12月26日

ふと気がついた。

ちょうど1年前の今日、

夫が多量の下血をし、

そこから癌との闘いが始まった。

先日のがんセンターでの検診結果は良好で、再発の兆しはない。

ただ、本人のみならず再発への不安は家族の中には漂っていた。

故にか、夫婦間に流れる空気もすっかり変わっていた。

子供達もすっかり大きくなった中年期なのか壮年期なのか、そんな夫婦には2人っきりになる時間は多くなった。

しかし、会話はすっかりなくなった。

なんとなく重苦しい静かな時間が流れるだけで、

思えば、おしゃべりして笑う、ということもすっかりなくなった。

テレビを観てたまに笑う・・・それくらい。

おそらく、平日の、それぞれがそれぞれに自分のルーティンワークに没頭している時が一番楽なのかもしれない。


先日、平日、仕事が休みということで、久々に次男が遊びに来た。

最近では珍しく4時間余りいて、

よくしゃべった。

夫は仕事で不在だったのだけれど、久々に我が家が賑やかだった。

ただ、久々過ぎて、次男の帰宅後、私はどっと疲れた。


なんとなく、年末年始の連休が気が重い。

帰省する予定になってる長男が、この場の空気を明るいものに入れ替えてくれることを期待する。

そういうのって、本来は私の務めだ。

でも、もう私は疲れていた。

多分、夫も疲れている。


ふと、1年前のこの日まで、家族の中にあった笑顔を思い出し、

「なんで楽しかったんだろう?」と不思議に思う。
トラックバックURL : https://shizimi.exblog.jp/tb/11786103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sizhimi | 2010-12-26 16:25 | Trackback

整形外科疾患多数。軟骨が何故か消える。無くなったり 、骨化したり(後縦靱帯骨化症)。手術歴14回。更新予定有り。内臓は不整脈と左乳房にやや問題あるくらい。 メタボ健診に引っかかった肥満(泣)


by たまごふりかけ