<   2017年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

歳はとりたくないものだ・・・1日が早い

今日は昨日よりは暖かいようだ。

しかし曇り。

どっちみち、花粉が洗濯物につくと後が困るので、洗濯物は室内干し。

大物だけはしょうがない。外に干して、後から掃除機をかけるしかあるまいて002.gif

で、午前中、洗濯機をまわし「いざ干そう!」という時にはもうエネルギーが切れて疲れている。

で、いったん休憩。

そのくせ「眠る」エネルギーには事欠かず、よく眠ることが出来る・・・余計に1日が短くなる008.gif


まだまだパワフルな50代半ばの方もいらっしゃるのに、

情けないことに、私はすっかりお婆さんだ007.gif

それでも休み休み、せっせと働き、あっという間に1日が終わる。

どころか、1日の仕事が終わらないうちに1日が終わる( ̄▽ ̄;)


歳はとりたくないものだ。

女性ホルモンが枯渇後、体型も下半身がどんどん象さんになっていく┐( -“-)┌

「楽だから」とスポーツブラを着用するようになったら、普通のブラをたまにつけると違和感でストレスとなり、すっかりスポーツブラ派になってしまった。

かつては懸命に「寄せて上げて」に苦心していたのに、

今や「つぶして広げて」だ{{{{(;>_<)}}}}


歳とって良かったことも勿論いっぱいある。

1日が短いから、あれこれ余計なことを考える時間がない。

そんな時間があれば、せっせとストレッチや軽い筋トレをして、寝たきり老人予防をせねばならないし、

せっせとアルトサックスを吹いて、認知症予防もせねばならない。

最期まで、せめて自力でトイレへは行きたい。

a0152078_11080956.jpg

可愛い孫にも会えて幸せだ016.gif

孫に会いたいなぁ〜、と、昨日嫁から「火曜日から3連休」のメールをもらい、思わず「行こうか?!」と思う。

しかし、姑にそうそう来られても、嫁としては迷惑だろう。

ぐっとこらえて、たまった仕事を片付けよう・・・するか?f(^ー^; ポリポリ


整骨院にも行きたいが、曇った空が「めんどくさいよ〜」と囁く。

耳鼻咽喉科にも行かねば、出張から帰宅した夫に叱られるけれど、やはり曇った空に「ごまかしちゃえばいいさ」と囁かれる。

あ〜、私の中には悪魔がいっぱいだぁ〜025.gif


頑張れ!!たまごふりかけS(私のHN)047.gif



by sizhimi | 2017-02-28 11:08

医者運・・・口内炎が治らない

今日は寒いです。

最高でも9℃までしか気温が上がりません。

通常2月なんてこんなものです。

東北や北海道の方々が読めば、「何ふざけたこと言ってんだ!」とお怒りになるやもしれません。

しかし、関東、それも首都圏で生まれ育った人間は、この寒さに適応できません002.gif


以前、北海道出身のママ友さんがいましたが、「東京は寒い」と言っていました。

不思議に思ったら、北海道は家の中がとても暖かく、こたつもなければ、厚手の毛糸のセーターも着ることなら、もちろんドテラなんて着ることもなく、真冬でも室内では半袖Tシャツで過ごすと言ってました。

もちろん窓ガラスも2重になっているそうです。

ちゃんと極寒に適応できるようなアイデアがいっぱいなのでしょう。


その点、関東首都圏はある意味温室で、そういった知恵が浮かばないのかもしれません。

地方には地方の良さがあり、そこで暮らしていく知恵がある。

テレビから流れる東京の情報は輝いて見えることもあるかもしれないけれど、

みんな灯台下暗し。


この寒い中、できれば家の中でぬくぬくしていたい。

しかし、そういう訳にもいかない。

でも出来るだけ必要最小限でいたい。

空だって曇っていて、今にも雪でも降りそうだし。

しかし、口内炎があまりにも治らない。

昨日から舌先まで炎症を起こし、ピリピリと痛い。

歯科治療後からなのだけれど、行ってる歯医者の老医師は、歯を削ることが好きで、歯茎を治す気は全くない。

口腔外科の看板もあげているならば、自分が起こした歯茎の急性症状もきちんと治療して欲しいものだ。

そして治っていないのに、次々と削っては新しい詰め物を入れようとする。

こう言っちゃあなんだが(お怒りになるシニアも多かろうが)、

年寄りに車と歯を削る道具を与えてはいけない!・・・と思う昨今である。凶器だ(゜o゜;) ドキドキ...


心配した夫が、耳鼻咽喉科へ行くよう強く言う。

今日から大阪出張。

帰ってくるまでに、ちゃんと咽喉科で診察を受けるように!とのこと。

ほっとくと時に悪化して舌癌になるものがあるらしい。

私の場合はいつも自己免疫力で自然治癒できず、悪化する。

過去の経験から、自然治癒は期待できない、とのこと。


確かに、歯科治療を始めた1月中旬から歯茎の炎症で苦しみ、

今回の口内炎の箇所はもう20日その状態が続いている。

歯医者に行く度に訴えているけれど、とりあってもくれない。

歯医者を変えたいけれど、左下に新しく入れたブリッジの歯がまだ仮止め状態。

歯茎が炎症を起こして不安定なので、本入れできないとのことだった。

ならば、歯茎が完治してからを希望したけれど、入れといた方が歯茎をまだ守れるという言い分だった。

会計はすでに済んでしまっている・・・21万円(|||_|||)ガビーン

本入れまでの分が含まれているので、他で本入れをするとなると余計に金がかかってしまう(T_T)。

とりあえず、ここを本入れして欲しいけれど、

仮止め状態のまま他の歯の治療をしようというは、

ここを本入れしたら、私が他へ逃げることを見込んでか?


歯茎の状態が治らない日が長引くにつれて、ストレスも少しずつ積み重なってきた気がする。

「さぁ〜耳鼻咽喉科へ行こう!」とテンションもモチベーションも上がらない。

「もう嫌だぁ〜!病院なんて、歯医者もしばらくは行きたくない007.gif」といった精神状態(;~ ・~)>


医者ってそんなに偉いのか?021.gif

女の子をレイプしても許されると思い込むような世界にいるのか?(昨今騒がれているニュースから)039.gif


偏差値が高かっただけじゃん。

私だって行こうと頑張れば行けたし、うちの娘だって行けたよ。

でも医者って、そういうのでなるもんじゃないだろーがヽ(`⌒´メ)ノ。

助けろよ!

患者を助けろよ!

逆にいじって今まで問題なかった箇所に炎症を起こすなよ!

それってある意味医療ミスじゃないんかい?

a0152078_13413165.jpg

どうも医者運がいつも悪い私である008.gif



by sizhimi | 2017-02-27 13:37

腰痛再発

珍しく、寝っ転がってスマホで更新中。

腰痛の為である。

昨夜は、夫が会社の懇親会で帰宅が遅かったのもあり、

夜、フローリングにダスキンモップをかけた後、

雑巾掛けしてた。

もちろん除菌。

除菌マニアですから(`_´)ゞ。

ここのとこ腰痛が治っていたので、学習能力に乏しい私は、例によって調子にのった。

結果、腰痛発生。

その上、今日は孫のお昼寝アート撮影に同行する予定になっており、

早起きしてバタバタとお出掛け準備。

バスに乗り、息子に「今家出たよ」とラインメールを送ろうとしたところ、

夜中の3時近くにキャンセルメールが着ていた。

孫が夜中に突然嘔吐しだしたそうだ。

昨日の夜9時頃嫁からメールが着ていたけれど、その時は孫はまだ元気だったようだ。

私も昔経験があるけれど、幼児の嘔吐下痢はあまりにも突然。

長男と次男が一緒に元気にリビングを走り回っていたかと思ったら、突然吐き出した。

2人してカーペットに上に吐きまくり、

最初は「ふざけて走り回ったからだ」と思っていたら、だんだんぐったりしだし、救急病院に駆け込んだっけ。

当時(26年前)は、ノロウイルスという名称はなく、感染性嘔吐下痢症という名前だったっけな。

次男は脱水症を起こし、翌日から1週間入院した。


それは兎も角、キャンセルメールに朝気づけばよかったのだ。

私はメールチェックをマメにしない。

だから「急ぎの時は電話して」と家族や親しき人には言ってある。

しかし夜中のことだったので、息子も電話は遠慮したのだろう。

ラインメールだから、既読にいつまでもならないのに気付いて、朝にでも電話をくれればよかったのだが、

男の子はそういう点まで配慮しないし、我が子のことでいっぱいいっぱいで、親どころではなかったかと思う。

私もメールチェックをもう少しマメにすればいいだけの話なのだけれど、

面倒くさくて、大便中に暇だからトイレで便器に座りながらチェックするくらい。

マメにメールチェックしている様子がうかがわれたら、それは私が下痢中と思っていただいていいし、

なかなか既読にならない時は、便秘中と思っていただいて構わない。

今朝は忙しくて、💩しなかったから、そのメールに気づかなかった。

今やメールの時代で、なんでもメールだから、それに適応せねばならないことは重々承知だけれど、

おばさんはメールがめんどくさい(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

「メル友」なる者にはなれやしない💦

それはまぁ置いといて、整骨院に行きたい。

腰痛をなんとかして欲しい。

しかし、孫に会えなくなり、がっくりきたら、もう腰痛で動けない_:(´ཀ`」 ∠):

座ってても痛ければ、

こうやって横になっていても痛い。

もう一頑張りで、電動自転車にのって5分こげはいいのだ。


なかなかだ(;ω;)

by sizhimi | 2017-02-25 10:15

サバイバルな歯医者

今日の天気 2月24日 (

くもり昼過ぎから夕方晴れ

曇時々晴
最低気温
5
最高気温
12








一見この時期としては暖かそうな予報だったけれど、

なんか寒い。

先日の水曜日も「暖かい」というからマフラーをせずに外出したら、寒かった。

天気予報の「暖かい」「寒い」はあまりあてにならない。

a0152078_17011960.jpg

今日は歯医者と整骨院の予約が入っていたので、アルトサックスは1時間しか吹けなかった。

そろそろメインのYANAGISAWA(901)をメンテナンスに出さねば。

で、昨日からサブのYAMAHA(62)を使っている。

昨日持っていけばよかったのだけれど、

吹き出したら楽しくて、そのまま3時間吹き、疲れてこたつで寝てしまった。

目覚めた時には夫帰宅予定時間の直前。

それどころじゃないジタバタo(><o))((o><)oジタバタ



今日は歯医者から早くに逃げられたけど、寒いからもう出かけたくない( ̄▽ ̄;)

この歯医者、医師がおそらく70代(80はいってないとは思う)の爺さんで、なかなかの土建屋風もしくは群馬の農家の爺さん風。

要は治療が強引かつ乱暴002.gif

虫歯を見ると削りたくてしょうがないらしい┐( -“-)┌

あまり患者が来ない事もあり、いつも空いているし、ゆえに予約も入れやすいし、突然行っても大丈夫。

しかし、次の犠牲者が来ない限り、最長で私は2時間半、あの治療椅子に拘束された。

痛くても、しみても「耐えろ!!」と歯医者で言われたのは初めてだ!Σ( ̄□ ̄;)


ちょっと削るだけならば麻酔は打たないが、

その「ちょっと」が続くと、どうも患部が熱を持ち出して「痛み」が出るらしい。

「痛い」と訴えると、「熱持ち出したな〜」と言いながら、削り続ける。


右下の治療をした時、その後判明した樹脂アレルギーで歯茎が炎症を起こし、痛くて痛くてものも食べられなくなった。

右はその炎症が治るまで治療を続けられないから、と左の方を治療しようとした。

右では激痛で全くものが噛めないのに、左までやられては、私は餓死してしまう008.gif

一瞬言葉なく驚いていると、助手さんがさすがにストップをかけてくれた。

しばし、私の代理となって助手さんが爺さん医師と戦ってくれて、

とりあえず右下の治療後の歯茎の炎症を治すが優先となった・・・当然だ( ゜ー゜)_中☆)>_<) ピコンッ

それでも、医師は助手さんの目を盗んで、左上の細かい虫歯をちょこちょこと削って治していた。

虫歯を見るともう我慢していられないらしい。

おかげで私はしばしお粥生活となったといういきさつがある。


おまけに爺さん、もう目も悪い。

歯を削っていて、歯茎を削る時がある。

もちろん出血する。

止血に時間がかかる。

おまけに傷ついた箇所が口内炎になる。

ただし、その日の治療費とロキソニン(痛み止め)と塗り薬が無料にはなる。


かぶせる作り物の歯を、何度も落とされることもある。

床に落としときながら、エアーで埃を吹き飛ばすだけで、私の口の中にはめる。

除菌マニアの私としてはとても怖い。

a0152078_17003740.jpg

「なんでそんな歯医者に行ったんだ?!」と娘に叱られた。

私「いや、すぐ予約とれたから。それに父(うちは亭主のことをお父さんではなく「ちち」と呼ぶ。ちなみに私は「はは」である)の紹介だから。」

娘「もうその時点でアウトでしょ!」


さすがの夫も、治療に行く度に、私が「痛い、痛い」と泣き、時に激痛で眠れなかったりするので、

「治療途中でも、キリのよいとこで他の歯科に変えた方がいい。」と言いだした。


今日も、まだ左下の歯茎の口内炎が治っておらず、痛いのに、

左上の治療をしようとした。

「いや、まだ口内炎で痛いから、それが治ってからお願いします。」と言ったら、

関係ない」と言いだした。

上も下も痛くなってはかなわないし、患者は私一人。

長時間拘束されるのは予想できる。


明日は孫のお昼寝アートに同行する予定になっている。

朝早いんだよ!!

また歯茎の激痛で眠れなかったら困るんだよ033.gif


そこで再び助手さん登場。

私の代わりに爺さんと戦ってくれた。

爺さん、ふてくされて控え室に入っていってしまった。

そういうとこが、うちの舅(夫の父)にそっくりで笑ってしまう。

夫も私もそういう爺さんに慣れているからいいけれど、そうじゃない人はきっと怒るだろう。

まぁ、だから患者が少ないのだろうけど。


会計時、助手さんが私に気を使って「気にしないでね。悪かったとか思わないでね。次もまだ痛かったら予約は電話でキャンセルしていいからね。」と言ってくれた。

私もこの爺さん歯科医は嫌いじゃない。

なかなかネタになる003.gif


しかし、歯を削る時はもうちょっと繊細にいこうよ。

今日削られた歯が痛い今である。





by sizhimi | 2017-02-24 17:04

歳はとりたくないものだ・・・体が重い

今日は暖かいという話。

この時期「暖かい」と雨が降る。そして今、外は雨。


バルコニーで、ひさしで雨が防げる所にバスタオルといった大物は干す、というか干さざる得ないけれど、

花粉症の時期は他は殆ど室内干し。


くしゃみ、鼻水、かゆかゆ、喉のイガイガ、時に下痢、

娘なんか「目玉を取り出してタワシでゴシゴシ洗いたい」状態となる。

私は、昨日書いた通り、くしゃみや鼻かみでちびる002.gif

無事は次男のみ・・・こいつは自己免疫力が弱すぎて、花粉と戦えないのだろう。

夫は室内でも、睡眠時でもマスク着用。


今日は天候のせいか?花粉症の症状は特に出ていない・・・まだ一歩も外に出ていないけど。

体が妙に重い。

もう毎日のこと。

年々重くなる。

これ、歳と共に筋肉が減るからなのだろう。

筋肉が減るから太りやすくなる。

その太った体に見合った筋肉がついていない。

どんどん体が重くなる。

悪循環である。

寝たきり老人にならないよう、その日を出来るだけ伸ばせるよう、せっせとタンパク質を食し、

せっせとストレッチポールでストレッチ運動をしている。

おかげで腰痛は大分良くなった。

「寝たきり」とか「認知症」が他人事ではなくなってきている証拠である。


昨日なんか、確かまだ61歳だったかのおじさんが、軽自動車で高速道路を逆走し、トラクターと正面衝突して死亡した。


1日が早い。一週間も早い。あっという間に今年の夏で56歳だ・・・還暦まであと4年。

61歳の逆走交通事故も他人事とは言えない歳に近づいてきている。

私はまだ大丈夫だろうか?

最近は怖いから、あまり車の運転をしなくなった。

幸い、パスや電車、電動自転車で移動可能な場所に住んでいる。コンビニもドラッグストアーもディスカウントショップもすぐ通りの向こうにある。

これ以上田舎には行きたくない・・・田舎の方、ごめんなさい。都会育ちなので弱いのですΩ\ζ゜)チーン。

出来れば、老後はもっと便利な都会に住みたいくらいだ。

a0152078_14121657.jpg

毎日アルトサックスを吹いているのも、いつの間にか「ボケ防止」を意識した習慣となっている(⌒o⌒;A


「リズムに問題あり」と、前回同様昨日も師に「メトロノームでの自主練」を指示された。

そのメトロノーム、すでに、何度か猫にピアノの上から落とされ、壊れて捨てた。

昔からあるあの三角形で振り子が右左に動くものだと、猫がとても興味を示す。

同じものを買っても、また猫にいたずらされて壊れることは予想がつくので、

仕方なく、小型の電子タイプのものをAmazonで注文した。

そして今届く・・・頑張るかぁ〜|( ̄o ̄)|→\( ̄O ̄)/→_(ーoー)_


しかし、午前中「体が重い。働きたくない。」とダラダラしていたら、時間はあっという間に経ち、

ろくな事もしていないうちに午後2時になろうとしている。

私の時間はワープしてるのか?076.gif


50歳を目前としたサックスの師曰く「50歳は時間が1/50になるそうだよ。」

恐ろしい(|||_|||)ガビーン



by sizhimi | 2017-02-23 14:14

歳はとりたくないものだ・・・尿漏れ

a0152078_18061845.jpg
a0152078_18053009.jpg
今日は久々のアルトサックスレッスンだった。

前回は11月で、12月は私がヘルペスになり、1月と2月上旬は受験生の受験間近のレッスンで師の方が忙しかったのか?

レッスン予約が入れられず・・・私も腰痛やら、歯科治療による急性歯肉炎(今は歯科樹脂アレルギーと判明)と口内炎)で「痛い、痛い」の日々だったし、

でとうとう2月下旬の今日となっていた。


この直前は次男の溶連菌感染症で、大人が40℃の高熱を出すといかに恐ろしいかを知り、

次男が救急車で運ばれた先の千葉徳洲会病院は神様みたいな病院とスタッフで、

その数日後、次男のその後の具合を心配して電話をしてくれて、

その上、健康相談にものってくれ、「私と娘の具合がわるい」ことを伝えると、

「すぐに溶連菌のキッドがある病院へ行って検査をするように」と指示してくれた。

早期発見ならば、次男のようにはならずに済むそうな。

病気はなんでも早期発見が大事なのだな、と痛感した( ̄▽ ̄;)


で、早速かかりつけの近所の内科で検査したところ、私も娘も無事だった・・・免疫力がとりあえず溶連菌に勝ったぞy(^ー^)yピース!

しかし、安心したのもつかの間、

今度は花粉症が襲ってきた。。。。゛(ノ><)ノ


私のレジン(歯科樹脂)アレルギーの後遺症の口内炎はまだ完治していない・・・さすがにお粥生活は卒業できた。


先日の土日は、溶連菌の発症が怖くて私は家から一歩も出ず、体力温存。


しかし、昨日洗濯物を干そうとバルコニーに出たところ、風がひどい。

その風にのって花粉が飛んできたのだろう。

バルコニーに出た途端、くしゃみが激しく続き、恥ずかしながらおしっこをちびった。

よる年波にはかなわない。

くしゃみや、強く鼻を噛んだりなど、ひょんな拍子にちびる008.gif・・・縄跳びなんかめちゃヤバい。

朝着替える時は必ず「尿漏れパッド」を下着にあててるけれど、その時はあてていなかった。

今朝なんか、うんちをちびった007.gif

オムツをはく日も近いのか?002.gif008.gif007.gif


もちろん鼻水もひどい。

BOXティッシュがすぐなくなる・・・家計に響く。


これ、自宅の中だからいい。

汚してしまったパンツもすぐ取り替えることが出来る。

しかし外出時は心配だ。

尿漏れパッドは勿論のこと、

花粉症に効果があるというユーカリ系のアロマオイルをアロマペンタンドに染み込ませ、首からぶら下げる。

マスクも勿論必須034.gif


歯医者も次の金曜日に予約が入っている。

もういやだぁ〜033.gif

でもまだ治療途中。


そういや、閉経後は、多量の汗をかかなくなった・・・しかしホルモンの関係か?どんどん太っていく∫(TOT)∫ムンク。

憂鬱にだってなりゃしない026.gif

あれらは更年期障害の一症状だったのだろう。


しかし、閉経し、女性ホルモンが男性より少なくなってしまった今、

「女を捨てている」というか、女の恥じらいを失っている。

「恋をしたい」どころの話じゃない。

尿漏れをなんとかしろ!

「不倫してみたい」どころじゃない。

うんちちびるなよ!



by sizhimi | 2017-02-22 18:03

(おとな)溶連菌の恐怖

今日の天気 2月16日 (

晴れ夜くもり

晴のち曇
最低気温
2
最高気温
15









今日は暖かい。

しかしダウン中002.gif

ようやくパソコンにむかってブログ更新できるまでの元気は出てきたところ。

a0152078_15313986.jpg


原因は次男の溶連菌感染症による高熱続きのため。

次男は現在27歳。40度を越す熱が出たのなんて初めて。

そして、その高熱が出だしたのは先日12日(日)、東京は外れ、多摩地区に住む彼女んちに遊びに行った時。

高熱の原因が溶連菌と判明したのは、昨日15日早朝。

明け方、救急車を呼ぶことになり、救急で診てもらった結果。
a0152078_15292171.jpg



高熱後頭部の激しい頭痛関節の痛みで、次男は電車で片道2時間あまりのところを自力ではなかなか帰れず、

13日(月)に彼女んちの近所の内科の開業医に診察に行った。

しかし、「よくわからない。リンパに菌が入ったのではないか。」ということで、一応抗生剤と解熱薬を処方してもらったそう。

まったく良くならないし、平日に入り、彼女とはいえ、普段一緒に暮らしている訳ではないし、

他人の部屋で一人で病気で寝ているのもつらいもの。

で、14日(火)、やはり彼女んちからは一番近い、そこらでは一番大きいらしい八王子総合病院とかへ行ったそうな。


扁桃炎との診断を受け、

40度の高熱のまま、なんとか我が家最寄の駅まで電車で帰ってきた・・・駅までは私が車で迎えに行った。


その時点では、私もいずれ救急車を呼ぶようなことになるほど大事になるとは想像だにしていなかった。

わかっていたら、八王子だろうが、車で迎えに行った・・・もうすぐ28歳になるいい大人の息子だけど、だからこそ万が一死なれたらかなわない( ̄▽ ̄;)

a0152078_15305147.jpg


話は長くなるので・・・何より私が今具合が悪いので、話は飛ばし、


頭痛もいつもの痛みとは違うというし、何より辛さが今まで体験したことがないものだったそうで、

不安にかられた次男はその晩、自室ではなく、私と夫の寝室の隣のリビングに布団を敷いて苦しんで寝ていた。
(唸っているから、心配でこちらも一応気が気ではない。)

ちなみに夫は、例によって中国は大連に出張中。

次男、「動けない」「水分摂らなきゃ」「ホットカルピスが飲みたい」と言うので、せっせと飲み物を作っては運び、

そのうち「寒い、寒い」と大騒ぎ。

そして、とうとう「呼吸ができない」と言いだした。

そして熱性痙攣を起こした。

救急車を呼ぶ。

本人、首から下が痺れて自力で歩けず、担架で運ばれる。


運ばれた先は千葉徳洲会病院・・・今や「神様の病院&医者」と次男の中ではなっている。
(反して、「八王子総合病院は訴えてやる!」と次男は息巻いている。)

すぐ受け入れてくれて、即処置に入ってくれて助かった。

連れ添った私は、すぐに隣の家族待合室に誘導されたので、処置のあたっていた1時間あまりのことは見てはいないのだけれど、

次男の話では、首の後ろと首のリンパを触って、すぐに「溶連菌だ」と医師は判断し、

抗生剤の点滴の指示をし、同時進行で採血、そして検査に回したそう。

そして検査の結果も溶連菌陽性で、高熱と後頭部の激しい頭痛の原因となっているものが判明した。

痺れなどは脳が酸欠状態になったが為だそう。


a0152078_15300642.jpg


溶連菌感染症は、次男は昨年10月になり、ちゃんと2週間薬を飲んでいる。

前2回受診した病院では、「溶連菌になっているならもうならない」とのことで、最初から検査もしなかったそうな。

しかし、溶連菌は実は何度でもなる。

前のが完全に殺せなかった場合もあれば、

溶連菌と呼ばれる菌は何種類もあり、それぞれが別なので、その一つや二つに一度なったからって、免疫ができて、全ての溶連菌に免疫を持つ訳じゃあない。

そして、傷口などから溶連菌に感染した場合、それは俗名「人喰いバクテリア」となり、致死率は3割と高い。


a0152078_15303147.jpg

今日16日(木)も、次男は会社を休み療養中。

溶連菌に対応した抗生剤を服用して24時間以内は感染力が高いから。


今はようやく熱は37度台まで下がって、動けるようになっているけれど、

体力がまだ戻らず、お粥いっぱいも疲れて完食できず。

しかし、明日には熱も下がって、若いから体力もすぐに戻るであろう。


a0152078_15365965.jpg

ダメなのは私である。

徹夜で我が子の看病なんて、もう20年ぶりくらいだ。

若くないだけではなく、体が弱い。

次男が体が弱く、何かとすぐ病気になるのも、体質が私に似てしまったせいだし、

私も今は亡き実母に似てしまったせいだ。


私なんかもう高熱も出ない・・・自己免疫力くんがウイルスや菌と戦ってくれない。さぼってるのか?

いつもだんだん倦怠感が増し、動けなくなり、血液検査をすると、

検査結果が「体内が炎症をおこしている」「肺炎になりかかっている」となる。

今回はそうならないことを切に願うm(゜- ゜ )カミサマ!


a0152078_15363922.jpg
昨日、救急から次男を連れて帰り、まだ頑張ったけれど、

残念今日は頑張れない。

頑張りたいけど、ちょっと動くと疲れてダメ。


夫は今夜大連から帰国するけれど、きっと相変わらず役にはたつまい┐( -“-)┌


娘は「喉が痛い」と言いながら大学へ行った。

熱が出たら、すぐに病院へ行くよう指示した。

早い手当ならば、今回の次男のようにはならないだろう。

何より、私が死んでしまう。

次男を搬送中の救急車の中では、苦しむ我が子を見て、

「お母さん、この子を連れて行かないで!助けて!代わりに私を連れてって!私が逝くから、この子は守ってやって!」

と祈ったけれど・・・

やだ!まだ死にたくない!

溶連菌なんかで死にたくない!



来週は久々のアルトサックスレッスンが入っている。

ここのとこ頑張って自主練してきたのに〜007.gif

明日は復活して元気になっているといい・・・と願っている今である。



by sizhimi | 2017-02-16 15:39

おばさんですから・・・読書録つき

a0152078_11132033.jpg
いったい昨日は何があったのでしょう?

このブログへの訪問者とアクセス数が500超えという異例という、

私としてはぶったまげ005.gif!Σ( ̄□ ̄|||)の数字でした。


2009年からここでブログを始めて、まったく初めてのことです。

そんなに多くの人に見られて、実に恥ずかしい!Σ(→o←;;;

もう少しまともなことを書くべきでした。


訪問者なんて当初は10人にも満たず、

ここのとこようやく30〜60人といったところで、たまたま来ちゃっただけで、読まずにスルーする人が8割とみて、

世間体も何も考えず、言いたいこと言い放題、文法だってめちゃくちゃだし、昨今は「おばさん根性」丸出しだし002.gif


まぁ、あの産婦人科の分娩台に3回のぼれば、大抵「恥」というものを捨ててきちゃいます。

かくして「おばさん」は出来上がるのです。


あの松本伊代と早見優だって、若作りはしているものの、やっぱり50過ぎた子持ちのおばさんです。

おばさんが2人以上集まると、ろくなことをしません。

世間でなんだかんだ叩かれようと、おばさんとはそういうものです。

おばさんを妻に持つおじさん方はもうもう十分おわかりでしょう。

子供が娘、というお父様ならば、妻であるおばさんと娘であるおばさん予備軍が揃うと、いかに恐ろしいかご存知でしょう037.gif


ついでに、おばさんは反省をしません。

一応社会性はいくばかりか持ち合わせておりますから、世間向けに反省をしてみせますが、

数日するところっと忘れて立ち直ります066.gif

立ち直らねば、おばさんはやっていけません003.gif079.gif


しかし、そのおばさんを馬鹿にしてはなりませぬ。

頑張った女性だけに許される「おばさん」への道なのです( ^ ≧^)ハナタカダカ!


男性は割と折れやすい・・・自殺者は断然男性が多い。

大体幼子の頃から男の子は体が弱くて、育てるのが大変です。

男児は甘ったれだし、わがままだし、大人になっても大概が私生活では万年小学生だし、せいぜい中二病だし。


いえいえ、女尊男卑する訳ではありません。

私にも成人した2人の息子がおりますし、長年連れ添っている亭主もおりますから、敬意を持っています。

が・・・一歩我が家に入ると、何故彼らは「小学生」に戻ってしまうのだろう?021.gif


女性、男性、それぞれ長所短所があり、互いを補い合いながら、助け合っていきていかねばならぬのが世の中。

「悪いことは悪い」で、でも互いに許しあって生きていければいいですね016.gif・・・と無理にまとめてみました。



久々に読書録。

前回は2016年12月27日の記事『吐き気&下痢』で書いております。

それ以降は、その頃読みかけだった渡辺昭一の『犯罪者プロファイリングー犯罪を科学する警察の情報分析技術』を読み終え、

横山秀夫『深追い』

上野正彦『死体の犯罪心理』

柚木麻子『伊藤くんA to E』

横山秀夫『看守眼』

大山淳子『イーヨくんの結婚生活』

山本文緒『みんないってしまう』

横山秀夫『真相』

マーサ・スタウト著、木村博江=訳『良心をもたない人たち』

中野信子『サイコパス』

和田秀樹『自分を「平気で盛る」人の正体』

西原理恵子『熟年交際のススメ』

西原理恵子、高須克弥『ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲』

西原理恵子『ダーリンは70歳』

平安寿子『こんなわたしでごめんなさい』

栗原類『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』

(順不同)

034.gif『良心をもたない人たち』はなかなか勉強になりました。

生まれながらに「良心をもたない」脳の持ち主サイコパスは、よく犯罪者として扱われますが、

彼らには不安感というものがないことから、負け組のサイコパスは犯罪者となりますが、勝ち組のサイコパスは社会的成功をおさめます。

勝ち組サイコパスの代表格として、あのスティーブン・ジョブスがあげられますし、弁護士や医師になる人も多いそうです。

確かに、私みたいに不安感いっぱいだと、法廷で弁舌なんて無理だし、外科手術なんて卒倒します。


不安感がない、というのはなかなかうらやましくもありますが、

凶悪犯罪者と社会的成功者は紙一重ということで、私は凡人でよかったのかな・・・といったところです。それが私に配られたカードですから。


かくゆうサイコパス、アメリカは4%(100人に4人)、東アジア(中国、日本など)は1%(100人に一人)の割合で存在するそうです。


負け組サイコパスで、犯罪者になってしまった人は、生まれつきその脳に「良心」がないので、

教育でどうにかなるものではないそうな・・・同じことを繰り返します。

要は、一般人が人殺しをするのに、高い高い壁があって出来ないのが普通ですが、

彼らにはその壁がもともと無いのです。

その壁が「低い」ならば、なんとか教育によって、その壁の存在を強く認識させることも可能かもしれませんが、

「無い」ものを「ある」と思えというのは確かに無理な話かと思います。


出来れば、皆「不安感がない」というとこを長所に変えて、成功者となり、社会に貢献していただけると助かります。

それにはやはり「教育」でしょうね。





by sizhimi | 2017-02-13 11:02

レジン(歯科用樹脂)アレルギー

a0152078_10073433.jpg

歯科治療を始めてから、何かと歯茎が腫れて痛い思いを日々している昨今です。

急性歯肉炎&口内炎はどんどん悪化し、食事どころか、痛みで夜もなかなか眠れなくなり、

先日金曜日に予約は入ってなかったのですが、歯医者に飛び込んだところ、

樹脂がダメということで、急遽外しました。

それも、もう歯茎が腫れて弱ってぐじゅぐじゅになっていることにより、麻酔がかけれず、

痛みに耐えての取り外し007.gif

痛みで体が硬直し、昨日土曜日は痛み疲れで寝込んでいました002.gif


腫れはずいぶんと引きはしたものの、

アレルギー症状はまだ残っており、

あちこちに出来た口内炎で痛みは相変わらず。

明日また歯医者に相談です。


お粥にも飽き、先日買ったレトルトの参鶏湯(サムゲタン)が、一袋1,000円と高かったけれど、柔らかく優しい味が有難かったです。


そんな日々のせいか?

体重は減らず、相変わらずのフェレットのような下半身デブではありながら、

顔色は青白く、なんかか弱そうな感じになっているような008.gif037.gif


昨日は寝込んで、スマホでインスタグラムの他人様の写真をあれこれ見て過ごしましたが・・・写真を撮るのは下手ですが、他人の写真を見るのは好きです。私のアルトサックスと同じですね( ̄▽ ̄;)


今日は痛みに耐えても、シャキシャキと過ごしたい。

けど・・・猫背で、猫を抱えながら、こたつに座っている今ですσ(^_^;)



by sizhimi | 2017-02-12 10:02

欲をかくのも、かかないのも、ほどほどに。

今日の天気 2月9日 (

雨か雪時々くもり

雨時々止む
最低気温
2
最高気温
6








今日は寒い。でも、ここら辺は雪は降らない様子。

a0152078_14491966.jpg

急性歯肉炎と口内炎は、ちゃんと抗生剤を飲んでるし、塗り薬も塗っているけれど、一向に良くなる様子が見られない。

で、お粥生活は続く。

お粥は消化が良く、すぐお腹が空く。

よって空腹に耐えるが辛い002.gif


腰は、整骨院に通いだしてから、ずいぶんと良くなってきた。

自分でも、腹筋と背筋がつくよう無理ない程度にストレッチしている。

今度こそ三日坊主にならないように頑張ろう066.gif


a0152078_14485397.jpg
インスタグラムは、フォロワーがどんどん増え、フォロー返しをしていたら、他人の写真を見るだけで忙しく、

自分が写真を撮る時間も持てなければ、

モットーである「一人一人を大切に」も難しい。

で、しょうがない。ろくに私の写真を見もせず、ただフォロワーを増やしたいだけなのか?フォロー返しを期待してフォローしてくるだけの人は大体わかってきたので、フォローをしない、フォローを解除する、ことにした。

それを助けてくれるアプリも今はある・・・フォロワー+034.gif


世には、何千人、何万人とフォロワーを抱えたり、フォローしたりしている人もいるけれど、

そりゃ私には無理だ。

自分の器に合った方法で、写真を見せ合って楽しもう016.gif

背伸びしても苦しいだけだ。

a0152078_14500122.jpg

アルトサックスも同じく。

背伸びしても苦しいだけ。

若い人や才能ある人、幼い頃からやっている人と同様にはいかない。

マイペースに楽しみながら、少しでも自分の進歩を見ることが出来たら嬉しいし、残りの人生への励みにもなる。


他人と比べることもあるまいて。

もともと不器用だし、鈍感だし、のろまだし、疲れやすいし┐( -“-)┌。

(ずっと以前にもUPしたけれど、最近大泉洋が出ているCMで流れて話題になっているようなので、再びUP)




努力して、それが実った時ってとても楽しい。

努力が実らなくても、それは自分にとってとても勉強になっている。


欲をかかないのは大事だけれど、ほどほどに。

欲をかくのも大事だけれど、それもほどほどに。



by sizhimi | 2017-02-09 14:55


頚椎後縦靱帯骨化症(指定難病)、右脚人工股関節、腰椎変性すべり症を持つ整形外科と縁が切れそうもない50代主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ぽかんと空いた時間
at 2017-06-23 16:14
散歩をせねば
at 2017-06-23 09:26
自分を愛する人、自分を愛せない人
at 2017-06-22 12:23
頚椎後縦靱帯骨化症の進行
at 2017-06-19 11:03
孫、そして介護保険申請
at 2017-06-18 19:53

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

画像一覧

フォロー中のブログ

ironのブレブレ写真館
1*ときどき*5
地域情報発信基地in高知
White Board -♭
がちゃぴん秀子の日記
Dreary Day
  P & F comp...
司法書士 行政書士 柿本...
walk with my...
Yume-maboroshi
人生とは ?
ねこ旅また旅
皿 皿 碗 碗 ;週末陶...
君の笑顔に逢いたい
アメリカからニュージーランドへ
*しゅきしゅきしゅきよ~...
こころのまんなか。
J'adore pren...
えびぞう翁の徒然日記

検索

タグ

(24)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)

ブログジャンル

つぶやき
50代

ファン

ブログパーツ

https://www.instagram.com/tamagofurikake07/?hl=ja