善意の仮面をかぶった悪意

今日は晴れ。蒸し暑くなるらしい。


あいにく、腰痛ひどく、さすがに家事が全くはかどらず、

男性のように電話一本もしくはメール一通で会社を休み、家で寝ている訳にもいかないのが主婦というもの。

医者から処方されている痛み止めトラムセットを一錠服薬し、

それでも痛みで辛いので、筋肉を和らげる作用があるということで処方されている抗不安剤(精神安定剤)のデパスを服薬。

それでも痛くて自力歩行困難ゆえ、痛み止めの座薬ボルタレンサポ50mg挿入。

それでようやく家事ができ、こうやってパソコンにも向かうことができるまでは回復。


まぁ「回復」といっても根本的問題を解決した訳ではない。

「手術をやはりしようか」と検討。

最初に腰椎4、5番のすべり症を固定術で手術してくれたN第一整形外科病院の担当医は、首も腰も希望すればいつでも手術準備に入るとのこと。

おそらく近くのF整形外科病院でも、手術希望すればしてくれるだろう。

首だけはリスクを考慮すると決心できないが、

「腰だけでも・・・」とふと思い、また麻酔が切れた後の激痛の夜を思い出し、「やっぱり嫌だ」となる。

それに、「関節が小さい」という体質により、どうせまた再発することを考えると、

この8年で6回の外科手術を体験し、「もう懲り懲り」感は強い。

整骨院で施術してもらうにも、行くのに、今日のこの状態では車椅子利用となる。

残念ながら、F市は市民税は高いのに、歩行者にも車運転者にも優しくない道路しかない。

ましては車椅子なんて、到底移動できるような歩道は整備されておらず、命がけの外出となる。


真面目に払っている税金はいったい何に使われているのだろうか?

自治会費と同じように、健常者の飲み食いなどのリクレーションに使われているだけなのだろうか?

善意の仮面をかぶった悪意に悔しい思いはするし、腹立たしいけれど、

おとなしき善良な市民には対抗手段がないのが現状。

弁護士を雇えば、多額の費用を取られるばかりなり。

弁護士って、正義じゃないの?弱きものの見方じゃないの?

結局、悪どく金儲けしたお金持ちしか守ってはくれないのが現状。

老後に備えてコツコツと貯めたアリさんは見捨てられる。

働きアリとして生まれた限りは、働きアリとしてその一生を終える。

それが私に配られたカードならば、そのカードで生き抜くしかない。

そうやって、何かトラブルが起きても、立ち直り、立ち直りを繰り返し、前向きに生きて、

小さな幸せを甘受する。

そうやって、小さな幸せの中で、平穏に暮らすことに努めても、

善意の仮面をかぶった悪意は突然訪れる。

今回は、それが自治会だった、というだけの話だ。

(「あなた、このマンションに友達いますか?」とまで嫌味を言われた。)

あの人たちが、皆を脅迫し、会費を搾取し、その金でどう楽しもうとかまわないが、

我が家はそっとしておいて欲しい。

真面目におとなしく生きているし、義務とされるものは金も労力も払っている善良な市民なのだから、

その権利は有す。

しかし、搾取する方は、己の義務を果たさない。

それに疑問はやはり感じざる得ない。


「搾取する側にまわればいい」・・・それが答えか?

今騒がれている東京都知事の舛添さんは、そんな側の人間の氷山の一角に過ぎない。

彼だけを吊るし上げても、問題は一つも解決しない。

たまたま「ばれちゃった」というだけの話だ。

同様のことをしている政治家なんて、政治家の数とほぼ同数あるのだろう。

選挙では皆いいことを言う。

国民は、うすうす騙されることは感じながら、一抹の「真実」を求めて投票し、そして裏切られる。

裏切られ傷つくのが嫌で、若者のほとんどは政治を見ないようにし、アニメなどに走る。

そこにある夢の世界にひたることで、自分の心を守る。

大人は、本当に反省すべきなのは自分たちなのに、「今の若いもんは」で、また自分たちを守る。

互いに歩み寄れればよいのだけれど、それさえも理想、机上の空論となる。


まぁ、自治会レベルでそうなのだから、国レベルじゃあ、どうしようもできない┐( -“-)┌といったところか。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
トラックバックURL : https://shizimi.exblog.jp/tb/22892314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sizhimi | 2016-06-10 11:54 | Trackback

整形外科疾患:頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症、両手親指付け根変形性関節症、左ひざ半月板損傷により切除&軟骨損傷温存療法中。心臓:不整脈服薬治療中。そんな主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS