急性歯肉炎

今日の天気 2月7日 (

晴れ夜遅くくもり

晴のち曇
最低気温
5
最高気温
11
時間0-66-1212-1818-0
降水確率--%0%0%0%
北西の風やや強く
1.5メートル後1メートル

今日は気温だけ見れば寒くはないけれど、北風のせいで、体感温度は低かった。

a0152078_17465433.jpg

私はと言えば、先週土曜日の歯の治療で、

左奥歯下を治療したのだけれど、

治療途中で歯茎から出血し、

そのせいもあって、治療に約2時間半かかり、

つまりは歯医者の治療椅子に2時間半座りっぱなしで、

その後、歯茎が激しい炎症を起こし、そこに口内炎まででき、

あまりの痛さに月曜日朝一で歯医者に行った・・・腰痛も勿論ひどかった。


痛み止め薬ロキソニンと抗生剤を処方されたけれど、一向に良くならない。

歯茎の炎症はひどく、炎症を起こしている左側は顔まで腫れている007.gif

歯磨きも痛くてできないければ、食事も摂れない。

お粥なら食せるので、治るまでお粥生活。

お粥が有り難く、こんなに美味しいとは思わなかった。

腰も痛けりゃ、口内も痛い、顔は腫れている・・・もうもうさすがに辛い007.gif

a0152078_17473046.jpg

こういうことってままあるそうで、

今朝配達に来たヤクルトレディーさん、以前に歯の治療で、歯茎から膿が出て、その膿が鼻や頭に回り、あやうく失明するとこで入院したそうな。幸い失明せず、今は元気にヤクルト配達している。

同室に、やはり歯の治療による歯茎の膿が喉にまわり、声がかれてしまったシニア女性がいたそうな。

歯の治療おそるべし。

頭痛がしだしたら、入院施設のある大きな病院で、耳鼻咽喉科があるとこへ行った方がいい、とアドバイスを受けた。

その場合の専門は、耳鼻咽喉科になるそうだ。


そんな話を聞くと余計に不安になる。

本当は、お粥を食べて、しっかり抗生剤を飲んで、お布団で寝て安静にしているのがいいのかもしれないけれど、

「不安感」は嫌いだ033.gif

いつも通り、家事を済ませ、アルトサックスを吹きまくった。

吹く合間合間に休憩で又家事をする・・・いつもと全然変わらない。

違うのは、いつもより長時間吹いている。

手指はテーピングだらけ。

こんな状態でいくら吹いたって、上手くはならないのだろうが、そんなことはどうでもいい。

ただ「不安」がかき消されてくれればいい。


夜は読書。

読書に夢中になって、痛いも不安も忘れられていればいい。

現実逃避でいい。

現実を直視するばかりが正しい訳じゃない・・・と思う。

「逃げる」ことだって時には必要だ。


合間合間にインスタグラムも見る。

いつの間にかフォロワーも200人近くなっている。

みんながUPした写真を見るだけで大変だ。


おかげで余計なことを考えなくて済む。


昨日、歯医者で抗生剤をもらった直後、あまりの腰の痛さに、隣にある整骨院に飛び込んだ。

腹筋と背筋がないから、疲れると(すべり症)の痛みが出る、と指摘された・・・腰椎がすべるから。腰椎がすべって動くのを押さえるのは筋肉しかない。

腰椎が滑って脊髄を刺激するから痛みを発する

腰椎が滑らないようにするには、腹筋と背筋という筋肉で押さえるしかない。

それを怠れば、痛み止め薬を飲みながら、悪化する一方で、どんどん手術して脊髄がそのうち一本の骨になるしかない・・・背中が曲がらなくなる。日常生活はもう難しい。

今の私の状態で出来る腹筋運動を教えてもらった。

a0152078_17521858.jpg

一日にやる事が多い。

私にしてはめちゃ忙しい。

そして、その方が安心する。


兎に角、今は、なんとか乗り越えよう066.gif





トラックバックURL : https://shizimi.exblog.jp/tb/23608988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sizhimi | 2017-02-07 17:52 | Trackback

整形外科疾患:頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症、両手親指付け根変形性関節症、左ひざ半月板損傷により切除&軟骨損傷温存療法中。心臓:不整脈服薬治療中。そんな主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS