でも、保育園は休みです。

で、ばあちゃん出動、となる訳です。

今週は、また明日の夕方行き、翌「秋分の日」丸一日子守で、夜、嫁か息子が帰って来たら交代して帰ります。

我が子の時よりはずっと楽です。

歳はとりましたが、3人育て上げた経験もありますし、精神的余裕もありますし、

育児サークル運営時、多くの幼児を見てきたし、ホームヘルパーをやっていた頃に多くの家庭を見てきたし、

おかげで年の功で、それらの経験がスキルとなって役立っているようで、

そうそう私の人生も、輝かしいものではなくとも、そこそこ褒められてよいものかとようやく自負できるようになったといったところでしょうか。

a0152078_9515899.jpg


今日は「疲れている」というより、台風のせいで変形性頚椎症の首が痛いです。

かといって、また家を空けますので、留守番の夫が困らないようにしとかねばならぬので、やることは多く、

出来たらアルトサックスも少し吹きたいですね。

ただ、あまり頑張っちゃうと、若い頃のように無理はきかないので、そこら辺も考えて、自制して動かねば、

万が一、孫に怪我をさせるようなミスをしてはなりません。

若い頃のように体が動かない分、頭を使わねばならぬのが「歳をとる」ということなのだと、ようやく学びだしたところです。


そんな母の姿を見て、今「イクメン」の息子が、将来良き「イク爺」に育ってくれることを願います。
by sizhimi | 2016-09-20 09:40

老犬の介護・・・眠らせてくれ〜

今日はiPhoneによると「曇り時々晴れ」。エキサイトによると「雨時々曇り」。

さぁ〜さぁ〜、どっちだ?

要するに、曇ったり、晴れたり、雨が降ったりの不安定な天候ということで落着。

気温は最高で27℃。湿度が高いのが難・・・洗濯物は部屋干ししかあるまいて┐( -“-)┌。


読書は、昨日から
『発達障害の子どもたち』杉山登志郎 著
を読み出した。

身内に発達障害を疑われる人がいる訳ではないけれど、

私が子育てしている頃はなかった「発達障害」という言葉を最近よく耳にするし、

その内容について正確には私は知らないことにより、「知ってみたい」と思った。

著者は正確にその内容を、偏見を持たれないよう説明してくれている。

まだ途中なので、今はまだこれ以上のことは書けないけれど、

「自分には関係ない」と言う方にも、是非一読願いたい本である。

知ってて損はないし、何より、日本が、偏見なく彼らに対応できる成熟した社会に育っていくには、

正確な知識を皆が持つべきである。


その前に読んだ

『心に狂いが生じるときー精神科医の症例報告ー』岩波明 著

も、精神疾患患者に対応できる社会になるためにも、家族や己自身の早期発見のためにも、犯罪を未然に防ぐためにも、是非知っておいた方がいい知識となる。

やはり一読願いたい一冊。


「書く、書く」と言ってまだ書いていない

『脳が壊れた』鈴木大介 著

は、脳梗塞の後遺症という、今や誰もが他人事ではない内容。

41歳という若さで、脳梗塞で高次機能障害という脳疾患の後遺症を残してしまった著者が、

「ルポライターである」というプライドから、頑張って自分の状態を言語化している。

見た目には健常者に見えてしまうが故の脳疾患の苦悩や、

高次機能障害がどういったものか、など・・・脳疾患ということで、発達障害や精神疾患に共通する障害がある・・・

「自分は大丈夫」と思ってらっしゃる方でも、

高血圧や、身内に高血圧の方がおられる方には、予防にもなるので、やはり是非一読願いたい一冊。


その前に読んだ
『監察医が泣いたー死体の再鑑定』上野正彦 著

も上野氏のベストセラーになった『死体は語る』の続編で、監察医の上野氏が扱った事件を書いておられ、

自殺や事故に見せかけた保険金殺人がいかに多く、

またその多くが見逃されている事実を知り、

その無念を被害者がご遺体になっても訴えている、その声に耳を傾けることに誠実に、必死になられている著者に感銘を受ける。

これも「監察医」という職業に関して、多くの方に知ってもらいたいし、その責任の重さ、重要性を知っていただきたく、

こんな読者の少ないブログだけれど、書きたい、と思う。


のだけど・・・、

老犬チャンプ(チワワ、オス、12歳)の、認知症による、夜中の吠え・・・吠えると咳が出る状態なので、元気良く吠えながら咳をする(咳してるのか、吠えてるのかよくわからないが、元気いっぱい咳してる)。必ず夜中1〜2時間・・・により、今朝はまいっている。

検査設備が整った動物病院で検査をしてもらったけれど、

心臓疾患はさほど悪いものではなく、咳が出るほどではない、とのこと。

喉、気管など、異常なし。

結果、咳に関しては「原因不明」。

脳のCTなどは撮ってはいないけれど、トイレの失敗(今や必ず外してる。仕方ないので犬用オムツを使用する時あり)や、異物食い、夜中に吠える、年令から、やはり認知症が疑われる。


私は、昼寝しようが、しまいが、夜はとにかく眠る、眠れる。

真夏は、暑くて夜中に何度か目がさめることがあったけれど、ここ数日は夜は涼しく、

トイレに起きることなくよく眠れる、のだが・・・

必ずチャンプの吠え(咳)で起こされる。

ゆうべは特にうるさく&長く感じられ、

「やめてくれ〜、もういいから、死んでくれ〜」と思ってしまった。

しかし、吠え(咳)てるチャンプの様子はとっても元気。死にそうもない。

同居している次男と長女は、部屋のドアを閉めてしまえば大丈夫、とのことだから、

とりあえず、ご近所からのクレームは今の所きていないのが救い。

ご近所からのクレームがくるようになったら、費用はかなり高いけれど、老犬ホームに預けるしかなくなってしまう。


認知症になりやすいのは日本犬、特に柴犬という話だったけれど、

健康なチワワは長生きするので、やはり人間同様、認知症になるそうな。

その症状は個体差があるし、高齢になってもならない仔ももちろんいる・・・歳の取り方は、人間同様、やはり個体差がある。


で、犬の介護で疲れている今朝である。


あ〜、洗濯機が止まった。

働くべぇ〜|( ̄o ̄)|→\( ̄O ̄)/→_(ーoー)_


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-09-15 10:53

再発?鉄欠乏性貧血・・・不正出血

今日は、iPhoneでは「曇り時々晴れ」となっているけれど、

エキサイトでは「雨」となっている。

現状は、今にも雨が降り出しそうな曇り状態。

気温は最高でも26℃で過ごしやすいかと思う。


昨日は日中ダウン。

貧血によるものと思われる。

「あっかんべぇ〜」をしてみたら、下まぶたの内側が真っ白だ。


実は、多量不正出血から今日で5日目。

閉経後(閉経は婦人科において、血液検査で確定&証明済)も不正出血は度々あり。

閉経後の不正出血は、子宮筋腫によるものと、子宮体癌によるものの可能性が考え得るので、

続く場合は婦人科診察&検査は必須。

前回までは子宮体癌はなし。

子宮筋腫はあるけれど、前回の不正出血は、子宮内にまだ残ってしまっている内膜を押し出して空にしようという現象によるもので、心配は要らない、とのこと。

子宮筋腫は、本来は、閉経後は子宮に栄養がいかないため、自然に縮小していくものなので、経過観察中。

30代の時にも、こぶし大に成長した子宮筋腫があったけれど、3人目の出産後に消失していた。

不正出血は、いつもホルモン剤で治療。

今回も、10日以上出血が続けば、婦人科へ行く予定。


しかし、明らかに貧血が再発している模様。

もともと、しばしの鉄欠乏性貧血の治療通院後、

なんとかギリギリ正常値に入っている状態を維持できていたので、後は自己管理となっていた。

私の場合は、ヘモグロビン値のみでなく、フェリチン(貯蔵鉄)の値も1〜3を行ったり来たり状態だった。

貧血者によくある、氷をいつもかじっている癖もあり。

低血圧もあるので、いつもだるく、時に鬱っぽい、立ちくらみは「普通」になっていた。

治療後は、快適だった。


今日「貧血」の話題になってしまったのは、タイムリーに、NHK朝イチで「貧血特集」をやっていたから。

もう「ある、ある」で、

「病院行かなきゃ〜」と思うのだけれど、

一人で病院へ行ける元気がすでにない~~~~~(/ ̄▽)/ ~ф"

Amazonで、市販の鉄欠乏性貧血治療薬を注文・・・明日到着予定。

家族は、「レバー食え!」と言って出勤、登校・・・誰が買って来て料理してくれるというのか?

うちが利用しているネットスーパーでは、レバーは扱っていない。

プルーンはあったけど、ごめん!大嫌いなんだ( ̄▽ ̄;)

実はレバーも大嫌いなんだ。

そういや、横浜は上大岡に、「レバー料理の美味しい店があるから、今度連れていく。」と長男が言っていた。

そこのレバーはそこらのレバーと違って、嫌いな人間にも美味しく食べることが出来るらしい。

しかし、まずは一時間半、高速飛ばして行かねばならぬ問題あり。


幸い鬱っぽい気分はないのだけれど、

体だる〜い。

頭ぼや〜。

さすがにこの状態で、昨日はアルトサックスは吹けなかった・・・そんな元気があれば、病院へ行くべし!

死ぬぞ!お前!


そんな中でも、家中ダスキンかけ、便器を磨く(トイレ掃除)、食欲なくろくに食わない。

でも、痩せない(T_T)体重変化なし・・・標準体重(身長ー100に0.9かけたもの)より5kg多いσ(^_^;)。


病んでるんじゃないか?私!

そんな私が今夢中になって読んでる本が
『心に狂いが生じるときー精神科医の症例報告ー』岩波明 著

ブラック過ぎるだろ!Σ(→o←;;;


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-09-14 10:09

季節の変わり目のせいか?

今日は雨。それも大雨。ひたすら雨の1日らしい。

最高気温も昨日から30℃を切るようになっている。

こういった季節の変わり目は自律神経がついていかないせいか?憂鬱になる人、精神的に不安定になる人が多そうな。

で、今朝は、夫婦して「憂鬱だぁ〜」

夫は「憂鬱だぁ〜」と会社へ行き、

娘は「行きたくねぇ〜」と大学へ行った。

次男はゆうべ夜中に帰宅した模様。まだ寝ている。

我が家はこの現象をN(長男の名前)病と呼ぶようになった。

長男は、いつも泣き言を言いながら、そうやってストレスを小出しにして心の健康を保っているのだろう。

オーバーな泣き言の割に、やることはやる。

愚痴るだけ愚痴ったら、愚痴ったことをすっかり忘れている。

なんともめでたい性格なのだけれど、たまに振り回されるこちらにとっては、時に迷惑な性格。

そんな息子のお供は、酒ではない。

牛乳だ。

これは私と同じ。

酒が飲めない訳ではないけれど、私の影響で、うちの子達は皆牛乳をよく飲む。

アルコール依存症にならないのはいいけれど、

牛乳の飲み過ぎで時に腹を壊す。

私は日に1L飲む。1Lで我慢するようにしている。

それ以外にもヨーグルトも食す。

乳製品漬けである。

ついでに豆乳も飲む。

過ぎたるは及ばざるが如し。

私の場合、それで腹が膨れて、食が細い。

私の年代で、それほど牛乳を飲む人は少ないかと思うけれど、

かつて実家が牛乳販売店を営んでいたので、子供の頃、日付遅れの牛乳を水替わりに飲まされていた。

水は水道代がかかるけれど、廃棄処分にするしかない日付遅れの牛乳を、子供に飲ませとけば、廃棄の手間が省ける。

で、牛乳で腹いっぱいで、ご飯を食べ残すものだから、よく親に怒られた。

今思えば、とても理不尽な理由で叱られたものだと思う。

おまけに週に3、4日は下痢していた。

現代だと、これも虐待に入るのだろうか?

しかし、同級生のケーキ屋の女子は、肥満体だった。いつも甘ったるい匂いがしていた・・・やっぱりあれも売れ残りを食べさせられていたのか?

幼心に「ケーキ屋に生まれなくてよかった」と思ったのを記憶している。

そういえば、家がラーメン屋の女子は、いつもラーメンの臭いがしていて、ちょっと嫌だった。

まだ皆貧しかった昭和の半ば、商店街の子達は、皆子供の頃から家業の手伝いをさせられていた。

親が会社員のお宅の子達が羨ましかった。

第一、臭くないし、自宅にカラーテレビがあった。


あれ?

昨日から読み出した岩波明 著の『心に狂いが生じる時ー精神科医の症例報告ー』で、アルコール依存症患者の事例が出ていたので、

あれって本当に怖いんだな、と想像以上だったことを書こうと思って、何故か昔話になってしまったf(^ー^; ポリポリ

それより、私は鈴木大介 著の『脳が壊れた』の紹介をする、って昨日のブログに書いたっけf(^ー^; ポリポリ


9月病か?

いや、私はいつもこんなだ~( ̄△ ̄~)(~ ̄△ ̄)~

こんなだから、よく見も知らない年上の方に怒られる。

昨日も、スーパーマーケットで、惣菜のメンチカツが美味しそうだったので、「買おう」とつかむやつ(正式名がわからない)を持ったら、

キャベツメンチとプレーンメンチの2種類あって、どっちにしようか悩んで、一瞬ぼ〜っと突っ立ってしまった。

すると、やはりメンチを買おうと隣に立ったオヤジ(多分60代)が来た。

数秒して、メンチカツをとるつかむやつ(ごめん、やっぱ名前がわからない)が、私が手にしているの一つしかないことに私は気付いた。

即座に「すみません!キャベツとプレーン、どちらにしようか悩んじゃって」とつい反射的に言い訳をつけてしまった。

別に言い訳したかった訳ではなく、その言葉が出る前に、ちゃんと脳は働いていて、

もしかしたら惣菜メンチカツの常連客かもしれないそのオヤジから、「その二つの違いの情報をゲットできるかもしれない」と頭が働いた上でのセリフだった。

情報は得られなくとも、ちょっとしたコミュニケーションをとれると期待した・・・おばさん同士だと、ここでちょっとした会話が生まれるものだから。

「両方買や〜いいんだ!」と怒られてしまった( □ ;)ションナ...。・・・季節の変わり目でイライラしてる?高血圧?脳梗塞になるよ。

「お買い得!キャンペーン中につき1個138円」のそのメンチカツはデカいんだよ(`´メ)

2個も食えるかよ凸(-_-メ) Fuck You!!

しかし、このオヤジは2個買うのか?と観察していたら、

オヤジはキャベツメンチを1個買っただけだった。


どうも私は年上男性との相性が若い頃から悪い。

なんかよく叱られたり、怒られたり・・・そんなに私は生意気そうか?(。゜)(゜。)? ハテ?

年上は2歳年上までしか交際したことがなく、それが我が亭主だ。

それ以上上は、どうも「上から目線」でくるからむかついてダメだった。

年下は、弟が2歳年下なので、2歳以上年下だと弟と重なってしまってダメで、

要は許容範囲が狭い。


帰宅した夫に、「今日またどっかのオヤジに叱られた。どうして私はオヤジに嫌われる?」と嘆いていた。

夫「俺にはわからないな。俺はべつにNちゃん(私のニックネーム)が嫌だと思うことないし。」

この時夫はまだ酒を飲んでなくシラフ。

酒が入ると、たまに私への不満をきつく言うくせに、と思いつつ余計なことは言わぬが仏。

ただただ、つくづく、「オヤジは避けて生きよう」と自分に言い聞かせる社交不安障害を抱える我である。


*もちろん良い方が殆どでらっしゃる・・・と思う。
それに、どうも私が説教したくなるような抜けたおばさんであることも原因なので、
アラ60以上の男性の方々全てを否定するものではありませんm(_ _)m



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by sizhimi | 2016-09-13 10:45


頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりチタンボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症&両手親指付け根変形性関節症温存療法中とあまりの疾患の多さに自分でも忘れ、あきれている整形外科と縁が切れそうもない50代主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

平和ではなくなった日本の夏
at 2017-08-11 09:05
リハビリの夏、読書の夏
at 2017-08-10 09:24
コアサーキット
at 2017-08-07 12:40
痛み止めだった筈のリリカカプ..
at 2017-08-01 08:09
ドラッグのような薬リリカカプ..
at 2017-07-31 22:14

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

画像一覧

フォロー中のブログ

ironのブレブレ写真館
1*ときどき*5
地域情報発信基地in高知
White Board -♭
がちゃぴん秀子の日記
Dreary Day
  P & F comp...
司法書士 行政書士 柿本...
walk with my...
Yume-maboroshi
人生とは ?
ねこ旅また旅
皿 皿 碗 碗 ;週末陶...
君の笑顔に逢いたい
アメリカからニュージーランドへ
*しゅきしゅきしゅきよ~...
こころのまんなか。
えびぞう翁の徒然日記

検索

タグ

(24)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

ブログジャンル

つぶやき
病気・闘病

ファン

ブログパーツ

https://www.instagram.com/tamagofurikake07/?hl=ja