言い訳

今日は整形外科のリハビリ科通院はお休みにしてある。

あいにくの曇り空。

でも遊びに行きたい。

で、何処に?

a0152078_11142933.jpg

それに休み故にやらねばならぬ家事もある。

しかし「休み」というワードが頭の中をよぎると、ついついのんびりしたくなる。


読書がしたい。

ものにはよるけれど2〜3日に1冊のペースであいかわらず読書をしている。


サックスはここ数日吹いていない。

サックスを吹くにも体力が要る。

体力は家事とリハビリで使い果たしバテている。

己の体力の無さに呆れる・・・養命酒の医療版というツムラの漢方薬を飲んでいるけれど、あまり効果を感じない。


孫に会いたいが、もうすぐ2人目出産で嫁は産休に入っている。

なんか行きづらい。

別に嫁を嫌っている訳じゃあない。

嫁だった私(まだ現役の嫁である)としては、姑にひょいと来られると、嫁がどんな気持ちになるかは十分経験済みなので、

なんか気をつかう。

現代は、嫁よりも姑が気をつかう時代であろう。


夫の両親のように、瞬間湯沸かし器のように即座に頭にきて物言いが出来ればいいのだけれど、

私の場合、トロい&反応が遅い。

その場では「なんだ?なんだ!」って感じで、時間差でムカムカしたりする。

言い返すには時間差がありすぎてタイミングを逃してしまう。

それだけに飽き足らず、「頭にくる」「イライラする」より「憂鬱になる」「哀しくなる」「寂しくなる」といった抑うつ感情の方が出やすい。

被害者意識が強いのか?

という訳ではなく、「自分にどこか欠陥があってそういう結果を生み出したのだ」と自分を責めてしまう。

って、うつ病じゃん。

しかし長くは続かないのでうつ病ではないらしい・・・医者が言うからしょうがない。

それでも長ければ3〜7日続き、自分としては辛いからとても長く感じる。

世の中にはこれが何ヶ月も続き、日常生活に支障をきたしている人もいるのだから、そりゃもう大変だろう。

a0152078_11164125.jpg

私も腰痛や首痛や膝痛、手痛などなどで生活に支障をきたしている・・・というか、

結局それらを言い訳になまけている、というのが正直なとこかもしれない・・・いや、本当に痛いのだよ。


まぁ10年以上「痛い、痛い」をやっていると、それが「自分」「日常」になってしまう。

で、「これ、ちょっと本当にヤバいんじゃない?」と思い出した頃は末期で、手術となる。

10年前は心配してくれた子供達も、今じゃあそれが「普通」になってしまい、誰も心配などしれくれない。

a0152078_11175459.jpg

特にブログに書くネタなど無い。

ただ掃除機かけをさぼっているだけの今である。

ついでにミックスナッツをつまんでいる。

姑がいた頃はできなかった所業である・・・許されたし。


第一、私の周りで3匹の猫達がのんびり寝ている。

空気はお昼寝モードである。

そんな中、あくせく掃除機などかけられようか?

と、多分えんえんと言い訳していそうだから、

とりあえず読書でもして、体を動かしたくなるのを待つとするか。





トラックバックURL : https://shizimi.exblog.jp/tb/238027291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sizhimi | 2017-11-28 11:18 | Trackback

整形外科疾患:頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症、両手親指付け根変形性関節症、左ひざ半月板損傷により切除&軟骨損傷温存療法中。心臓:不整脈服薬治療中。そんな主婦の徒然日記。


by たまごふりかけ