弱くてもいいけど、強くなければならぬとこもある

今日もとっても暑いらしい。

熱中症注意!!


おととい日曜日は、夫に同伴してもらい、嫁と息子(ともに7月生まれ)の誕生日プレゼントを買い、送る手配をし、

その後、いきつけの楽器店・・・島村楽器です。「縁を切ってやる」と言いながら逆にいい顧客になっちゃってます( ̄▽ ̄;A・・・に、

ソプラノサックスのアクセサリーを購入に行った。

千葉のビビット南船橋店は、なんでも(リードさえ)試し吹きさせてくれるのが助かります。

当分は車もスクーターも運転は難しいだろうし、荷物持ちしてくれる介助者も必要だから、そうそう簡単に足は運べないことから大人買い。

ソプラノサックスは需要も少ないので、売れ筋の数点しか置いてはおらず、

でも、その中からあれこれ組み合わせて音の違いや音の出し方の違いなどを体感しながら、

「それでも満足」という訳にはいかなかったけれど、

もともと本体である島村楽器オリジナルのTiraSの個性もあって、妥協点を探った結果、

アウスピースはセルマーS80C

リガチャーはバズSS/TypeA

リードは本体購入時に青箱2 1/2をつけていただいたけど、初めて樹脂製の物を購入。スタンダード3

ネックも、ソプラノはアルトより動きやすいものが音に変化がつけやすいとこの一週間吹いてみて気付き、

軽いものだからアルトのように首の負担はもともと軽いけれど・・・ネックは、ソプラノの場合もともとうっかり落としてしまった時の安全策をしてつけてるだけのもので基本は右手で支える点でアルトとは違う・・・より負担がかからないものとしてバードストラップ

体力を考慮し、音出しの労力を軽減すべくlefreQueのシルバープレートとスペアバンド

以上を購入。

樹脂製リードやlefreQueは、師にそのままついていたならば「勉強にならない」と絶対反対されたであろう。

でも、今の私に必要なのは、息抜きと肩の力を抜くこと。

背中、腰部の傷口からの膿(うみ)はようやく止まったけれど、何故か傷がふさがらない。

だから週2回、担当医の外来診察日は必ず行かねばならず、

そんな中、リハビリも再開された。

リハビリは、病院のリハビリ科のみじゃあ勿論効果なんて見込めず、自宅でも時間を見つけてはちょくちょくやらねばならない。

家事もし、猫達の世話もし、老犬の介護もし、せっせとリハビリもしてるのって、

家事をしない男性にはわからないんだろうけど、かなり忙しい。

まだテキパキと動けないから、より忙しい。

気にかけてメールを下さる方には申し訳ないけれど、病院の待合室で順番を待っている時間くらいしか返信は書けません。

返信する時間があるならば、一曲でもサックスを吹きたい私です。

そしてその時は、

どうもアクセサリーを工夫しようとも、本体がもつ個性もあって、

私が好む音は、多分どんなに努力し、私の腕が上がっても難しいのだろう・・・と悟り出しているけれど、

それでもこの子の個性を尊重しつつ、私の個性と努力を合わせて起こる化学変化をみてみたい・・・の一心。


そのうち再びヤナギサワを手にしたい、とは思うけれど、

値段が値段だから、いつになることやら┐( -“-)┌。

やらせてもらえているだけ有難い。

不満など一つもない。

そうやって感謝しながら吹けるし、吹ける時間が持てることで、日々の多忙さも感謝できる。

ならば病気も悪くはない。

そりゃ健康であることに越したことはないけれど、「神のみぞ知る」と言うならば、戦うばかりが脳じゃない。

共にうまく生きていけばいい。




で、関係ないけど、リハビリ科の担当のにいちゃん、

ちょっと嫌味言ったくらいで、私の予約日の予約時間に出勤拒否するなよ!

まるで私がいじめてるみたいじゃん。

それともいじめてるつもり?

別にあんたじゃなくたってこっちは構わないし、リハビリ自体もう受けなくても自分でやれるんだよね。

料金に見合ったほどのこと、あんた達してないよ。

そんなだから「ゆとりは」って言われちゃうんで、

「ゆとり」だってちゃんとやってる人間はいっぱいいるんだからさぁ〜、

心折れそうなのを頑張ってる患者のフォローをする側が、そんなに心弱くてどうすんだ?

年配の方々が、あんた達に気をつかってることを「当然」として甘えんなよ!

夫が、「今の若い社員を育てるのに、叱ったり怒ったりしちゃあダメなんだよ。俺たちの時代とは違う。いつだって褒めてやんなきゃ辞めちゃうんだ。」と言っていたけど、

世界中がそんなに甘ったれて生きていけてる訳じゃあないから、

日本はグローバル化から離れて鎖国でもせねば、日本人は世界で生き残れないのではないか?・・・と大袈裟かもしれないけど、リハビリ科のにいちゃん達を見ていると「ありえなくもない」と感じる昨今である。

まぁ、そう育ててしまったのは「ゆとり」の親である私たち世代なんだけどね。






# by sizhimi | 2017-07-11 10:32

ちょこちょこ頑張れればいい

今日は、

来週、長男の嫁の誕生日なので、プレゼントを買いに街へ出掛けるか、

ソプラノサックスの音が付属のアクセサリーのせいか?私の腕前のせいか?音が物足りないので、

行きつけの楽器店に違うマウスピースとリガチャーを買いに行く予定だった。


楽器店には事前に電話で、在庫があり、試し吹き出来るものが、どんなのがどれほどあるか問い合わせてあった。

嫁へのプレゼントは決めてあったし、ただそれが通販では買えないものだった。


夫は会議で会社だったし、午前中暑くなる前にバスで出かけるつもりで、早起きして家事を済ませた。

しかし、外出しようと支度を終えた時には、NHKでしきりに「高温注意情報」が流れ、「熱中症注意!」と警告されていた。

家族に外の様子をLINEで聞いてみると、皆一様に「外ヤバい」。

次男は会社に行く途中で「これは危険だ」とカフェに飛び込んだそうな。


まだ手術痕が治りきらず抗生剤を飲んでいる状態の私だし、治りかけの大事な時だし、

何よりここ数年、どうも私は熱中症になりやすい。

とりあえず初期段階で、病院に搬送されずには至っているが、

それは警戒して一人で外をウロウロすることは控えているから。

しても近場で済ませている。

まぁこの12年、首痛やら腰痛やら股関節痛、膝痛などで「しょうがなく」といったところだが。


今年はどうも健康面において「踏んだり蹴ったり」状態の私。

1日家に引きこもっているのは気分がすぐれないけれど、

今の私なら、外で倒れて救急車で運ばれる可能性も無きにしも非ず。

もうこれ以上家族に迷惑はかけたくない。


先日私は誕生日を迎えたのだけれど、今年の誕生日は例年とはうってかわって「退院祝いもあるから」と、皆が各自頑張って豪勢なプレゼントを贈ってくれた。

嬉しいは嬉しいのだけれど、逆に申し訳なさで一杯になってしまった。

逆に私がみんなにお礼とお詫びをせねばならぬ程で、そんなに良くしてもらえる程の価値が私にあるとは思えない。

いつも我儘で、心配ばかりかけて、ごめんなさい。


で、今日は午後からもっと気温が上がるというので、外出は控えることにした。

ソプラノサックスのマウスピースとリガチャーは、身体がもう少し良くなってからでも遅くはない。

どうせ趣味で、一人で吹いて楽しんでいるだけのものだ。

だからこそ心地よい音を楽しみたい、という欲求はあるけれど、

それくらい、もう大人なのだから我慢しよう。


嫁への誕生日プレゼントは、とりあえずネットで購入できるものでもいい。

自分へのプレゼント選びで姑が無理して倒れたら、お嫁さんとしては嫌な気分であろうし、立場的にもバツが悪かろう。

自分の気持ちだけを押し付けるのは大人としていただけない。

相手の立場や想いも考慮した行動をとろう。




それはそれでよかったのだけれど、昼食を取り、服薬後(痛み止め、抗生剤)どうも頭痛がしてきて熱っぽさを感じた。

気分もすぐれない。

少し横になって休むことにした。

横になると即うたた寝。

朦朧とした意識の中で夢をみた。

スクーターに乗った私が、やたらスピードを上げ、赤信号で止まっている車に気づき急ブレーキを踏んだ勢いで飛んだ・・・目が覚めた。

不快だったけれど、起き上がるにはまだどうも体調がすぐれず、そのまま再びうたた寝。

今度は私は車を運転していた。

おかしな運転をする車とすれ違った。

不思議に思ってその車を振り返る(現実では運転しながら振り返ってはいけません)と、どうもドアが開いており、そこから5、6歳の男の子が落ちそうになっているのを、その子のお母さんが引っ張りながら運転していた。

「子供がドアを開けちゃったのか?」と思ったのもつかの間、背後でその車がUターンをし、スピードを上げて私の車を追い越した。

そのままのスピードで、目の前のT字路を、灰色の塀にむかって突っ込んでいった。

車から、耳から血を流した子供が飛び出した。

子供は泣いていた・・・目が覚めた。

リアルな映像で気持ちが悪かったし、怖かった。

怖くて、もう寝れなかった。

2度も続けて交通事故の夢をみたなんて初めてだ。

交通事故の夢自体、今までみた記憶はない。

何か意味がありそうな気がして、ネットで即座に夢判断を調べてみた。

当たっているのか、否か?


気分転換にやはり外出しようかと思ったけれど、予知夢って可能性もあるらしいので止めとくことにはしたけれど、

そんな夢をみて、気分が良かろう筈もない。

首から左腕にかけての痺れを特に強く感じ、ただひたすらこうなる前に戻りたいと願う。

今回の手術に至った激痛に襲われる前の、それなりに充実して楽しかった日々に戻りたいと泣きたいほど願う。

月に一度のペースで入れていたアルトサックスのレッスンは、プレッシャーでもあったけれど、目的もあって張りもあった。

時に激しい腰痛に悩まされることはあったけれど、

今にして思えば、後遺症で痺れを残してしまったあの電気メスで切り刻まれるような激痛とは種類の違う鈍痛だった。

孫にも会いに行けるものだった。

嫁が気を使ってくれて、仲良くしてくれて楽しかった。

桜が綺麗だった。

皆の笑顔が嬉しかった。

アルトサックスの演奏も、下手なりに大分自信もついてきていた。

読書も楽しかった。

インスタグラムでみんなの写真を見たり、コメント書いたりするのが楽しかった。

そりゃ、当時は当時で問題を抱えてはいたけど、

今よりはずっと輝いていた時間に思えてしまう。

脚もこんなにむくんでいなかったし・・・今回の腰の手術後、両脚とも倍くらいにパンパンにむくんだままだ。

コルセットが取れれば治るんだろうか?

予定ではあと一ヶ月でコルセットは外していい筈だけど、私の場合途中化膿しちゃってリハビリが休止になったりしてるから、

どうなるんだろう?


今日はブログを更新する気分にはなれなかったのだけれど、

頑張って想いを書き捨ててよかった。

少し楽になってきた。

もうちょっと頑張れる気がしてきた。


すっごく頑張らなくていい・・・疲れちゃうもん。

「ちょこっと頑張れる」を日々繋げていけばいい。



# by sizhimi | 2017-07-08 13:00

神のみぞ知る

整形外科の診察とリハビリを終え、帰宅。

で、今日2度目のブログ更新。


病院とは関係ないけど、ブログに貼り付けた広告料(アフェリエイトだっけ?)で生計を立ててる男女3人が、

閲覧者を増やすために、西田敏行が覚せい剤をやっていると出鱈目の記事を載せ、書類送検された。

アフェリエイトは知っているけど、あれで生計が立てられる程稼げるとは思わなんだ。

それってかなりの閲覧数を得ないと無理くねぇ?

私の場合、その広告が大嫌いで、自分のブログに広告が貼りつくのが耐えられず、

広告を外すために有料ブログ会員になっているのだけれど、

それでもパソコンとガラケーからしか外す事は出来ない。

スマホから広告を外すには、毎月千円も払わねばならず、

いくらなんでもそこまでは148.png・・・といったところ。

まぁ有料ブログ会員は自分の好きな広告を貼り付けることも出来るので、それで商売している人もいるらしい。

そんなの、最近は訪問者も増えたけど、それでも1日50〜60人といったところの私のブログには縁がない。

数年前まで1日10人前後の訪問者だった。

その10人前後の訪問者がどうも「うっかり来ちゃった」とか「たまたま」ではなく、定期購読者みたいだったので、

こんな私の愚痴の書き捨て、マイナス思考のゴミ箱のようなブログでも楽しんでいただけるなら、とせめてものお礼で「広告を外す」とした訳だけれど、

今やブログを読む媒体はほとんどがスマホの時代。

ガラケーの人は皆無に近くなったし、

通勤、帰宅途中で暇つぶしで読む方が殆どだろうから、パソコンから訪問する方も少ない。

だから「広告外し」ももう殆ど意味がない。

今や「自分のため」でしかなくなっている。

ノートパソコン(Mac利用、つーかMacしか殆ど使ったことがない。たまにWindowsを使うと訳わかんない。)利用者の私としては、自分の書いたブログのミスを見直す時に、広告が目に入るのが嫌である。

何故って?

買っちゃうからだよ。

買わなくても、「欲しい」という願望を抑えるのに余計な労力を払う羽目になるからだよ。

うち収納少ないから、物は出来るだけ買いたくない。

何か一つ買えば、何か一つ捨てねばならない。

って話がずれてるけど、あのアフェリエイトで生計を立てられるって、やっぱりすごい。

でも、宅配便のお仕事をしてらっしゃる方の方がずっとすごい。

私もやってみたい。

汗水たらして、それこそ「働いてるぞ!」って感じだし、

何より足腰丈夫でなきゃ出来ない。

本気で憧れている。


本題に戻って、診察は、次の診察(来週の月曜日)まで、追加でまた3日間引き続き抗生剤を飲むこととなった。

今日の診察室ではもう膿(うみ)は出なかったそうな。

「出るのは血だけ」と担当医が言っていたが、

手術してから1ヶ月たっているのに、まだ傷がふさがっていないことに問題を感じるんですけど137.png

なんかもうほとほと疲れた。

闘病生活12年、でも疲れてるのに、

それも治らない難病抱えてるし、そのうち手術になるやもしれない手の変形性関節症も抱えてて、一生涯整形外科さんと縁が切れない。

痺れを軽くするために神経痛薬リリカカプセルを飲み続けねばならないし、

手も、サックスを続ける為、出来るだけ(多分手術せねばならぬ末期状態まで)痛みを抑えるべく、痛み止め薬トラムセットも常用することにした。

しょうがないよ。

今はさ、気持ち折れないように、サックスを吹く時間は削れない。

ただ、やっぱり、指導やアドバイスをしてくれる人が欲しいと思った。

自分が、ひょっと楽器店に行ける身体ではないからこそ、そういう人が必要だと痛感している。


ひょっと楽器店へ行けるように、試しに今日は車で通院した。

マニュアル車だから、オートマ車のように間違えて急発進して他人様に迷惑をかけるリスクは少ないと安心していたのだけれど、

渋滞やちょこちょと信号で止まるとなると、フットブレーキペダルをしばし踏み続けねばならず、

それは痺れた右足ではかなりつらかった。

安全を期して、ハンドブレーキも共にかけるが、坂はやはり危ないだろう。

リハビリをかなり頑張って、右脚にも力がつき、長距離でなければ杖無しでも歩行はできるまでにはなったけれど、

車の運転となるとまた難しい。

その上、リリカカプセルを服薬してるがため、その副作用で運転中眠気に襲われる。

本来、リリカカプセル服薬しての車の運転は慎まねばならぬ。

なんとか無事往復できたけれど、車の運転はもうやめよう。


やっぱ、なんか切ないよ。

神様が、「痺れ」を取ってくれる日がくることを祈ろう。



# by sizhimi | 2017-07-07 14:19

理性と感情と

今日は担当医診察による通院日。

手術痕からの膿(うみ)が止まったとのことで喜んでいたのもつかの間、

ゆうべ、シャワー後に娘に消毒してもらったところ、膿が出ているという。

おとといの晩も、今週は夫が出張で留守のために、娘に消毒してもらったのだけれど、

「すでに奥に膿がたまっていたよ。それが出ただけだよ。」とのこと。

いや、「たまってる」ことに問題があるのであって、

どうしてドクターが絞り出しても絞り出しても、抗生剤ももう10日も服薬していても、化膿が治らない?

痛みはもう感じていないし、熱も先週は平熱よりやや高かったのも戻った。

ただ、再び膿がたまりだしたという一昨日から吐き気が続いている。

それって、私の免疫君が戦うのをやめて白旗振っちゃってるってこと?

勘弁してくれよ。

免疫君には、自分の役割をしっかり認識してもらい、頑張っていただきたい。

またシャワーが禁止になるじゃないか136.png

そろそろ湯船につかって、習慣だった入浴しながらの読書を楽しみたいのに135.png

まぁそんなに酷い訳ではないみたいだから、「入院」で病院にぶち込まれることもなかろう。


「今処方されてる抗生剤が悪い!」と言ったら、

娘が「そういう問題じゃあないと思うけど。」と言い出した。

娘「お母さん、ご飯ちゃんと食べてる?」・・・ゆうべは豚バラ肉と大根と人参の煮物をおかずに作ったけれど、私は食してない。

私「だって吐き気がして食べる気なんてしないもん。」

娘「それがダメなんだよ。なんだかんだ言い訳して、いつも母はちゃんと食べないじゃん。それじゃあ体が弱るの当然だよ。私は二日酔いで吐いてたって食べるよ。」


うんうん、娘は幸い夫に似て、食には貪欲だ。

おかげで子どもの頃よりそうそう病気はしない。

私に似なくてよかった。

父である夫に似てくれたことに感謝・・・ついでに夫に感謝。


私に似てしまった次男は、幼き頃から「この子は長生き出来ないんじゃないか?」といった調子。

いまだに毎年秋から冬にかけて、いくら予防接種をしようと、すべてのインフルエンザには感染するし、今季は2度も溶連菌感染症になっている。

その度に私はうつされるので、感染予防はしっかりしていただきたいものだ。


今日は朝一の診察予約。

その後リハビリ。

リハビリはいいけれど、担当者が好きでない。

若いから未熟者なのはしょうがないし、私は彼の親世代なのだから許してやらなきゃならないんだけど、

「頑張らないと、いつまでも杖になりますよ。」はきいた。

カチンときた。

すぐその怒りが顔に出たのか、担当者Mも「ヤバイ」って顔してた。

頑張ってんだよ!こっちは。

頑張ったからこそ、傷口が化膿しちまったんだろうが133.png

で、リハビリが休止になった経緯を、こいつは休んでいて知らないんだろう。

そういう連絡ってさ、自分が休みの時、代わってもらった理学療法士に聞けよ!横の連絡をちゃんとしろよ!

どうもF整形はリハビリ科が独立しちゃって、ドクターとの横の連絡も行き届いてないし、

リハビリ科内でさえ連絡し合っていない。

普通の会社じゃあ、それOUTだからね。


一度「嫌だ!」と思ったら、徹底的に嫌になっちゃうのが、私の大人気ないとこだ。

顔も見たくない。

自分がそんな事してるから、しっぺ返しをくらって、

元サックスの師から、お中元のお礼の言葉さえないのだろう・・・「礼を言うのも嫌だ」ってくらい嫌われてる?

これも私が知ってる範囲内での一般社会の通例からはOUTだけれど、自由業の人たちの世界は私にはわからない。

きっとそれもOKなのだろう。

私の知ってる世界なんて本当にちっぽけなものだ。


しっぺ返しをくらわぬよう、いい加減私も大人になろう・・・の「大人」がよくわからない。

リハビリ担当者Mに、一言嫌味を言ってやらねば気が済まない気分。

私の中で、理性と感情が戦っています137.png



# by sizhimi | 2017-07-07 08:01

消費期限が過ぎてるこそ楽しみたい今がある

今日はこちらは曇りで、気温は昨日よりは低く最高気温29℃の予報。

しかし湿度がかなり高く不快。

この不快感が原因か?気持ちが悪い148.png

「悪い」程度で済めばいいけれど、「吐き気」となり、洗面器に顔を突っ込み脂汗を流す始末。

電気代も問題だけど、原発問題もあるし、すっごく世間様にも申し訳ないのだけれど、エアコンの設定温度をかなり下げさせてもらった。

どうも身体がなかなか「夏」に適応できないようだ。


病院に行く以外は室内で引きこもりというのも嫌なので、おとといはATMに行くついでに、200mほど先のスーパーマーケットに杖をつきながら徒歩で行った。

思っていたよりすんなり歩けたし、「この調子で少しずつ距離を伸ばして、当初は杖は離せないけれど、9月になったらノルディック・ウォーク体験会に参加する予定は遂行できそう。

新しい健康法とドクターお勧めのポールを使ったウォーキングを私もしよう!!と企てている。

これ、ここら辺では最近やってる人をよく見かける。

あれならば、私にも出来そうな気がしている。




まだ3日だけだけど、新パートナーのソプラノサックスとは仲良くやっていこうとしている。

ピッチはアルトより難しいけれど、今はゆっくりと丁寧に一つ一つクリアし身につけていくしかない。

だらだらと長く演奏しては、手の変形性関節症に悪いので、そこは配慮している。

やはり付属してきたマウスピースとリガチャーでは音がおもちゃっぽくて不満。

リードは青箱をつけてもらっている。それもそのうち色々なものを試してみたい。

で、楽器店に行きたいとこだけれど、一人で長時間外をウロウロしているのも危険なので、行く前に参考情報は出来るだけゲットしときたい。

暇を見つけては、ソプラノサックスをやっている人のブログなどを拝見させていただいたり、

動画で演奏を見聞きしたりしている。

実際にライブで見聞きしたいけれど、もともと需要が少ない楽器なので、ソロで活動している人がたまに開くライブが東京近辺の日を待つしかなさそうな。


アルトの時は、レッスン時に師が「お手本」で吹いて見せてくれたりしたので、随分と参考になった。

参考にはなったけど、それを自分のものに出きるほどのスキルが私には身につかなかった。

言い訳させていただければ、首の疾患の影響で思うように動かなくなっている左手指でここまでやれればたいしたもんだo(⌒▽⌒)ツ☆バンバン。

おかげで変形性関節症にまでなったけれど、これは私が普通の人より関節が弱いことにあり、私が自制しなかったのが悪い。

顔ではポーカーフェイスを気取りながら、「悔しい」でつい頑張りすぎてしまうとこが私の短所である。

要は見栄っ張りなんだな137.png135.png


ソプラノサックスにしても、やはりジャズを吹きたい。

で、新宿のPit innに行けば、昼でもほぼ毎日ジャズライブが楽しめる。

「母、平日の昼、一人でちょっくら行ってくる。」と言ったところ、娘に大反対された。

新宿はすっごい人混み。誰かにぶつかって転倒するリスクが高い、が反対の理由。

ソプラノサックスに移行するまでは許すけど、これ以上余計なことはして欲しくない、といったところ。

一応心配してくれているらしい・・・当然か。


昔は私が娘を心配していたのだけれど、すっかり立場が逆転している昨今だ。

そんなに私はおばあさんか?

確かにもうすぐ誕生日で、それを迎えると、しっかりアラ還だけど。

「だまって座っていれば全然アラ還には見えないよ。若く見える。カフェやパブでも大丈夫。

でも、トイレにでもひとたび立ち上がって歩き出せば、途端に90の婆さんになっちゃうから。」と次男弁。

90歳かよ143.png・・・確かに145.png

90ならば、より残り少ないであろう余生を楽しみたい。

ビクビクしながら、過ごし易い一定の室温の中で安全に暮らしているだけじゃあつまらない。

賞味期限どころか消費期限までとうに過ぎちゃったけど、女(もう「男ではないから」というだけだが)として最後に一花咲かせてもみたいものだwwww.・・・巣鴨でも徘徊するか?

そんな馬鹿なことを言えてるうちは私はまだ大丈夫だろう。

今日も1日頑張ろう166.png





# by sizhimi | 2017-07-06 08:24


頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりチタンボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症&両手親指付け根変形性関節症温存療法中とあまりの疾患の多さに自分でも忘れ、あきれている整形外科と縁が切れそうもない50代主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

老ける
at 2017-08-18 08:45
雨続きはつらい
at 2017-08-17 14:30
平和ではなくなった日本の夏
at 2017-08-11 09:05
リハビリの夏、読書の夏
at 2017-08-10 09:24
コアサーキット
at 2017-08-07 12:40

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

画像一覧

フォロー中のブログ

ironのブレブレ写真館
1*ときどき*5
地域情報発信基地in高知
White Board -♭
がちゃぴん秀子の日記
Dreary Day
  P & F comp...
司法書士 行政書士 柿本...
walk with my...
Yume-maboroshi
人生とは ?
ねこ旅また旅
皿 皿 碗 碗 ;週末陶...
君の笑顔に逢いたい
アメリカからニュージーランドへ
*しゅきしゅきしゅきよ~...
こころのまんなか。
えびぞう翁の徒然日記

検索

タグ

(24)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

ブログジャンル

つぶやき
病気・闘病

ファン

ブログパーツ

https://www.instagram.com/tamagofurikake07/?hl=ja