心を吐き出す

今日は今の所曇っている。

しかしそこそこ暖かく、室内に暖房は必要なく済んでいる。

エアコンは空気清浄機能のみで稼働中。

昨日よりは花粉は舞い散っていない様子。

a0152078_12042814.jpg

体調は悪くはないけれど、首が痛く、横になっていれば大丈夫なのだけれど、起き上がると、頭を支える首がつらい・・・変形性頚椎症のため。

気の持ちようでなんとかなる。

もうこの痛みとは10年以上の付き合いだ・・・物理的には疾患は進行し、「異常」はMRIを撮らずともレントゲン写真だけで明白。


死ぬものではないけれど、考えればいい気持ちのものではない。

だから普段は何かに(趣味など)逃げて考えないで済むように暮らしている。


現実から避けるように定期通院しなくなった整形外科に、日常生活をまっとうに送るためには行かざる得なくなった。

担当医の都合で、今週は明日。

昨日はアルトサックスレッスンで緊張し、明日は朝一で整形外科、

明後日は嬉しいのだけれど、孫のお昼寝アートに同行する。

a0152078_12063790.jpg

正直体に自信がない。

その自信の無さからか、今朝はテキパキと動けない。


きっと孫の顔を見れば元気になる。

孫の笑顔が私に力を与えてくれる。


ついつい孫を甘やかせ過ぎちゃって、嫁が「お義母さん困るわ。躾の邪魔になる。」と万が一息子にあたることがあろうとも、

今の私に力の源になってくれるのが孫しかいない。許されたし。


猫たちも可愛いし、老犬チャンプとも長年の付き合いで大切な仲間であるけれど、

皆年寄りだから、テンションは低い。

テンション低い年寄りばかり集まっていると、やっぱりテンション低くダラダラ過ごしてしまう。


娘はこの春から大学院前期修士課程2年で、就活が始まっていて忙しく、

会社員(IT企業エンジニア)の次男は慢性疲労・・・第1こいつは体質が私にそっくりだ002.gif

夫がテンションが上がるのは、きっとゴルフの時だけだろうから、私は知らない。


何かを変えなきゃな!とふと思う。

何か新しい風を吹き込まなきゃな!とふと思う。


老若男女、そう考えるのは皆同様らしく、長男宅に孫に会いに行くと、いつもちょっとだけ部屋のレイアウト変更があったり、

長男が専門が電気ゆえか、電気製品が大好きで、何かしら新しい電気製品が購入してある。

長男は一時はアロマに凝っていて、生活の木(アロマショップ)のファンだった。


そうだな、私も今日はアルトサックス自主練は休んで、家中の模様替えでも検討してみるか?

でも、それってもう何十回とやっており、リビングだってたった12畳程度で、これ以上どうしようもない気がする。


とダラダラと誰が読んでもつまらない、読む気なんてしないことを書いているけれど、

これって自分の精神衛生上はかなり効果がある

自分の中に溜め込んじゃってる不満などを、こうやって言葉にして浮き上がらせることで、

客観的に自分の心の中を見ることができる。

それによって解決の糸口が見えて来る。

そのために始めたブログなので、訪問者も読者も少なくて当然だし、

有名ブロガーになるのが目的のものではないから問題はない。


私を知ってる誰かが読んで、「あの人こんなこと考えてるんだ」と私に対する見方が変わったり、それがマイナスのものだったりしても、

物理的嫌がらせをされるのでなければ問題ない。


もともと他人のことにあまり関心はない。

というか、何故か人間にあまり興味がない。

他人の人生なんて背負える気力も体力もないしね。

a0152078_12045754.jpg

以前、自治会脱退問題で、自治会長と副自治会長に軟禁されて長時間の説得をされた時、

脱退を固辞する私に、自治会長が「あなた友達いないでしょ。私の妻は一緒に自治会役員をやった仲間と今でも仲良く付き合っていますよ。」と嫌味を言った。

私は心の中で「この俗物め💢」と思ったのみである。

大体こういう嫌味を言うのは男性に多い。女性ならば、男性社会に迎合している女性に多い。

心根に男尊女卑がある故、男性の指示することに素直に従わない女性に対して腹立たしい思いを抑えることが出来ないらしい。
(代表者にあの石原慎太郎がいる。)

そうそう他人を見下すことはしない私でも、この年配者はつい見下してしまった。

そう思う私は当然褒められた人間ではない。それは自覚している。

そしてこの性格は我が子供達3人に受け継がれちゃっている。

しまいには孫にも受け継がれちゃってるかも008.gif


しかし「困った性格だ」と思いつつ、私は私の性格が嫌いではない。

嫌なものは嫌だ!と流されないとこがあるがおかげで、今の私があって、確かに「生きづらい」点はあったけれど、

今の私を否定したところで、それは前に進むのを妨げる要因になるに過ぎない・・・と私は思っている。

全面的に肯定する訳ではなく、反省すべき点は素直に反省する柔軟さをまだ持っているつもり。

「つもり」があくまでもつもりに過ぎないことにならないよう、心がけていきたいと思う。

それだけで、進行方向はプラスに向いていく筈だと思っているし、

アラ還を迎えるにあたって、そういう人生を歩んできたと自負している。


a0152078_12051669.jpg
書いて、少し心が軽くなった。

実は、孫に会えない時間をうめるべく、ちょっと心がウキウキするような恋人でも欲しいな・・・とバカなことをいい歳してふと考えていた。

現実、それはほとんど不可能だ。

私が惚れるようないい男はそんなバカなことは考えない。

考えないような男だから魅力を私は感じる。

惚れることが出来ない男を恋人にしてもウキウキはしない・・・時間の浪費だ。

その前に、人間、特に男性が苦手な私にはそんな縁はない。

夫と縁があったおかげで、孫に出会えたことを感謝する。


a0152078_12143984.jpg
ようやくテキパキ動けるような気がしてきた。

もう昼だ。

でも、さっきまで国会の証人喚問で楽しませていただいた。

まるでちょっとしたバラエティ番組のようだった。

かなりのタヌキじじいだ。

100万円の寄付金に関しても、安倍首相夫人が嘘をついているのか、このタヌキじじいが嘘ついてるのか不明のまま。

安倍さんも奥さんに足ひっぱられたな。

奥様なんだろうな・・・もうちょい警戒心があった方がよかったのでは?

くわばら、くわばら085.gif



# by sizhimi | 2017-03-23 12:17

緊張感

今日は晴れ。暖かいのか?寒いのか?

体感温度が難しい。

時期的にそろそろ分厚い真冬のコートではちょっと・・・といった感じだし、コートの素材から、花粉がいっぱい付いちゃいそう002.gif

でも春物だとちょっと肌寒い。

結局、春物コートに冬物ストールを巻いて外出したのだけれど、ちょっと寒かった。

周りを見ると、まだまだ真冬のスタイル。

冬物コートでよかった、とつくづく後悔。

a0152078_16335794.jpg

今朝起きて、窓も開けていないのに、家族皆花粉症の症状がひどかった。

目は痒いし、鼻水ダラダラ、くしゃみはひっきりなし。

目はかくともっと痒くなる、とのことで「かいちゃあダメだ!!」が家族の合言葉の如し。

外はどんなにひどい状態か?と怯えて外出したら、外の方が室内より全然ましだった・・・我が家はどうなってるんだ?

だいたい、帰宅したら、外では大丈夫だった目が痒くなってきた。

一休みしたら、しつこく掃除機をかけよう074.gif

a0152078_16331974.jpg


今日は一ヶ月ぶりのアルトサックスレッスン。

寝起き早々緊張感がひどかった。

なんでそんなに緊張するのか?なんでそんなに不安になるのか?なんでそんなに怖いのか?・・・本人全然わからない。


普段一人でアルトサックスを吹く時はほぼ楽しい。

しかし、大手音楽教室に通っていた頃から、レッスン日は、まるでパニック障害かの如く、不安と恐怖に襲われてどうにもならない。

レッスンに行くために、心療内科で頓服薬の抗不安剤デパスをいただく。

そして、あまりの不安感と恐怖心に、今朝も結局服薬する。

このデパス、筋肉の緩和にも効果があるので、首痛と腰痛がひどい時にも効果がある。

激痛が長く続くと精神的にも滅入る。

そういう時に結構効果がある。

痛み止めよりは副作用が少ない。

頓服薬としていただいているので、調子の悪い時に飲む。即効性がある。

整形外科と心療内科ときに内科で私のフォローをしてくれているは有難い。


そういえば、先日の整形外科での検査で、首の方はほとんど椎間板ヘルニアになっているのだけれど、下半分はその椎間板が硬くなって骨化し、

頚椎と一体化していた。

わざわざ手術しなくてもかってに固定化して、本来いくらかカーブになっている首の骨だけれど、まっすぐになっていた。

椎間板が骨化することで、ヘルニアはこれ以上飛び出して脊髄神経をより圧迫する可能性は少なくなるのかもしれないけれど、

飛び出しているヘルニアはそのままで、脊髄神経を圧迫してはいるのだから、痛いまま。

しかし手術してへたにリスクを背負うよりは良し、といったところ。

まぁそんな状態だから、首の可動域は狭い。

そして「痛み」からは逃れられない。

それでも、整形外科も心療内科も、私の担当医は女医さんで、緊張しなくて済むのもあって助かっている。


どうも男性は苦手だ。

自分の息子や孫、夫は大丈夫なのだけれど、

正直、実父も実弟も苦手だ・・・実は夫も苦手か?


なら女性なら大丈夫、という訳でもない。

男の前だといい顔する女っていて、そういう女って同性である女には厳しい。

亡くなった実母もそんなタイプだったし、

夫の叔母さんに一人にもそんなのがいた・・・こういう女って美人でもないのに男性にモテる。

a0152078_16320836.jpg

グダグダと話しがあちこちに行って、ダラダラを書き綴っている。

こういう時は「働きたくない時」だ。

a0152078_16323896.jpg

アルトサックスレッスンで緊張疲れした。

とても気を使ってくれる良い師である。

ただ、以前記憶にあるものとして2回、多分イライラされていたのか叱られたことがあるくらいだ。

その2回は、私にとっては理不尽ではあったけれど、

そりゃ、出来る人にとって、いくら教えても出来ない人に対してイライラしてしまい、つい当たってしまうことはままあることだ。

出来ない、不器用な私に問題がある訳だし、

それをトラウマに、いつまでもビクビクしている私に問題がある。

人間関係を厄介にしているのは私だ。

あ〜自己嫌悪007.gif


しかしね、だから私もなんとかそのトラウマを乗り越えようと努力はしたよ。

でも、どうもすれ違うんだよねぇ〜。

その努力を簡単にスルーされちゃうんだよねぇ〜。

相性が悪いのかな?

まぁ、今更、相性云々言っている程、私も残り時間もないし、

割り切れるよう努力しよう。



# by sizhimi | 2017-03-22 16:36

人生の先輩方を見て思うこと

春日和だった昨日と打って変わって、冷たい雨で始まった今週です。


穏やかに効果を現した神経ブロック注射の効果のおかげで、

先日の土曜日には、夫と二人、孫に会いに行けました。

長男と孫を含めて横須賀に名物のでっかい横須賀バーガーも食べに行くことが出来ました。

とても楽しい一日でした016.gif

a0152078_11335780.jpg

しかし、そのブロック注射の効果が昨日突然切れ、

朝から「なんかうまく歩けないな」とは思っていたのですが、

自宅から50m程のディスカウントショップに買い物に行ったところ、

行きはヨイヨイ、だったのですが、

店内で腰が痛くなり、

帰りは「痛い、痛い」と呻きながらなんとか帰宅008.gif


帰宅して即ロキソニン(痛み止め薬)を飲み、そのまま横になりましたが、ちょっと動いただけで激痛007.gif

3時間ほど休み、ようやく歩けるまで回復しました。


その後は休み休み家事ですね。

今朝もうまくは歩けないので、こうやって休み休み家事ですね。

a0152078_11350432.jpg

次は今週金曜日に船橋整形外科病院に予約が入っています。

翌日土曜日、孫の最後のお昼寝アートに同行する予定になっているので、ブロック注射がよく効いてくれることを祈ります。

「最後」というのは、お昼寝アートの先生が、二人目出産の産休に入るからだそうです。

a0152078_11343811.jpg

明日は一ヶ月ぶりのアルトサックスレッスンです。

痛み止めでなんとかなるでしょう。


最近はなるべく車では移動しないようにしています。

歩けないのですから、確かに車の方が助かりますし、運転に今のところ支障はありませんが、

そう思い込んでいるのは自分の脳だけ、って場合もあります。

時に激痛が走り、ブレーキを踏むのが一瞬遅れたら、その一瞬で誰かを傷つける可能性があるやもしれません。

痛い想いは散々している私です。

同じ想いを家族のみならず、他人にもさせたくはありません。

こんな想いは自分だけで沢山・・・と皆が想い自重することが大事と私は思っています。

a0152078_11333139.jpg

ただ、整形外科病院に通っていると、なかなか、自分の痛い&不便にだけ頭がいってしまい、

と言うか、他人のことまで考える余裕がないのは私もその立場だから理解は出来ますが、

ちょっと首を傾げるような言動を見聞きすることは多いです。


「私は大丈夫」という自信が自分を支えている・・・というのも理解できます。

しかし、その自信が過ぎると災難を招くことも知っています。


どの時点で「過ぎる」のかの見極めも難しいです。

なかなか自分を客観視することは出来ないものです。


じゃあ客観視してくれる他人の意見を素直に聞くことが出来るか、というと、自信がある人にはそれも又難しく、

かえって怒り出したりして、余計に反発して「より過ぎたる行動」を取ることがままあるので困ります。


そういう人間にはなるまい(家族に迷惑はかけまい)と心していられるうちはいいのですが、

脳も老化しますから、そのうち自分がそういう困った老人になっているやもしれません。


その時に過去の自分のブログを読んで、「今の自分」を反省できればいいのですが、

老化した脳がそれが出来るかどうかもわかりません。

「過去の自分」を馬鹿にするだけになっているやもしれません。


a0152078_11414334.jpg
テレビで、石原慎太郎の今の姿や発言を見聞きする度に、

あの『太陽の季節』を書いた作家さんがねぇ〜・・・と自分の未来に不安を感じる今日この頃です。



# by sizhimi | 2017-03-21 11:42

心を晒す(さらす)

今日も暖かいらしい。

空も青い。

「今日は頑張るぞ!」と起きた今朝だけど、

昨日さぼった仕事が目の前に山になり、それを眺めると、一気にモチベーションが下がる。


全てを無いことにして、何処かへ遊びに行くか、

ゴロゴロと映画でも観て過ごすか、

読書して、ちょっと寝ちゃって、また読書して・・・をコタツの中で繰り返したい。

そんなだから太るんだよ002.gif

a0152078_11050108.jpg

思えば以前はそんなことはなかった。

首や腰が痛くて、どうしても動けない時はあったけど、そういう時は実は悔しかった。

基本的にはアクティブな性格だったので、それが思うように動けないことが許せないとこがあったし、

どんなに痛くとも、動ける限りは、杖をついてでも、「痛い、痛い」と泣きながらでも犬の散歩でウロウロ徘徊したり、

犬を自転車のカゴに乗せ、海岸まで片道1時間かけて行ったり・・・ふと、そんな時代を思い出すと、

それって何年前?


a0152078_11064578.jpg
子供達ももう3人目の末っ子が24歳に今年なる。

休日は彼氏のアパートに泊りがけで行っているので、週の半分だけ寝に帰っている、といった感じ。

次男も同様・・・家にいても仕事で疲れきっている。

年寄り二人でいる時間が多くなり、長年連れ添った夫婦にそうそう会話はない。

家中に年寄り空気が蔓延している002.gif

つまりは、「若さ」が醸し出す特有の明るさやテンションの高さがないのである。

一緒に暮らす犬もこれまた老犬で、やや認知症の上、心臓疾患で外への散歩は控えた方がいいとのかかりつけ獣医さんの意見。

猫達も2匹は今年8歳、1匹は推定今年10歳・・・活発さはなくなっている。

中高年だらけの家だなぁ〜025.gif・・・この町と同じだ。

a0152078_11082469.jpg

気持ちだけでも、なんとか若返ってアクティブに活動できるようになりたいが、

なんかその「もう終わっちゃってるよ」空気に流されてしまう002.gif

やっぱり、若い人や子供が多くいた方が年寄りの精神衛生にも良い。

どんどん進む少子化は、日本の元気を益々失わせていくことだろう。


で、登場したのがペットブーム。

ペットの力で元気になろうというもの。

実際、ある介護施設でペットセラピーを始めたところ、利用者さんの症状がどんどん改善し、

認知症&寝たきりだった人が、退院するほどになったそうな。

犬や猫の世話をすることで、自分が若かった頃を思い出し、甲斐甲斐しく世話をするうちに、失っていた機能を取り戻したそうな。

寝たきりだった人たちはその世話で自力で動くようになり、ベッドにいることがなくなり、

そのベッドに施設の猫達が寝るようになったそうな。

自分が「必要とされる存在か否か」って精神衛生上とても大きな役割を果たす。


そういや、私の母方のおばあちゃん、末息子(母の弟)一家と暮らしていた時は孫の世話に追われて元気だった。

それが、末息子が海外転勤となり、嫁と孫も一緒に海外へ行ってしまった。

一人暮らしになり、自由になった筈なのに、おばあちゃんはそれをきっかけに認知症になってしまった。

私の母の葬式に、母の妹が連れてきてくれたけど、「自分の娘が亡くなった」ということも理解できていない状態だった。

役割って大事なんだな、とつくづく思う。

a0152078_11031452.jpg

それで思い出したのが、インスタグラムで我が家の猫2匹が一緒にいるところを撮ったものをUPした時、

外国の女性二人が「幸せそうに見えない」というコメントと「新しい里親を探して欲しい」と私を非難するようなコメントがあった・・・もちろん英語。

何故そう思うのかがわからなかった。


ただ、一人の女性は、どうも恋人ができたようで、彼氏とのツーショットのpickをやたらUPするようになっていたのだけれど、

どうも関係がうまくいかなくなったというか、彼女が想うほど彼氏の方は彼女を想っていなかったのか、彼女に飽きたのか、といった状態だったらしく、その後ツーショットのpicksはなくなり、もとの風景写真に戻った。

もう一人の女性は、突然その前あたりからコメントをくれるようにはなっていたのだけれど、「いいね」することはなかったし、フォロワーさんでもないし、

フォローしようにも、フォロワーさんしか自分のpicksを見ることが出来ないように設定してあったので、見たくなるようなpickかどうかの判断も出来ない。

でも、彼女とちょっと英語でやりとりしたところ、どうも彼女は、私が自分のフォロワーにならないことに気を悪くしているようだった。

で、「あなたの設定で、あなたの写真を見ることが出来ない状態になっているので、フォローするかどうかの判断材料がない」と答えた。

だってインスタって、その人の写真を見たいかどうかであって、ただの「おつきあい」では基本的にない・・・と私は思っている。

彼女とはそれっきりになった。


前者の女性は、私は彼女の風景写真が好きだったのであって、彼氏とのツーショット写真に興味はないので、フォローをやめた。

しかし、それでも彼女は私のフォロワーをやめずに、私のpickに「いいね」をくれていた。

で、彼女のpicksを再び訪れると、ツーショット写真はUPしなくなっていて、風景や花の彼女特有の素晴らしい&美しい世界が広がっていた。

もちろん私は再びフォローさせていただいた。


そんな経験を積んでいくうちに、

写真に写りこむのは、被写体だけでなく、撮影者の心なんだなと思い知り、

2匹の猫達が幸せそうに見えなかったのなら、それを撮影した時の私の心が幸せでなかったのかもしれない、と思うに至った。

逆も然り。見る側の心も反映するのだろう。


自分の心を晒す・・・考えると恐ろしいことだ(゜o゜;) ドキドキ...



# by sizhimi | 2017-03-17 11:12

何が楽しいのか?の個人差

今日は昨日よりグッと暖かいそうです。

家周りの掃除をしたいとこですが、なんかもう午前中だけで疲れちゃいました。

睡眠時間はしっかり7時間はとってはいるし、

まだ朝早く目が覚めてしまう、という程老化は進んでもいないようですが、

数年前と比べると、随分と疲れやすくなりましたし、

ちょっと病気しても、治りにくくなりました。

若い頃のように夜は外出したいとは全く思わないし、

賑やかな場所も疲れるばかりで、お風呂か布団の中でぬくぬくと読書をしていたい昨今です。


a0152078_13085249.jpg
昨日は、アルトサックスを吹き出したら調子よく、多分3〜4時間は吹いていたかと思います・・・もちろん休み休みです。

しかし、最後の方は、下唇の内側が痛くて痛くて、吹くにも我慢できず、「あら、またやっちゃったわ002.gif」といったところです。


昨日アルトサックスを吹きながら気づいたことは、私は「より上手くなりたい!!」と努力するのが好きなのであって、

時に行き過ぎて自分の体を痛めつけてしまうこともありますが、それさえも快感だったりします。

「ここまで私は頑張ってる」という自己満足に浸っているに過ぎませんが、

そこには「誰か、他人の前で演奏したい」という願望は一切なく、

ただ上を目指して努力すること自体が目的だったりしています。


収集癖がある人とある意味似ています。

彼らの目的は「(特定の何かを)集めること」であって、それをどうにかする訳ではなかったりします。

集めた物を飾っておく人もいますが、押入れにいっぱいにしまっている人もいます。

「集める」ことが目的なので・・・。


あの宮崎勤も、自室にホラー映画(特にスプラッタ映画)のDVDやコミックを山ほど集めて持っていたそうで、

「そういうのを見るからああなった」と社会問題化しましたが、

裁判で明らかになったのは、宮崎はそれらを見ても読んでもいませんでした。

彼はただ「集めていた」だけだったのです。


夫に私のアルトサックスの話をしたら「お前、マゾか?」と言われました008.gif

そうですね、自分を追い詰めたり、いじめたりすることに快感を得るタイプかもしれません。

しかし、他人にいじめられたり、虐待されたりするのは大嫌いだし、その場合途端に攻撃側にまわるタイプでもありますね。

他人に何かを強制されたりすると、それこそ駄目です。

徹底的にその人を嫌っちゃいます。

おかげで、自分の価値観を我が子には押し付けたい、というか押しつけるのが普通だ、と思いっている実父とは長年折り合いが悪いです。

戦前に生まれ育った人は、そういう教育を受けているので「仕方ない」とは頭ではわかっていても、

感情的に許せない・・・半世紀以上生きても、なかなか大人になれないものです。


a0152078_13081194.jpg
私とは真逆に「他人の、それも多くの人の喝采を浴びたい」という欲求の強い人もいます。

多くの人の賞賛を得るために、ありとあらゆる手をつかってる人もいます。

小さく、身近なとこではインスタグラムでしょうか。

アプリを使って、あちこちの人に、その人の写真を見ることなく「フォロー」し、「フォロー返し」があると、「フォロー解除」を繰り返している人たちで、中にはフォロワー数が何万人って人が、特に外国人に多いです。

そして、何故か彼らのpicsは同じようなものばかりです。

どうも「アート」であろうとしているようです。

アート性が高いのはいいのですが、それはpictureとしては成り立ちますが、写真としては成り立つのかどうか疑問です。

ただ、古い知識(写真の撮り方の基本)にしばられて、スナップ写真ばかりや、スナップ写真に毛がはえた程度のものは、

友達ならば面白いのだろうけれど、他人のだと、面白くもなんともありません。

その場合は被写体を考慮してもらえると、興味深いものになります・・・「ここ行ってみたい!」とか。


特に自撮りをUPされても、それは「仲間内でお願いします」といったところです。

でも自己顕示欲が強いのか?フォローしてきたりして、お人好しの私はフォロー返しをしたものか?ちょっと悩みますが。

結局、面白くないものを見るのに時間を割かれるのを良しとするほど暇でもないので、フォロー返しはしませんし、

いったんフォローしちゃっても、解除しちゃいます。

一言、あなたが思っている程、あなたは美しくはありません。

a0152078_13072926.jpg


058.gif今日も元気にアルトサックスを吹いたり、合間合間に家周りの掃除をする予定で、

今日の元気を占うが如く、アルトサックスの音を出してみました。

いい音が出ましたが、どうも曲を吹く元気が出ません。

少し休むことにしました。

こういう時は疲れている証拠。

歯根膜炎はまだ治っていないし、腰に打ったブロック注射もほとんど効いていない。

疲れると負が負を呼んでしまいます。


a0152078_13070336.jpg
主婦はやることが多いです。

特に休日もありません。

やろうと思えば、いくらでも仕事はあります。

自分でうまく調整し、自己管理しないと、病気になってしまい早々とリタイヤする羽目になります。

休む時は勇気を持って休みましょう034.gif






# by sizhimi | 2017-03-16 13:05


変形性頚椎症(頚椎ヘルニア4箇所)、腰椎4、5番変形すべり症固定手術済み、腰椎2、3番変形すべり症温存療法中、右脚人工股関節、左脚変形性股関節症温存療法中の主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

痛みのピークは過ぎたか?
at 2017-04-24 17:52
私の子育て、夫育て
at 2017-04-22 09:42
心と体のメンテナンス推奨・・..
at 2017-04-21 12:38
つらい腰痛、動けない場合は?
at 2017-04-20 14:54
失うばかりじゃないものだ
at 2017-04-19 16:16

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

画像一覧

フォロー中のブログ

ironのブレブレ写真館
1*ときどき*5
地域情報発信基地in高知
White Board -♭
がちゃぴん秀子の日記
Dreary Day
  P & F comp...
司法書士 行政書士 柿本...
walk with my...
Yume-maboroshi
人生とは ?
ねこ旅また旅
皿 皿 碗 碗 ;週末陶...
君の笑顔に逢いたい
アメリカからニュージーランドへ
*しゅきしゅきしゅきよ~...
こころのまんなか。
J'adore pren...
えびぞう翁の徒然日記

検索

タグ

(19)
(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ブログジャンル

つぶやき
50代

ファン

ブログパーツ

https://www.instagram.com/tamagofurikake07/?hl=ja