フェレット茶々の死3・・・夫との冷戦

ゆうべ、夫がゴルフ一泊旅行から帰宅した。

a0152078_9352756.jpg


開口一番「ご苦労様。茶々の火葬ありがとう。」

カチンときた。

物言いが上から目線、上司が部下に言う言い方に感じられた。

a0152078_9361527.jpg


茶々は私が一目惚れして買い飼った仔で、世話ももちろん私だった。

もし夫が言うならば、

私が茶々を失って哀しみの頂点にいる時に傍にいてやれなくてごめん・・・だと思った。

a0152078_9365478.jpg


以前誕生日プレゼントをくれた直後、ちょっとした口喧嘩になり、

「カメラ買ってやっただろう!」発言でプレゼントの価値を全くなくしてしまった夫である。

自分が上だ!の自己主張が言葉の隅々に何気に隠れてたり顔出したりする夫である。

a0152078_9373565.jpg


結婚前は夫のそんな面には気づかなかった。

若い頃の夫はそんなではなかったと思うが、

夫の父がそういう性格ゆえもともと持ったものであったのだろう。

歳とるにしたがって夫は夫の父に似て来て、そういうとこがそっくりになってしまった。

a0152078_938238.jpg


カチンときたけれど、そこで感情にまかせて夫を攻撃すれば、

負けん気の強い夫は、例によって、私を傷つける言葉を探し出し、ためらうことなく即座に口にするのは目に見えている。

数えきれない程そういう喧嘩をし、

その度に私はしばし鬱状態になってきた。

a0152078_9392754.jpg


喧嘩相手を精神的に打ちのめす残酷さは相手を選ばず、

夫にとっては決して抑えることの出来ない衝動である。

a0152078_9401766.jpg


ただ、その負けん気の強さからくる残忍さは必ずしも短所とは言えない。

長所でもあり、そのおかげで夫は出世し、それなりの収入を得るようになり、私も今こうやって病気療養していられるのだから。

まあ、夫との結婚から生じた無理とストレスで体中疾患だらけになったとも言えなくもないが・・・

感謝はすべきであろう。

a0152078_941595.jpg


そうは言っても私もまだまだ未熟者。

カチンときながらも笑顔で話すしたたかな大きな器は持ち合わせてはいない。

ただ口を閉ざし、一つ屋根の下にいる夫を「見えないもの」として心を閉ざすしか自分を抑え、自分を守る術を持たない。

a0152078_9415522.jpg


話しかけられても「そうだね」と言うだけがやっと。

今日が祝日で、夫が家にいることが重い。

a0152078_9422611.jpg


茶々がいない時間にまだ慣れぬゆえ、ふとぼーっとして頭の中で「茶々」と呼んでしまう時間を、

忙しく働くことで乗り越えている体は心と共に疲れている。

a0152078_9431920.jpg


線香の香りがそんな私を癒してくれていることが、今はありがたい。

a0152078_944029.jpg

トラックバックURL : https://shizimi.exblog.jp/tb/20196952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sizhimi | 2014-09-15 09:46 | Trackback

整形外科疾患:頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症、両手親指付け根変形性関節症、左ひざ半月板損傷により切除&軟骨損傷温存療法中。心臓:不整脈服薬治療中。そんな主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS