夢を語る少年との出会い

今日の天気 2月4日 (

晴れ

晴
最低気温
3
最高気温
13








今日は暖かい・・・さっき買い物に出た時は北風が冷たくて「暖かい」とは到底言えない気候だと思ったけど、

これから南風に変わるらしい。

a0152078_20565106.jpg

午前中、インスタグラムで、ふとしたきっかけから、イラン在住の少年とインスタグラム内でチャットした。

使う言葉は、少年が日本語はもちろん、英語もわからないそうなので、私の方で翻訳機を駆使してなんとかペルシャ語で会話した。

最初に「ペルシャ語」とすぐわかった人は初めてだと言っていた。

いやいや、あのぐじゅぐじゅしたミミズがはったような文字(ペルシャ語を使っていらっしゃる方、ごめんなさい)がペルシャ語だということはすぐわかる。

ただ、日本人にはミミズに見えて、解読が難しい。

それでも翻訳アプリですぐに翻訳できるのは、便利な時代になったものだ・・・コピべ大活躍。


少年は写真が大好きで、カメラマンになりたいらしい。

でも、イランではアーティストを育てるという土壌がないのが不満だそうな。

中東情勢は何かと不安定で大変だけれど、夢をもつ少年少女が、夢を叶える努力が許される世界であって欲しい。


他にも、イタリアの方に在住の主婦の方が、いつも手料理をアップしていることにより、一度レシピをたずねたのをきっかけに友達になった。

メッセージでレシピを教えてもらっている。

言葉では難しいので、動画で手順を教えてくれたりして、とても親切だ。

あちらの料理はとてもカロリーが高そうで、若者には受けそうだ。

年寄りには胃がもたれるかもしれない008.gif



日本語どうしだと、時に言葉の使い方で角が立つことがあるけれど、

言葉が通じなくて、身振り手振り、絵文字、翻訳アプリを駆使してコミュニケーションをとるので、

逆に相手の人柄が知れて、安心する。

日本人同士だと、時に「上から目線だ」とか「感じ悪い」とか、ちょっとした言葉のあやで誤解を生じることがあって、

思い込みの激しい人だと、もう後からは修正不能。


昨年の夫の会社の運動会でも、中国人社員とその奥さんとの方が仲良く会話できた。


外国人を異常に警戒する人は結構多いけれど、それは相手を知らないことからくる「不安」で、

国籍はあまり関係ない気がする。

a0152078_20572134.jpg

福島県から自主避難している子供がいじめに遭ったのが問題になっているけれど、

大人の間のいじめが子供達に普及しただけの話で、もとはといえば大人のいじめだ。

自主避難されている福島県民にいやがらせする大人が少なくはないそうな。

関東地方は、福島にあった原発の恩恵を散々受けてきたし、

新潟なんて、柏崎原発が事故ったら、自分たちが被災者だろうに。


第一、放射能は感染しねぇ〜よ。

感染するんだったら、レントゲンだって撮れやしないだろうし、

レントゲン技師のなり手もなかろうに。

馬鹿だろうか?



はぁ〜、これから又歯医者だ。

昨日このブログに書いた知人のインスタグラム非公開の件といい、

「このじいさん大丈夫なんだろうか?」と不安になる老人歯医者といい、

なんかテンション下がるというか、イライラするというか、憂鬱になるというか、要は気が凹む( ̄▽ ̄;)


さぁ〜、行くべぇ〜|( ̄o ̄)|→\( ̄O ̄)/→_(ーoー)_



トラックバックURL : https://shizimi.exblog.jp/tb/23600712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sizhimi | 2017-02-04 14:30 | Trackback

整形外科疾患:頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症、両手親指付け根変形性関節症、左ひざ半月板損傷により切除&軟骨損傷温存療法中。心臓:不整脈服薬治療中。そんな主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS