タグ:腰痛 ( 24 ) タグの人気記事

回復には向かってはいるけれど

今日は曇り。気温は最高で24℃の予報で、昨日より涼しい。

天気は下り坂で、明日は雨だそうだ。

用があって外出せねばならないのが今日でよかった。

雨の日のお出かけは決して嫌いじゃない。

強風の方がよっぽど嫌だ。


腰痛は多分回復には向かっているのだと思う。

もう寝込むこともなく、一応普通に、無理なく家事も趣味も出来ている。

でも、痛くない訳ではない。

刺すような痛みは続いている。

その刺すような痛みは悲しみを運んでくる。

だから元気は出ない。

でも、それで寝込むと、もっと気持ちが凹むから、痛みに気をとられないように自分なりに工夫しているだけの話。

痛いだけならまだいいが、悲しみまで伴うのはいただけない。

治ることがないのなら、せめて、その痛みを笑っていたい・・・要は自虐ネタだね。

それが「痛いおばさん」になろうとも、他人にどう見られるかなんてもう気にしない。

自分が楽な気持ちでいられればいいだけの話。

どうせみんな他人の世界なんてどうでもいいのだから。

自分と他人を比べて、出来れば上から目線で眺められれば・・・「ああはなりたくない」とか「あれよりは私はましだ」「まぁお気の毒に」など・・・有難い&嬉しいというのが基本形。

う〜ん、かなりひねくれてるな119.png

そうそう「いい人」にもなれやしない。

逆に、何があっても「いい人」だったら、その方が怖いわ149.png



by sizhimi | 2017-05-09 10:37

腰痛と肥満の関係

今日は晴れ。気温は29℃まで上がるという夏日。

しかし湿度は低く、過ごしやすそうな感じで、エアコンも空気清浄機機能のみにする。

ゴールデンウィークがあけ、今日は夫は会社へ出勤。

外泊中の次男と娘も同じくだろう。

夫は今夜は飲み会だから、「夕飯は要らない」とのことだったけど、子供達はどうなんだろう?

なんか食材あったっけ?

a0152078_09254056.jpg

やらねばならぬ事は多々あるのだけれど、

ゴールデンウィークを腰痛ですっかりつぶしてしまった私は、今朝は意欲がわかない。

腰痛自体はだいぶん回復してきた。

昨日までは座ってるだけでも痛くて辛かったけれど、今朝は座ってても大丈夫。

しかし、意欲がわかず、毛布をかけてリビングのテレビの前に寝っ転がり、

珍しくiPhoneでブログ更新中。

猫達も思い思い気に入った場所で寝ており、

すっかり彼女達と同化している。

a0152078_09101477.jpg

また太るぞ143.png

デブは動き出せば、勢いでパワフルに動けるのだけれど、動き出すまでが大変だ。

中古トラックのようだ105.png

痩せてた頃(今より17kg体重が少なかった)は、フットワークが軽かった。

腰のためにも痩せねばならないのだけれど、

体が重過ぎて、その重さを支えきれず、しょっちゅうギックリ腰。

腰痛で動かないから、エネルギーを消費せず太る。

より体が重くなり、対して筋肉がその重さを支えられる程はないから、治りかけて動くと、すぐ又ギックリ腰。

悪循環145.png

かくして慢性腰痛148.png

このままじゃあ、寝たきりボケ老人への道まっしぐら。

困りながら、「腰が痛い」を理由に、自分を甘やかせてしまっている今朝の私です141.png


追記

午前中、寝っ転がってブログ更新し、その後しばし休んだら、元気も出てきたので活動しだした。

腰が痛く、外出する勇気はやはり出ない。

自宅にて座り仕事、そして気晴らしになるかと趣味のアルトサックスを吹く。

結局、座っていても痛くて集中できない状態になる。


この時間、ゴールデンウイークあけのだるい体を無理してせっせと働いている人達に申し訳なく思う。


そして、こんな晴れた日は、いくらでも歩けて、ウォーキングが趣味で、ウォーキング中に目に止まったものを写真に撮っていた頃を思い出す。

あの頃の、その写真をUPしていたブログを削除してしまったことを今は残念に思うけれど、

あれば、いつまでも過去を懐かしがっているだけになっていたのかもしれないし、

きっと、それでよかったのだろう。


「痛み」はよくない。

「痛み」に心が負けだすと、坂を転がり落ちるように、その下に悲しみと寂しさと憂鬱の沼が待っていたりする。

そこから這い上がるのは容易ではないことを知っている。

今、ちょっと寂しいし、ちょっと悲しい。

何故か、過去の、こんな空の下を汗を流して歩いていた日々が頭に浮かんでしまう。

ついこないだのような気がするのだけれど、数えてみると、何年も前だったりする。


さっき飲んだ痛み止めが効くといい。

イタリアに住む料理人をしている友達が、炎症に効果がある飲み物の作り方を教えてくれた。

彼女の母親はフランス人で、父親がイタリア人。

母親から教わった料理に、イタリア料理をミックスした料理がなかなか受けている。

日本料理も好きでいてくれて、時々お寿司も見よう見まねで作っては、その写真を紹介してくれる。

なかなかの出来だ。

炎症を抑える天然の薬には、生姜根があればいい。

今我が家には生姜根がない。

ネットで頼んでも、届くのは明日になろう。

今日、さっと買いに行けるといい。


他人が読んで、面白くもおかしくもない内容だけれど、徒然に今の自分の状況や想いを書き連ねるだけで、

心が少し軽くなる。

少し開けた窓から入る風も、優しく感じることが出来る。

すると、風にまつわる幸福な思い出が頭に浮かんできてしまうけれど、

未来に・・・若い人からすれば、残された未来はほんのわずかだけれど・・・幸福な思い出となりうるものを作っていこう。

遠い異国から、心配して声をかけてくれる素晴らしい友達がいる。

それでもう十分幸せなのだから。

坂の下の沼には落ちないと思う。



by sizhimi | 2017-05-08 08:58

おてんとう様

今日は曇り。気温はそこそこ高く、やや蒸している。

湿度が気持ちが悪く、エアコンはドライをかける。

次男の部屋など、もう冷房をかけている。筋肉量の多い若い男性にとってはすでに「暑い」らしく、その暑さは仕事の妨げになるらしい。


ゴールデンウイーク直前にリリースした次男がかかわるスマホ用ゲームは、ようやくバグも落ち着いたか?

昨日の晩から彼女んちらしい・・・そう言っていた訳ではないので、会社に缶詰なのかもしれないけれど、

それではさすがに次男の体が心配なので、勝手に「恋人とデート」と思っておく178.png


夫は今日はゴルフ。

珍しくスタートが午前9時からと遅いとのことで、午前6時半に家を出た。

雨でなくてよかった。


娘はずっと彼氏と一緒の筈。明日の晩には帰ってくるのだろうか?全く音沙汰がないから不明。


私は今日は家で一人。

激痛ではなくなったけれど、まだ刺すような腰痛あり。

数日の激痛と、そのあまりの痛さのために起きた過呼吸のため、

ここのとこ結構アクティブに一人で外出できていたのが、再び怖くなって、一人ではせいぜいゴミ捨て場にしか玄関から外へ出られない。

チャンプの散歩に毎日出ては写真を撮っていたのは、もう2年以上前の話になってしまった。

時が経つのはあまりに速い。


座っていても痛い。

だから、こうやってパソコンに向かっていても痛い。

それでもアルトサックスは吹いている・・・腱鞘炎が痛いけど143.png

やらねばならぬ事は山ほどたまっているのだけれど、痛みに引きずられて意欲がなかなか沸かない。

そんな状態においてもアルトサックスを吹くは、ふと、そこに何かを見つけようとしているような気がした。

何を私は探しているのだろう?

何を見つけ出そうとしているのだろう?

いい歳して笑ってしまうじゃないか。

もしかしたら、ほんの少しでも希望を、そして自分を探そうと懸命になっているのかもしれなかった。

それも、もしかしたら「思い残したくない」ものなのかもしれない。


吹いてて、自分の演奏に自信などはない。

師は最近褒めてくれるようになったけれど、

ひねくれた私には、「金払ってレッスンを受けている年配者はおだてておこう」というまだ若い方の気遣いと思いやりにしか思えない。

年配者に厳しく指導したところで、その先に希望に満ちた何かが待っている訳ではない。

その年配者の自己満足を満たしてやり、良い気持ちにさせておけばよい・・・逆の立場だったら、私もそう考える。それも「優しさだ」と考える。

そう、それは優しさだ。

その優しさに年配者の側は感謝せねばならない。

感謝している。

しかし、何故か苦笑いしか出来ずにいる。


だって、気が付いたら年配者だったのだもの。

なんか、社会で生きていくのとか、夫婦関係とか、子育てとか、色んなしがらみの中で夢中で生きてきたら、

まるで玉手箱を開けた浦島太郎のように、髪は白く、顔はシワだらけ、手元は老眼で見えない、体はあちこちガタがきてました・・・そんな感じ。

そこに寂しさを感じずにはいられない。

しかし、その現実をきちんと受け止めるしかないのも承知している。

だから、ふと出るのは「苦笑い」だったりするのだ。


それでも、家族に恵まれ、こうやって趣味に興じていられる自分は、本当に幸せなのだと思う。

ちょっと病気を背負っているくらいで文句を言っては申し訳ない。

バチがあたってしまう。

おてんとう様は見ているから。


今は耳にしなくなった「おてんとう様」。

悪い事はしちゃいけない。人は誰もそれを見ていなくても、ちゃんとおてんとう様が見ているから、そのバチが必ず当たるよ・・・そんな言葉を聞いたのは古い昔。

昔はいたんだよな、おてんとう様。

今もいてくれるなら、私は結構褒めてもらえると思うんだけどな110.png



by sizhimi | 2017-05-07 14:39

思い残すことなく生きたい

今日はすっかり夏日だ。Tシャツ一枚で丁度良い。

猫達もバルコニーでの日向ぼっこが気持ち良いらしい。

犬のチャンプは高齢のせいか?急な気温の変化に対応が難しいらしく、ここ数日下痢している。食欲もあったりなかったりと不安定。


私は3、4日と2日間腰痛と動悸息切れ、過呼吸で苦しんだけれど、昨日から回復しだしている。

きっと「大型連休だ」とマスコミが騒ぐから、それで気も緩んだか?疲れがどっと出たのだろう。


2日寝込むくらいの疲れで済んだのならばまぁ良しというところだろうけれど、

夫と、話題の「いきなりステーキ」を食べに外出したところ、暑さにあたってしまった。

最高気温25℃。

真夏ならば涼しい。

しかし、まだ体が、自律神経がそれに適応していないのだろう。

中高年はそろそろ熱中症に注意!!の時期となる。


腰はあいかわらず痛い。

そろそろ歩くのも5分が限界というところか。

でも、まだ、ちょっと休めば回復して又5分は歩ける。

その5分間の姿だけを見れば、誰も私が不便しているとなど信じもしないだろう。


青く晴れた空を見上げると、その下を元気に歩いていた頃を思い出す。

その頃はそれは決して特別なことではなく、至極あたりまえのことだったから、何とも思わなかった。

今となっては、その頃がどれだけ幸せだったかと思い知らされる。

すると、途端に自分に自信がなくなる。

なんて自分はダメな人間なのだろう、と落ち込む。

痛くても、我慢して動いている方が、「私はダメ」を考えずに済むし、自分を肯定できる。


それでも、どうしても痛くて動けない時がある。

そういう時は、誰とも接触したくない。

ダメな自分をそうやって消してしまおうとする。

でもまだ死ぬ気はないので、やはり助けてくれる人は必要で、

なんだかんだ言っても、夫がいてくれると助かる。

夫がいて良かったとつくづく思う。

そして、夫より先に逝ったら、夫と再婚してくれる人がいるとか、舅、父の世話を甲斐甲斐しくしてくれる嫁や娘がいればいいが、

今時そんなのは期待できないので、

もし独り身になった夫が病気でもしたら、さぞかし心細かろうと思う。

そんな寂しい想いをさせたくはない。

だから、しっかり夫より長生きしよう!せねば!と思う。


くしゃくしゃの婆あになるのは嫌だし、

私はなんかとっても惨めなくしゃくしゃの婆あになりそうで不快だけれど、

恩はきっちり返して、思い残すことなく逝きたい、と思って今を生きたい。



by sizhimi | 2017-05-06 15:23

腰痛、動悸息切れ、過呼吸

今日は曇り。

テレビでしきりに連呼していた「大型連休」の後半の天気はどうも下り坂の模様。

それでも「ちょっとそこまでお買い物」でさえも、自動車だと渋滞にはまる。

日本国民が、あっちこっちに大移動。


若い頃は、そんな中でも「おでかけ」の魅力が勝ったけれど、

歳とると「疲れる」が優先する。

それでも家にひきこもっているのも寂しい。

ちょっと写真の撮りがいのあるところへでも出かけたい。


しかし、昨日から、回復傾向にあった腰痛が悪化

昨日は「痛い、痛い」で、座薬を入れても効果なく、結局1日布団の中で寝込んでいた。

あまりの痛さに、時に動悸息切れ、それどころか過呼吸にまでなり、かなり辛かった。


きっと疲れが出たのだ、1日休めば治るさ・・・の想いはむなしく、

今朝は腰の激痛で布団から起き上がれなかった。

夫が「救急車呼ぶか?」と尋ねたけれど、

私「どうせ注射一本打たれて、『家で数日安静にしてなさい』と帰されるだけだから。」と断った。


珍しく夫が気を利かせ、風呂の湯を沸かしてくれた。

自力では起き上がることも出来なかったのだけれど、それも夫がなんとか持ち上げて起こしてくれた。

おかげでしばしお湯の中で温まり、薬を飲んで休んだら、すんなり起き上がれる程度には回復した。

で、洗濯機が洗濯してくれた洗濯物(当然だ。今時、それもこんな状態で、たらいと洗濯板で洗濯する訳がない)を干しだした。

腰はまだ痛かったけれど、昨日や今朝の激痛を考えれば、いつもと変わらぬ痛さゆえ「もう大丈夫」と例によって調子に乗った。

しかし今や「痛み」が強いストレスになっているようで、

動悸息切れが始まり、過呼吸が起こり出した。

対応策で深呼吸をするも左胸が苦しい。

左胸を抑えながら、ふと気力を振り絞り、このブログを更新することにした。

吐き出そう。

これが私にとっての一番の対策だ。

ストレスを吐き出してしまおう。

腰が痛い。

左胸が苦しい。

病院へ行ったって、医者なんか助けてはくれない。

どうも私は医者運が悪いのだ。

次行った病院で、前の病院での担当医の名を告げると「あの病院はA先生は名医で有名なのになんでA先生に診てもらわなかったの?」とか「運悪いね。あのB先生は私たちの間でも評判悪いよ」ってことが何度かあった。

前もって下調べをせずに行かない私が悪いのかもしれない。

ちゃんと下調べをし、良いと評判の医師を指名し、何時間でも診察を待つ根性を持つべきなのだろう。

待つのが嫌いなので、つい「空いている方でいいです」な〜んて言ってしまう。

「空いてる」って、要は皆診て欲しくない、ということだ。

相手が医者に限らない。

どうもそういう運に恵まれていないのか、私という人間に問題があるのか?


自然他人に期待というものを持たなくなる。

他人に興味も持たなくなる。


末っ子の娘が大学3〜4年の時、突然家出し、彼氏と同棲しだした時はかなり心配した。

彼氏にはこちらは会ってもいないし、名前もどこに住んでいるのかも、情報が一切なかったので、親としては心配するのも当然だと思うのだけれど、彼女にとっては「うざい」だけのようだった。

心配する母親を罵倒するばかりの娘に精神的にまいった結果、

今や娘を心配する心もどこかへ飛んで行ってしまった。


次男は、会社で自分が最初からメンバーで、今はリーダーになっているプロジェクトが世に発表されたばかり。

要はスマホ用ゲームアプリがリリースされた・・・勤める会社がゲームを作る会社だから。

なんだかんだと問題が起き、途中リタイアした仲間を見送り、

何百回と自分も辞めようか、と思いながら、ようやくこの日を迎えたそうで、想定外のバグは起こったけれど、とりあえずはうまくいってはいるらしい。

とは思ったのもつかの間、バグが起き、ちょっとした炎上。

対策に追われ、徹夜が何日も続き、次々とメンバーがダウン。

次男ももうふらふらのボロボロ。

ゴールデンウイーク、お出かけせず、ゲーム三昧の人口もかなりいるらしい。


ついでに我が家の車、先日冷却水漏れの修理から帰ってきたばかりなのに、今後はオイル漏れ。

ゴールデンウイーク明けにまた修理に出さねばならない。

最近はあまり乗らない車なのに、金を食う。


あっ、やだ!ストレスを書き捨てるつもりが、ストレスになっているものを書き並べていたら、

とっても息苦しくなってきた。

もう久しくこんなになることはなかったんだけどな。

気持ち的には別に落ち込んでもいないし、何よりほとんど気にはしていないのだけれど、

逆に抱えている何かが浮上してない時の方が怖いのかも149.png





by sizhimi | 2017-05-04 12:42

痛みのピークは過ぎたか?

今日は晴れ。過ごしやすい気候。


今回の腰痛のピークは先週でようやくおさまった感じ。

今日はまだ痛み止めの座薬を入れずとも動けている。

とは言ってもまだ痛い。

普通に動いても疲れるけれど、

ゆうべからストレッチポールやリハビリ科で指導を受けたちょっとした体操はいくらか出来るまでにはなっている。

このまま治まっていって欲しい。


今日はなんとか簡単に煮物くらいは作れそう。

私は自分の作る煮物が一番好きだ。

ほっとする。

家族もそうであるらしい。



今日午後は婦人科検診に行ってきた。

結果は後日・・・今回はひっかからないでいて欲しい。

婦人科検診の後、そのまま整骨院へ・・・電気をかけてもらうのが一番気持ちいい。ずっと電気をかけるだけでいいと思うくらい。

この電気、病院のリハビリ科でもかけてくれるけれど、座ったまま。

座っていても痛い人間が、座ったまま電気をかけてもらっても楽じゃあない・・・サービスが悪い💢

整骨院ではうつぶせ寝のまま腰にパッドをあて、電気をかけてくれるので助かる。

整形外科病院のリハビリ科も「病院」という名にあぐらをかかず、もっと患者の身になっていただきたい。


アルトサックスは、婦人科検診へ行く前に2時間弱吹く時間を持てた。

気楽にJAZZスタンダード。

もう、あくまでも今は腰痛でつらい自分を自分で癒しなぐさめる感じで吹いている。

師にも、メールにて、腰痛がいくらから治るまで(慢性腰痛だから治りはしないけれど、激痛でなくなるまで)JAZZスタンダードを吹かせて欲しい旨を承諾していただいた。

今はもう頑張れない。

好きなことを、マイペースで楽にしていたい。

こんな時くらい、自分だけは自分を可愛がってあげたいじゃん。


そういやアップする写真がない。

もう出尽くしている。

新しく撮りに行ける身体的状態ではなかったからしょうがない。

昔、よく空を撮った時期もあったし、

よく海を撮ったこともあった。

花をやたら撮った頃もあるし、

もちろん我が家のペット(猫たち、犬、今は亡きフェレット、ハリネズミ、魚)を撮った頃もあった。

風景も撮ったし、

毎朝作る弁当とか夕飯とかも日々撮ったこともあったっけ。

飽きるんだよね。

向上心がないから、カメラの腕の方は一向に上がらないし135.png

どちらかと言うと、今は他人が撮った写真を見るのが楽しいかな。

なんか「ひとんち」を覗き見している気分・・・「覗き」趣味はありませんが。


元気になったら、

久々に一眼レフを持って(ここんとこスマホ撮りばかり)、

スクーターに乗って、

ブログを飾る写真(飾ってるか?140.png)を撮りにでも行こう。





by sizhimi | 2017-04-24 17:52

私の子育て、夫育て

今日は曇り。

天気は不安定ということで、お出かけには傘を持って行った方がいいとのこと。


ところは変わり、北海道は帯広では雪が降っている・・・関東地方以外に住んだことのない人間には想像しがたい。

何分昨年11月に雪が降ったのさえ驚いた・・・そんなに早くに雪が降るのを見た記憶が私にはなかった。

春一番が2月に吹いたのも驚いた・・・早すぎるだろう150.png

なんか例年と違ったこの冬だったな。

さっさと炬燵を片付けはしたけれど、「まだ出しとけばよかったな」と思うゴールデンウォーク前、新緑の季節。

a0152078_09345470.jpg

お腹が空いた148.png

食材は冷蔵庫に残っている・・・肉、野菜。

さっと煮物を作れる・・・が、作れない。

腰痛がひどい。

めちゃ痛い。

夜中も激痛で目覚めたほど。

朝起きて、痛み止めの座薬を入れ、なんとかといった感じ・・・キッチンに立って料理が出来るほど良くはない。

夫は今日は館山(千葉県)でゴルフ大会だと、まだ暗いうちに外出した・・・帰りも遅いそうな。

娘はいつもの週末同棲で彼氏のアパートにゆうべから行っている・・・帰宅は月曜の夜。

次男はゆうべは帰ってきたけど、仕事の持ち帰りで忙しいか、夕方近くに起きて、シャワーを浴びて、彼女のアパートにお泊まりに行くかのどちらかで、やっぱりあてにはならない。

ネットスーパーで冷凍物など、温めればすぐに食せる物は買いだめしといた筈なのだけれど、

私が食べる前に家族に食べられてしまった148.png

なんとかレトルトお粥を見つけ食しながらブログ更新中。

ネットスーパーで食う物を注文せねば、餓死するぞ149.png

同居する家族が複数いても、孤独死するぞ145.png

自分がそんな調子なのに、朝一で、猫達にはご飯をあげた。

洗濯機もまわした・・・あとは干すだけ。

a0152078_09363828.jpg

わが夫、こんな妻を置いて遊びに行くのに心苦しい様子(パフォーマンス)をゆうべは見せながら、

家事の手伝い一つせずに、ゴルフの練習をしていたぞ・・・せめてダスキンモップをかけるか、コロコロくらいはしてくれよ。約束の、使ったフライパンは自分で洗うくらいはしろよ!!

まったくアラ還の古亭主はすっかり小学男子のままで成長していない・・・老けた、腹が出た、頭髪が白髪、その上減っただけ。わがままな田舎の長男のままだ。

昔は悔しかったけれど、3人の子供に恵まれたことも感謝しているし、孫にも恵まれたことにも感謝している。

これはこれで良かった、と感謝しとくが、下手に腹をたてるより自分の心が穏やかでいられるから、

あきらめて、そちらを選択。


孫、とはいっても、これは無事結婚した長男とこの話で、

まだ家にいるアラ30の次男は「結婚願望がない」そうな119.png

生涯おひとりさま」が今は増えているそうだけれど、それは親としては困る。

親の介護なんてしなくていいから、自分の老後を考えて、ごくごく普通の家庭を築いて欲しいと願うは、時代錯誤なのだろうか?

次男は私に似て体が弱いので、より心配だ。

母さん、安心して死ねないじゃないか141.png

a0152078_09373242.jpg

幸せでもあり、まだまだ頭の痛いこともあり、

現実腰も痛い。

リハビリどころか、昨日予約が入っていた歯医者も忘れていた・・・電話して、謝って予約を取りなおさねば117.png

とりあえず、今回の炎症がおさまって、腰痛がいくらか動くに楽になってからの予約にしたい。


夫育ても、子育ても、もしや私は失敗したのでは?

と確信に近い疑問に頭を垂れる今である。



by sizhimi | 2017-04-22 09:42

心と体のメンテナンス推奨・・・健全な社会を築こう

今日は曇。ところにより一時雨となるそうな。


腰痛は相変わらず。

腰の中心から右側、お尻右の上部が痛い。

あまりの痛さに、今日は動悸息切れ。左胸が苦しい。

左胸の苦しさから、時に咳が出る。

しかし熱は平熱なので、感染症とか腎盂炎ではなさそう。

こう連日痛みが続くと気も滅入る。

a0152078_12324045.jpg

思い切って、メンテナンスから戻ってきたアルトサックス、YANAGISAWA901を吹く。

やはりサブのヤマハASー62より音が柔らかい。

その柔らかい音に癒される。

好きなJAZZスタンダードを何曲か吹く。

気持ちがいい。


しかし長時間座っているのはまだ体にキツイようで、段々と痛みに気をとられるようにはなるし、なんか熱っぽくなってきた。

で、冷えピタをおでこに貼って、しばし休憩。


洗濯はしたけれど、痛くてまだ干せていない。

焦ってもなるようにしかならない。

痛みに勝つことは出来なくとも、うまく付き合っていければ、まぁ今日中には干せるさ。

a0152078_12372796.jpg

「針灸がいい」と勧めてくれた人がいた。

しかし、私の場合、腰と右股関節が金属になっている為、「感染症のリスクが高い」と、

先日脊髄脊椎病専門医から、ブロック注射もしてもらえなくなった。

針ももちろんダメだ。

金属に金やウイルスがつけば、大抵は何度かの洗浄手術で済むけれど、敗血症で死ぬリスクもある。

リスクが高いことは医者はしない。

民間療法の針灸も、それで患者が感染症にかかり、敗血症で亡くなれば、遺族はやはり裁判を起こすのだろうか?

自分が死んだ後、家族がどう動くかなんてわからない。

他人に迷惑をかけるリスクがあるならば、私も「痛い」くらいは我慢せねばなるまいて。


こんなこと、過去にも何度もあったけれど、いまだに生きているのだから大丈夫だろう・・・と夫は言い、

夫は明日はゴルフに行く。

写真仲間の男性は、桜を撮りに東北地方に行く予定だったそうだけれど、奥様が具合が悪く、明日病院に連れて行くからやめた、と言っていた。

そういう夫もいるのだな・・・うちの亭主にそんなこと期待すまい。失望するだけだ。


負の感情もプラスの感情も、結局結果苦しむのは、その感情を持った本人だけだ。

例えば「嫉妬」や「妬み」。

誰かに嫉妬しても、妬んでも、相手はそんなこと気づきもしないし、痛くもかゆくもない。

それが悔しくて憎しみに変わることがあるけれど、それも憎しむ当人が苦しいだけの話だ。

憎しんだあげぐ、相手を傷つけたり、殺したりしたところで、自分の人生と家族の人生をゴミ箱に捨てるだけのことだ。

何もお得なものなんて得られない。


期待」だって同じようなものだ。

期待する相手がいくら家族であろうとも、自分とは全く違う人格なのだから、自分の思い通りに動く訳がない。

自分自身だって自分の思い通りにならないのに、他人に自分の思い通りになることを期待すること自体、傲慢以外の何物でもない。


ちょっと自分に優しくしてくれた異性を「あの人私に好意を抱いてるのかも」な〜んて勘違いすることってままある。

それが時に思い込みになる人もいる。

その思い込みが否定された時、結局「傷ついた私」は相手やその相手の恋人を憎んだりすることがある。

それも、他人を憎む自分の心が苦しみもがくだけで、相手はそんな苦しみに気づきもしないし、痛くもかゆくもない。

家族に期待するのも同様。

結果、家庭を壊すことにだってなりがちだ。

a0152078_12320816.jpg
*上写真は、先日プロカメラマン栗原佐織さんに撮っていただいたもの。残念ながら私の後ろ姿ではない。私はこんなに細くない119.png(栗原佐織アメーバブログhttp://ameblo.jp/cherished-memories/


でも人には感情がある。

マイナスの感情もプラスの感情も生まれるのは当然だ。

しかし、ブレーキペダルだってちゃんと所持している。

適当なところでブレーキをかけよう

ブレーキが壊れたら大事故につながる。

「ちょっとおかしいな」と思ったらメンテナンスに行こう。

肉体も精神も、最低年に一回は定期点検をした方がいい。

国民の税金、議員さんの女遊びに使われてはかなわない。

心と体の健康の為のメンテナンスに使ってくれて、健全な社会を築く努力をしてくれるなら、

国民も、税金を「取られる」っていうマイナスの感情を抱くことも少なくなると思うのだが・・・。





by sizhimi | 2017-04-21 12:38

つらい腰痛、動けない場合は?

昨日まで続いた4日間の夏日和とうってかわって、今日はこの時期の平均気温、爽やかな春日和・・・とは言っても曇ってきた午後。

天気は下り坂。

洗濯物は午前中に干すべきだった。

いや、いつもなら晴れた日はそうしてる。

しかし、昨日は一ヶ月ぶりのアルトサックスレッスンの為に気が張っていたのか、頑張れたけど、

今日は気が抜けたのか、腰痛に負けている。

動くと吐き気までしてきた。

つい空腹なのに、痛みを抑えたい一心で飲んでしまったロキソニン(痛み止め)のせいか?

整骨院に行こう、となんとか着替えたけれど、

ダメ、頑張れない119.png

次のレッスン日も決まったし、次いつ長男と孫が遊びにくるかわからないし、嫁もつわりの中頑張ってるから助けたい。

でも、ダメ、頑張れない137.png

いてぇ〜よ135.png145.png
a0152078_14444318.jpg


ヘルニアによる炎症、とは病院で診断は出てる。

「長くても3ヶ月もすれば炎症はおさまる」と医師は言うけれど、

もう癖になっていて、炎症がいったんおさまっても、座っていて急に立っただけで炎症(通称ぎっくり腰)になる。

で、結局しょっちゅう痛い状態。

今、NHKの『知っトク!』で腰痛について特集しているけど、同じような人が多い。

くしゃみしただけでなる人もいるそうな。

a0152078_14482270.jpg

ちょっとちょっと、「腰痛に安静はよくない」って言われても、動くにも痛くて涙が出るよ161.png

腰痛体操だって。

脚にしびれが来る人はやらないように、だって。

私できないじゃん。


第一さ、整形外科のリハビリ科の理学療法士だって、「痛い時は安静にしてろ!」と言う人もいれば、

「どんどん動いてください。」と言う人もいる。

どっちが正しいんだ?


腰痛体操、そり腰の人には推奨してないって。

やっぱり私ダメじゃん。そり腰だって病院で注意うけてるもん。

そしたら、テレビの下にテロップで「個人の体調に合わせてやってください。」と出た。

最初にそれ言えよ!!

a0152078_14493144.jpg

で、思い出した。

去る17日、整形外科のリハビリ科でリハビリ予約入ってたんだ149.png

カレンダーに書いてあったのに、すっかり忘れていた135.png

土日の子守で腰を痛め、あまりに痛くて動けず、それどころじゃあなかったんだ。

あらら。

まぁリハビリ科で、毎日やるように指示指導されている体操も全くしてなくて、バツが悪いからいいや。

a0152078_14471302.jpg

本はここのとこは、気楽に読めるミステリーばかりチョイスしている。

生前は読まなかった今は亡き遠藤周作と、イヤミス女王真梨幸子を交互に読んでる。

特に、風呂で湯船に入っている間は腰痛が楽なので、読書しながら長時間湯船につかっている。

もう一生入っていたいくらいだが、そうもいかない。

a0152078_14533488.jpg

まぁいいや。

なんとかなるだろう。

今日は寝転んで読書していよう。

それはそれで、そこから得るものはあるから。



by sizhimi | 2017-04-20 14:54

失うばかりじゃないものだ

今日は晴れ。暖かい。

朝ちょっと強い風が吹いていたけれど、昼前にはおさまる。

a0152078_16072456.jpg

腰痛は一向に良くならない。

ロキソニンを飲み、ボルタレン座薬(痛み止め座薬50mg)を入れ、湿布を貼ろうと、スミルスチック3%(塗るタイプの痛み止め)を塗りたくろうが、整骨院で施述してもらおうが、いてぇ〜143.png145.png

a0152078_16074848.jpg

しかし、今日は楽しみにしている月に一回のアルトサックスレッスン。

こんな私にとっては、趣味で吹くアルトサックスの本番がこのレッスン時。

こんな体では月に3回も通えなくて、4年通った大手音楽業室をやめ、師に個人レッスンを月一度入れてもらうようになってから一年。

日々、アルトサックスを吹くのを楽しみに頑張れている。


マイペースに練習できるのが助かり、

去年の春は車椅子で移動まで悪化したけれど、

今は痛いながらも自力で歩けるし、

おばあちゃんパワーで孫の子守まで出来る164.png

a0152078_16081778.jpg

今年の12月には、孫も2人に増える・・・長男嫁が2人目を妊娠中。

さすがにこの私が毎日は孫の子守など出来ようもないので、今回は嫁は実家(東北地方)に里帰り出産する予定。

嫁は出来れば夫(うちの長男)のそばで出産したかったようだけれど、

うちも同居ではなく、長男が今住む社宅まで片道1時間半かかるし、

長男も、いくらイクメンでも、会社に行き仕事もせねばならぬし、残業も目一杯状態。

嫁の実家も自営業なので、あちらのお母様もそうそう家を留守にも出来ない。

上の子を連れて里帰り出産がベストな選択なのはやむを得ない。

a0152078_16090933.jpg

アルトサックスの話に戻るけど、

そりゃ座っていても腰(特に中央から右側)が痛く、痛みに耐えながらだから、ついぎこちなくはなってしまうだろうし、力も入ってしまうけれど、

その割にはまぁうまく吹けていたかと思う。

理由は、あまりに痛くて、師に気をつかっている余裕もなければ、緊張する余裕もなかったから。

かえっていいかもしれない。


師は師で「50肩」だと言っていた・・・50代、あちこちガタがきます119.png

60代になると、今度は脳がイカれるのか?149.png・・・すでにかなりイカれてる気もするが148.png

a0152078_16131324.jpg

月日が経つのが早く、そういや2月から読書録を書いていない。

記録しておかねば、自分でも何を読んだか忘れてしまう。

実際、10代の頃、結構読んだ筈なのだけれど、今題名を言われても、「それ読んだっけ?」「どういう内容だったっけ?」状態。

きちんと、簡単でいいから感想を添えて記録しておくべきだったと後悔する。

若い頃は、未来の自分がこんなにものを忘れるとは思ってもみなかった。


芸能人の名前だって、綾野剛か斎藤工、ディーン藤岡(どんだけイケメンが好きなんだ(⌒o⌒;A)そして今は亡き美空ひばりしか出てきやしない。

他は大抵「あれ、あれ、あの人・・・なんて名前だったっけ?」って、「あれ、あれ」じゃあ誰のこと言っているのかわかりゃあしない┐( -“-)┌

a0152078_16161569.jpg

あ〜やだやだ。

歳とって良かったことって、悩むことがなくなり、なんとなくいつも幸福(なんとかいうホルモンのせいだそうだ。その「なんとか」も忘れた。)ってくらい┐( -“-)┌

なんだかんだ言っても、何かを失う代わりに何かを得るものだ。

有難いや110.pngと思っとけばいいや111.png






by sizhimi | 2017-04-19 16:16


変形性頚椎症(頚椎ヘルニア4箇所)、腰椎4、5番変形すべり症固定手術済み、腰椎2、3番変形すべり症温存療法中、右脚人工股関節、左脚変形性股関節症温存療法中の主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

小さな未来、けれど大きな未来
at 2017-05-19 10:08
今日を生きるも難しい
at 2017-05-18 11:52
新しいスイッチを作る
at 2017-05-17 16:14
出来ることならひきこもってい..
at 2017-05-15 10:35
キャラ作り・・・いじめ問題3
at 2017-05-12 12:11

記事ランキング

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

画像一覧

フォロー中のブログ

ironのブレブレ写真館
1*ときどき*5
地域情報発信基地in高知
White Board -♭
がちゃぴん秀子の日記
Dreary Day
  P & F comp...
司法書士 行政書士 柿本...
walk with my...
Yume-maboroshi
人生とは ?
ねこ旅また旅
皿 皿 碗 碗 ;週末陶...
君の笑顔に逢いたい
アメリカからニュージーランドへ
*しゅきしゅきしゅきよ~...
こころのまんなか。
J'adore pren...
えびぞう翁の徒然日記

検索

タグ

(24)
(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ブログジャンル

つぶやき
50代

ファン

ブログパーツ

https://www.instagram.com/tamagofurikake07/?hl=ja