タグ:サックス ( 5 ) タグの人気記事

目標は大事

今日2度目の更新。

内容はソプラノサックスに関することのみ。

そして記録のみ。


ソプラノサックスにして、首への負担は全く無くなった。

しかし、右手親指にかかる負担は大きい。

カーブドソプラノサックスにすれば、おそらくそれは回避できたのだろうけれど、

カーブドにするならば、やはりヤナギサワにこだわりたかった。

高い買い物だからそこは妥協できない。

何故かあまりに人気の品で、当分は手に入る見込みなし。


今のも島村楽器オリジナルのもので操作性は良いし、島村楽器で購入していたアルトサックス2台もそれとの買い替えで下取り価格もUPされることが魅力ではあった。

形はストレートのみになるけれど、正直ストレートの方が形としても、音も私は好きだったりする。

多分に好きなケニーGの影響は受けている162.png

イケメン好きとしては、「見ても聴いても美しいがやはりベスト」は譲れない。


休み休み2時間ほど吹いた。

もっと吹きたかったけど、右手親指付け根がもたなかった・・・変形性関節症による。

バスケット選手などが使うというスポーツ用の手のサポーターをして演奏した。

これ、左手では親指が動きづらく使えなかった。

サックスでは、左手親指はオクターブキーを押さえるのに使うのでがっちり固定されては不便。

右手親指はサックスを支えるだけなので、固定がしっかりしているのは有難い。

それでも長時間は難しく、「痛い」が「辛い」に変わった時点で、今日はやめた。


もうちょっと早めにやめた方がよかったかと後悔。

頭の中は「辛い、辛い」で、急いで痛み止めトラムセットと痛みで鋭くなっている神経を抑えるべくデパスを服薬。

薄めたハイボールを飲む。


そこまでしてやらなくても問題など私には一切無い。

でも吹きたくて、それを我慢しているのも、また辛い。

「精神的にまいるならば、いっそう吹いちゃえ!」が、

今度はあまりの痛さで「辛い、辛い」になって薬を飲む羽目になるという矛盾・・・酒まで飲んでるからなぁ〜137.png

もう病気だよ、私。

どうせ病気ならば、いくまでいってやろう!・・・要は手術するまで、ということなんだけど。固定術ということで、末期にならねば手術の運びにはならないから、それまでかなりの「痛い」に耐えることになるだろう。


他人にはアホに見えるだろう。

でもさ、「好き」ってそういうことなんじゃないかな?

恋愛問題もそうだよね、多分。

「好き」って、それだけ覚悟の要ることなんじゃないかな。

軽い「好き」もあるけどね。


今日は頑張ったおかげで、苦手だった低音が安定して出せる回数が増えた、

少しコツを得た感じ。

低音が安定すると、高音もただ高いだけでなく、深みがある心地よい高音が出ることに気づく。

ひたすら苦労して、体にしっかりとそのコツを叩き込むのが、とってもマニュアルだし、それだけ体を痛めつけることにはなるけど、

昭和人間らしくていい。

どの音も安定して出せるようになったら、

もう一度レッスンを入れてくれるように師に頭を下げよう。

それまでには、スタジオに行けるようリハビリも頑張ろう。

痺れに負けない筋力と自信を身につけよう。


その目標、体に良いのか悪いのか?

それでも目標はあった方が生きていて楽しい。



by sizhimi | 2017-07-19 17:36

小さな進歩

今日は晴天なのはいいけれど、朝から気温はどんどん上がり、

午後は、熱中症が「警戒」「注意」どころではなく「危険」になるそうな我が県である。

ガタイのいい見た目とは裏腹に、とっても虚弱である私は怖くて外に出れないじゃん148.png


で、今朝、娘が「もう遅刻確定だよ」と言いながら、「これは似合わない」などとお着替え優先しながらNHKの朝イチを見ると、

特集で「シニアの栄養失調」。

シニアといっても65歳以上を対象にしているのだけれど、

65歳以上はコレステロール値の適正が変わり、若い人よりも高い方がいいそうな。


いつも通り、私の食が細いことを、娘に叱られる。

歳とると、たんぱく質をせっせと摂らないと筋肉が落ち「寝たきり」になるリスクが高まることは知っていたけれど、

総コレステロール値も高くなければならなかったのね(悪玉コレステロールもシニアは高い方が長生きするそうな)・・・って、私はまだ50代だ136.png


いや、でも、コレステロール値が低いのが自慢だった私、

食生活やちょこちょこなる鉄欠乏性貧血症をかんがみると、

栄養失調まっしぐら・・・いや、すでになってるかも149.png


少食なのはいいけれど、ならばバランス良く食すべきはわかっちゃいるけど、

野菜が好きなので、野菜を食べると、それだけでお腹がいっぱいになってしまい、食事がサラダだけになってしまったり、

トーストが好きなのだけれど、するとトースト1枚で食事が終わっちゃったり。

いやね、娘に怒られずとも、自分でもヤバイとは思っているよ。

これじゃあいくらリハビリしてもなかなか筋肉がつかない。

それでも努力の結果はじわじわと出ていて、昨日は近所のコンビニに、杖を持たずに買い物に行くことができた。

距離的には杖無しでも歩けるものだったけれど、なんせ怖い。不安である。

小さな勇気だけれど、一歩進歩。


来月、父と東京で一緒に食事する予定になっているのだけれど、その時には杖をついては行けない。

少なくとも父の目の前で杖歩行は避けたい。

いい歳した娘に、誕生日プレゼントとして、誕生日のその日に届くように、大きく美味しいスイカを2個送ってくるような父である。

同じ「親」として、その気持ちはわかる。

そんな父に、それも80で、いくら今は元気とはいっても糖尿病も持ってるし、あと数年したら会えなくなるのだろう実の父に、

心配はかけたくない。

「心配したところでどうにかなるものではないから」とカラッとしていられる程、親は我が子に対してドライではいられないものだ。

いつもそうだけど、聞き役にまわって父には気持ち良くディナータイムを過ごして欲しい。

そりゃ仲の良い父娘ではないけれど、別に私も鬼じゃあないからね、親を想う気持ちくらいはあるわさ。


もう一つ小さな一歩を感じたのは、いつも通りサックス。

アルトからソプラノに転向し、戸惑うことはあったけれど、

ようやく余裕が出てきたのか?好みの柔らかい優しい音が、まだ気配だけど、出せるようになってきた。

やるじゃん!私ξ^▽〆をほほ...。104.png


まぁ誰かの前で吹くものじゃ無し、自己満足の世界に浸っているだけの話。

浸って幸せならいいじゃん110.pngってとこ。


そんな「楽しい」のおかげで、

相変わらず右脚の痺れ(内側に集中)はじっとしていてもビンビンだし、歩くと響くし、体洗い中右脚を洗うたびに変な感触で気持ち悪くなるし、

左腕も痺れを抑えるリリカカプセル(神経痛薬)の効果がきれると大変で、

その両者であまり長時間とれなかった睡眠時間が、

途中トイレなどで目覚めることなく7時間は熟睡できるように戻ってきた・・・眠剤は飲んでないよ。

いろんな事が変わり、不便も多くはなったけれど、ちゃんと「私」は新しい状況に適応しようとしていることに気づく。

有難い。

それを「何もしてないよ」って顔しながらフォローしてくれている人たちに、

ただただ感謝!162.png





by sizhimi | 2017-07-12 10:40

今日を生きるも難しい

今日は曇り。気温は丁度良い。

雲の合間に青い空が見える。風なし。


朝からどうも気分が良くなく、

出来れば、今日入っているスケジュールを全部キャンセルして、

海岸にでも行って、日向ぼっこしながら読書としけこみたい。

チャンプ(チワワ、老犬)も連れてってやろう。


しかし、いい大人が目の前の仕事を放り投げて日向ぼっこにも行けない。

それに、もし今日それをしたところで、明日は「明日は元気いっぱい、モチベーションUPで二日分しっかり働きます!」な〜んて自信もない。

そんな体力がないので、日々ちょこちょこ積み上げていくしかない。

せめてこの土日はしっかりと休みたい。


右足の付け根が先日から痛い。ちょうど人工股関節になっている部分だ。

来週メンテナンスの予約を入れてある。

いつも通り大丈夫かと思うけど、痛みは不安感を引っ張り出す。


11年余り、「痛い」とお付き合いし、この先もずっとお付き合いせねばならない。

「痛い」だけじゃなく、引っ張られて顔を出す不安感ともお付き合いせねばならない。

時に疲れて「もう死んじゃおうかな」と思うことも実際はしょっちゅうある。

「もう死んじゃおうかな」に負けないように、いつも何かしら目標設定をし、

余計なことは考えなくていいように、

目標達成した後の喜びや達成感を妄想し、頑張る。

それは些細なことでもいい。

例えば、へそくりが貯まったら、このワンピースを買おう!その為に節約を頑張ろう。きっとこのワンピースは私に似合う・・・なんてものでもいい。


実際、そんな妄想で楽しめる女性だったらいいけれど、私はやはりちょっと変わっているのかもしれない。

今私が週に1度通っているのは自動車教習所。

自動車の免許はもちろん持っている。とうの昔に東京で取った(東京出身なので)。

今チャレンジしているのは普通自動二輪MT(マニュアル)。

自動車免許は持ってので、学科はなく、実習のみなので、かかる費用は安い。

とは言っても、教習所が設定している時間を超過すればそれだけ余計な費用はかかる。

幸い私はずっとマニュアル車にのっているのと、自転車代わりにスクーターに乗っているので、

問題は、教習車が400ccというデカさと重さのみ・・・約200kgある。

そんなデカいバイクに乗る予定はないのだけれど、普通自動二輪で乗れる最大が400ccだから、それを乗りこなせないと免許はいただけないということだろう。

週に一度しか教習所に行かぬは、私の体力がおそらく持たないから。

危険なのは承知で・・・身内がバイクで死んでたりしてるし・・・故に、だからこそ、教習所でしっかりと学びたい。


妄想は、バイクで横浜に住む孫に会いに行くこと。

車はあるけど・・・飽きた。

電車で、グリーン車でビールを飲みながら行くも楽しいが、

その時の気分で、移動にだって変化が欲しい。


サックスは、今週はもうちょっと休む予定。

なんとかかんとか苦労してここまで来て、今度はそれを崩す作業・・・格好良く聴こえるように。

聴くは容易いが、吹くは難し。

頭の中で、どう吹くかのイメージが構築できずにいる。

いったん自分なりに構築したものが駄目出しされた後は、頭の中は混乱状態。

こういう時はしばし脳を休ませた方が結果いい。


さぁ〜、頑張って働こう166.png



by sizhimi | 2017-05-18 11:52

新しいスイッチを作る

今日は曇り。やや寒い。とは言っても、半袖Tシャツだからか105.png

今週末からかなり気温が上がるらしい。

急な気温の上昇により、皆体が適応できていないので、熱中症注意情報が出ている。


一ヶ月ぶりのサックスレッスンが終わり、ほっと一息の今です。

課題は多い。

柔らかく、優しい音で、譜面と指定テンポに従って正確に吹くことを心がけてきた私は、

ジャズらしく格好良く吹けない。


ジャズを目指していた訳ではないけれど、気がつくとジャズにいっていた訳で、

どうして師が、私をジャズに向けたのかは不明・・・機会があったら聞いてみよう。


「柔らかく、優しい音で吹きたい」は、おそらく私がそう生きたいと願って、長い年月をかけて、そういう風に自分を向けてきたもの。

私の生き方の癖でもある。


大学卒業後、社会人になり、妻になり、嫁になり、母になり、

その間、何度も何百回と悔し涙を流しながら、家族と共に生き抜く知恵として身についたもの。


楽器演奏者としては素人の私は、自分の生き方がそのまま演奏に出てしまうのだろう。

会社員のONとOFFの切り替え同様、プロの演奏者は、それが仕事だからONとOFFがあるのだろうが、

楽器演奏に関しては素人の私が、そのスイッチを作るのはなかなか難しい。

若い頃に経験があれば、埃をかぶった過去の思い出の品の中から探せばいいだけの話なんだけど、

私は長年絵画畠にいた人間で、音楽に関してのスイッチは持った経験がない。

絵画でさえも、もう記憶の底の底にあるので、何処にそのスイッチが紛れているのか探しようもない。


「ジャズらしく、崩していいから、格好良く聴こえるように」となると、

次のレッスン日の予約の取りようがない。

「はい、はい」と指導を受けながら、私にはそれが見えていないから。

見えていないから、どこをどうすればいいのか、師の説明も何故か右から左に抜け、何をどう質問していいものやらもわからない。

「クラッシックならそれでいいけど」という師の言葉が痛い。

クラッシックはやる気がないから。

どう吹けばいいんだ?

見えない。

見えないままで終わりたくはない。

功を奏すのか?足を引っ張るのか?根っからの負けん気の強さがネックとなる。


別にプロになろうおって訳じゃああないんだから、そんなに真剣に向き合う必要はない。

そんなことわかってる。

でも負けたくない。

誰に?

もちろん自分にだ。

もうこんな歳だ。体も弱い。

敵なんかいない。逝く日の準備しながら待つだけの残り時間だ。

敵として誰か第三者を立てる必要はない。

残りの人生、残りの時間、ライバルは自分自身。

逝く時に「私はよく頑張った。」と満足して逝きたい。

何一つ想い残すことなく逝きたい。

その為の新たな戦いが再び始まる。



by sizhimi | 2017-05-17 16:14

何があろうと

今日、船橋整形外科病院の股関節グループの医師からの紹介で、脊髄グループの医師の診察を受けたけれど、

要は「診たいくない」ということらしい120.png

a0152078_18500566.jpg

股関節グループでも、腰と首の治療の件ではそうだったけれど、

最初の腰椎変形すべり症で腰椎4、5番を固定手術した習志野第一病院でやってもらえ!

何故ここに来た?118.pngつーことらしい┐( -“-)┌

(股関節グループの担当医にも何度もその経緯は話したから、知ってるかと思うんだけど、知ってる知ってないという話ではないらしい。)


a0152078_18512038.jpg
引っ越しなどもあり、今後のことを考えると船橋整形外科病院をこの先かかりつけにしたい意向(近いから)は、

結局同じ病院でもリハビリ科でのみの受け入れとなる。


a0152078_18520767.jpg
首はもうヘルニアになっている椎間板(軟骨)が骨化しているという難病化しているし、

腰は、固定してる箇所がある分、他にヘルニアができやすいのは当然で、「筋肉つけてなんとかしろ」つーことらしい。


a0152078_18530173.jpg
この年齢で筋肉なんてそうそうつかないし、そりゃ努力するとしても、

今の不便をなんとかして欲しいし、

いくらかでも生活しやすくして欲しいのだけれど、

エリートさん達にとっては、一般庶民のそんな悩みなど、どうでもいいらしい。


a0152078_18534353.jpg
困った末に、

徒歩1分のご近所である針灸院に初めて電話で相談したところ、

状態がかなり悪いので、時間を多く取らねばならないそうで、まぁとりあえず長く時間が取れる日時に予約を入れてくれたけど、

期待はすまい。

下手に期待すれば、失望を招く。


a0152078_18542144.jpg
今日だって失望し、生きてるのも嫌になった。

しかし、私が生きてるのが嫌になろうと、誰も気になんかしやしない。

もし私が死んだとしても、3ヶ月後には家族からさえも忘れられているだけのことだろう。

そういう男と結婚し、そういう子供を育てたのは私なのだから、誰も責めることはできない。

a0152078_18550902.jpg

猫達がいるから、負けて死ぬ訳には、動けなくなる訳にもいかない。

私が今日帰宅して、ショックで寝込めば、猫達3匹がその横に、その上に、その傍に寄り添う。

私を必要としてくれている彼女達がいる限り、私は頑張らねばならない。

彼女達は私を愛してくれるのだから。


a0152078_18562014.jpg
そんな彼女達(猫3匹)の姿を見て、なんとかモチベーションを湧き上がらせ、アルトサックスを吹いた。

standardJAZZを何曲か吹く・・・好きな曲だ。

上達の為に、師のアドバイス通り、メトロノームを鳴らしながら、リズムに集中する。

いくらか心が救われる。

a0152078_18570929.jpg

頑張ろう・・・と思う。

船橋整形外科病院に定期通院するのはやめよう。

もう病院なんて懲り懲りだ・・・「患者を助ける!」なんて医者なんて、きっとテレビの中でしか存在しないのだろう。今や「医学部」は、偏差値の高い理系人間のステータスシンボルに過ぎない。

その為に購入したスクーターだけど、これからは外でアルトサックスを吹いても気持ちの良い季節だ。

海岸までのんびりアルトサックスを背負って吹きに行ってもいい。

a0152078_19033673.jpg

ちゃんと前を向いて歩いていれば、

何かが、きっと私を救ってくれる。



by sizhimi | 2017-04-10 19:04


頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりチタンボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症&両手親指付け根変形性関節症温存療法中とあまりの疾患の多さに自分でも忘れ、あきれている整形外科と縁が切れそうもない50代主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

平和ではなくなった日本の夏
at 2017-08-11 09:05
リハビリの夏、読書の夏
at 2017-08-10 09:24
コアサーキット
at 2017-08-07 12:40
痛み止めだった筈のリリカカプ..
at 2017-08-01 08:09
ドラッグのような薬リリカカプ..
at 2017-07-31 22:14

記事ランキング

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

画像一覧

フォロー中のブログ

ironのブレブレ写真館
1*ときどき*5
地域情報発信基地in高知
White Board -♭
がちゃぴん秀子の日記
Dreary Day
  P & F comp...
司法書士 行政書士 柿本...
walk with my...
Yume-maboroshi
人生とは ?
ねこ旅また旅
皿 皿 碗 碗 ;週末陶...
君の笑顔に逢いたい
アメリカからニュージーランドへ
*しゅきしゅきしゅきよ~...
こころのまんなか。
えびぞう翁の徒然日記

検索

タグ

(24)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)

ブログジャンル

つぶやき
病気・闘病

ファン

ブログパーツ

https://www.instagram.com/tamagofurikake07/?hl=ja