不正出血・・・今日は婦人科

今日の予定は午前中レディスクリニック(婦人科病院)に行く。

a0152078_8391215.jpg


前にも度々なったことがあるけれど、不正出血が続いている為。

おそらくマンションの大規模修繕工事や、口内炎症、乳がん可能性有り等のストレスによるものだと思うけど、

いつも通り念のため子宮体癌の検査となるだろう。

年に一回の健康診断ではオプションで婦人科検診を入れてもらっているけれど、そこで検査するは子宮頸がん。

a0152078_8401069.jpg


不正出血が続いた経験は、今回で4回目だけれど、最初は20歳になったばかりの頃。

当時大学生だったけれど、家庭の事情で、学費は奨学金、生活費は全てアルバイトで工面せねばならない状況で、まだ若かったから「キツイ」とは思っていなかったけれど、ストレスにはなっていたのだろう。

ひどい出血が3ヶ月続き、「機能性出血」と診断された。

当時は対応する薬は特になく、避妊薬として使われているピルを1年間服薬し、月経周期に規則性を取り戻すという方法だった。

a0152078_8412346.jpg


2度目はそれから23年たってからで、「更年期によるもの」と診断され、更年期障害の漢方薬を処方されたが、これが全く効果なく、貧血でふらふらしながら、自然に治るのを待って半年かかった。

a0152078_8421035.jpg


3度目は3年前で、「原因はわからないがホルモンバランスの崩れによるもの」ということで、もういい薬が出ていて、それを1週間服薬してすぐ治った。

a0152078_8431677.jpg


もちろんそれぞれに癌の検査はしている。

親族の女性に婦人科系癌発症者が多く、子宮がんで早逝している者もいるので、気には止めているけれど、

つい「必ず年に一回は検診を!」はさぼってしまうことが多い。

婦人科っていつも混んでるし、行きたくない病院の中で歯科に並んで一位か二位かってとこ。

a0152078_844311.jpg


どうも今年の後半は病院づいている。

40歳になるまでは病院なんて年に一回行くか行かないかくらいだった。

病院の待合室には年配者が多く、「年寄りの社交場」になっていると批判的な思いで見ていたことを今となっては反省。

年寄りだって行きたくて病院に行ってる訳じゃない。

お金だってとられるし、時間もとられるし、何より健康であった方がずっといい。

a0152078_845518.jpg


今年の冬はかかる医療費のおかげで新しい洋服を買えない私です(T^T)ウック!

a0152078_8461364.jpg

トラックバックURL : https://shizimi.exblog.jp/tb/20402384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sizhimi | 2014-11-20 08:28 | Trackback

整形外科疾患:頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症、両手親指付け根変形性関節症、左ひざ半月板損傷により切除&軟骨損傷温存療法中。心臓:不整脈服薬治療中。そんな主婦の徒然日記。


by たまごふりかけ