癒し

ちょっと前の話になる。

昨年の8月、いったん我が家の風呂のリフォーム話が持ち上がった。

その時は縁がなかったのか、その話は流れてしまったのだけれど、

リフォーム中5日間風呂は使えない、という話だったし、近いとこに銭湯も日帰り温泉もなく、夫と私二人だけならまだなんとかなるものの、

若いもんが2人いるし、2人とも帰宅が遅く疲れて帰ってくる。

どうしたものか?とあれこれ検討し、ふとビニールプールを思いついた。

ネットで調べると、ビニールプールならぬビニール風呂があったので、「バルコニーで使えば露天風呂になる」と割とテンション上がり購入してしまった。

組み立ては簡単だったし、空気を入れるのもフチのとこだけで楽だった。

お湯は、キッチンの蛇口からホースを使い入れることが出来た。

「向かいの家の2階の窓から見られやしないか?」という問題さえなんとか解決すればOK、とその時は思った。


問題は、以後、給湯器の調子が悪くなったことだった。

給湯器の火が突然消え、errマークが画面に出る。

シャワーを浴びていると、突然冷水になるという災難に家族皆が見舞われるようになった。

どうも、ビニール風呂の露天風呂ごっこに、長時間お湯を出しっ放しにしたのが原因だったようだ。


そういや昔もそれで給湯器を交換する羽目になったことを思い出した。

どうもやはり10年以上使った給湯器は、そういう無茶に寿命を縮めてしまうらしい・・・昔、確かそういう説明を受けていた。

それでも、いったん電源を切り、再度入れれば復活したので、そのまま使い続けていた。

髪の毛を洗っている最中に突然その現象が起こり、娘の悲鳴をたまに耳にした。


そのうち、ボタン一つで自動に浴槽にお湯をはってくれる筈が、お湯はり途中でerrになり、

「さぁ〜風呂入ろう」としたらお湯がなく、裸の状態で再度お湯はりをする羽目になったりすることが多くなった。

どうも寒くなり、より故障度UPした模様。

露天風呂ごっこは9月。

給湯器の故障にとうとう根をあげたのは12月も末になろうとしていた。


何処の業者で給湯器を購入し設置してもらうか?はネット検索。

テレビのコマーシャルで「安くて、保証期間10年」と3人組の芸人がやっているのはよく目にしていた。

確かキンライサーというそれまで耳にしたことのない業者さんだった。

しかし今やどこも「安くて、保証期間10年」。


キンライサーというのは近畿ライフサービス(Kinki Life Service)の略と知る。

ではもともとは関西の業者さん?

ここ数年関東で急激に業績を上げ、口コミランクでは1番になっていた。

まず何故?を調べたら、「安い」で選べば他にもっと安いとこはあるらしいけれど、そこに「信用」という問題を付加すると総合的にキンライサーを選ぶのが安心ということらしい。

せいぜい千円前後の価格の違いならば、毎日使うものだし、なんてったってガスを使うものだから「安心&安全」は欠かせない。


「まずはあいみつを」といくつかの業者から見積を取ってもらうことにした。

で、見積が写真だけで出来るようなシステムになっていたのが、その時点ではキンライサーだけだった。

他は見積に人が来て、それからといった昔ながらのもの。

ネットで給湯器設置場所周辺の写真を数枚添付して見積依頼すると、キンライサーからは翌日さっそく見積がメールできた。

「あいみつ」で年末の忙しい時に何人もの営業さんに会うのも面倒なのもあり、即決。

ただ現在我が家についてるもの(マンション全戸同じもの)は取り寄せになるそうで、メーカーがもう年末年始の休みに入るので交換は年明けにどうしてもなってしまう、とのこと。

確かにもうどこも正月休みに入る頃で、なかなか動き出さなかった私が悪い。

再起動でまだなんとかなっている状態なので待つことにした。

そして故障しだしてから4ヶ月後の1月中旬にようやく新しいものに交換し、快適にお風呂に入れるようになった訳である。


交換に来てくれた男性は、おそらく30代前半。なかなかの好青年。

イケメンという訳ではないけれど、チャラくはないし、礼儀正しく、悪いことは絶対しなさそう・・・年配者がだまされやすいタイプ。

しかしだまされることもなく、見積通りの金額(ネットで他を調べてみたけれど適切な金額)だけで手早く工事を済ませてくれたし、

その後一ヶ月以上経つけれど、問題なく使えている。


ただ、清算の後一枚のチラシを渡された。

「キャッシュバックキャンペーン」というものだ。

「特典1:お友達を紹介で3000円GET」
「特典2:ブログを書いて3000円GET」

そうか、そうか、そういうことだったのね、と気づく。

「10年保証」というのを最初に打ち出したのはキンライサーだったのは事実のようだけれど、競争の中、今やどこも同じサービスをする。

そこでブロガーを利用しよう、ということなのだけれど、それだけなら他もすでやっている。

でプラスαが好青年だったのね。

a0152078_19135707.jpg

確かにおばさんは若い好青年に正直弱い。

「手を出そう」なんてことはさすがに今更考えもしないけれど、彼らが癒しになるのは確か。

我が家に来るクロネコヤマトの新しいお兄さんは感じ良いイケメンだし、

最近Amazonが配送で使い出したデリバリープロバイダも若いイケメン&笑顔が可愛く感じが良い162.png

千葉県限定配送業者だそうだけれど、カトーレックは相変わらずおじさん163.png・・・でも最近来るおじさんはイケメンじゃあないけど感じが良い。

郵便局のおじさん(多分私よりはずっと若いだろうから「お兄さん」)も優しくて感じが良い162.png

閉経後の更年期による自律神経失調症の改善に駅前の吉沼医院という内科で定期的にプラセンタ注射を打ち出したのだけれど、注射を打ってくれる若い女性看護師さんがめちゃ綺麗162.png

人を外見で判断するのは良くない!!

でも、美しいものが癒しになるのも私に関しては事実で、申し訳ないけれど、彼ら彼女を見て癒されているのは認めざる得ない。

心のプラセンタってとこだろうか。


ちなみにこのプラセンタ注射、医療機関ではもちろんヒト(人間)プラセンタを使っている。

ヒトプラセンタは市販は許されていないので、ドラッグストアや通販で購入できるプラセンタは豚さんのものらしい。

プラセンタに関する記事はまた後日。

a0152078_19100516.jpg

ちなみにこの内容でキンライサーから3000円分の商品券をもらえるとは思えない。

どうもそういうのは苦手だ137.png

<追伸>キンライサーのキャッシュバックキャンペーンはすでに終わっていた145.png




トラックバックURL : https://shizimi.exblog.jp/tb/238337028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sizhimi | 2018-02-17 19:15 | Trackback

整形外科疾患:頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症、両手親指付け根変形性関節症、左ひざ半月板損傷により切除&軟骨損傷温存療法中。心臓:不整脈服薬治療中。そんな主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS