人間関係・・・メル友

携帯電話が普及しだし、今や「ガラ系」と呼ばれている物の全盛期、

「メル友募集」はネット内でよく目にした。

「メル友」って今や懐かしい響きとなった。

私たちの子供の頃の「文通相手募集」と同じようなものかと思う。

a0152078_7533348.jpg


そのメール、業務連絡においては便利だけれど、

コミュニケーションツールとしては利便性が高いだけに欠点も多い。

a0152078_7451010.jpg


まず、誤解を招きやすい。

文章だけ・・・それも、自筆ではないから、その文字からなかなか送り手の心は伝わりにくい。

受け取り手の受け取り時の心情で、一つの言葉が右にも左にも転がる。

メール文でトラブった経験はよく耳にするし、私にも多々経験あり。

a0152078_746718.jpg


私自身、友達と、引っ越しのために遠方となり、なかなか普段会えないことにより普段はLINE(今や普通のメールはダイレクトメールの受け取りか業務連絡でしか使わない)でやり取りするけれど、

ちょっとした言葉の綾で喧嘩になることはある。

ただ長く付き合いのある友達の場合、時間が経つと自然に仲直りする。

「もう絶対今後付き合うことはないだろう」と思っても、

「どう、久しぶり、元気?」の一言で喧嘩したことなど跡形もなく消え去ってしまう。

相手を知っているし、

実際に一緒に遊び、一緒に笑った時間は、文章だけからくるちょっとしたトラブルを乗り越える。

a0152078_7463516.jpg


そんな友達が一人でもいるということは、
表面上うまくやってる知人が多いことより遥かに超えていいことだと思うし、
有難い。


a0152078_7472976.jpg


しかし、メール文だけの付き合いってどうなんだろう?

誤解されても、誤解しても、後に残るのは不快感だけだから、

私はいわゆるメル友ってやつは要らないと思ってる。

正直、なんであんな不安定な関係を作るしかないコミュニケーションツールで誰かと結ばれたいと願うのか、申し訳なくも、その気持ちが理解できない。

a0152078_7503275.jpg


勿論「きっかけ」ならOKだとは思う。

友達になり、その後、連絡を取り合うツールとしてならいいと思う。

でも、活字になった文章だけって、小説など読むならいいけど、

Twitterのような、誰がどこで何してようと、正直私には関心ない。

a0152078_7504064.jpg


なんで、自分がどこで何してるか、何したかを何処かの誰かに伝えたがるの?・・・と友達に聞いてみた。

「かまって欲しいんだよ。」との答え。

「かまって欲しい」は個人差はあれど、誰にでもある感情だとは思うけど・・・。

適度な「かまって欲しい」のボーダーラインって難しいんだろうな、と思った。

a0152078_7514158.jpg

トラックバックURL : https://shizimi.exblog.jp/tb/20371816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sizhimi | 2014-11-12 07:31 | Trackback

整形外科疾患:頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症、両手親指付け根変形性関節症、左ひざ半月板損傷により切除&軟骨損傷温存療法中。心臓:不整脈服薬治療中。そんな主婦の徒然日記。


by たまごふりかけ