悪人ほど良い人の仮面をかぶってやって来る

TOKIOのメンバー山口達也の未成年者に対する強制猥褻罪で書類送検されたニュースが世間を賑わせている。

確かに政治家のセクハラより、世間とくに若い人たちに与える影響は大きい。

特に被害者が17歳の女子高生というところが微妙。

「悪人ほど『良い人』の仮面をかぶって近づいてくる」というけれど、まだ社会経験の乏しい高校生にそれを言っても、

理屈ではわかっても警戒心は身についてはいない。

「あの人は良い人だ」と思い込んで、親の言うことなんか意地でも聞かない・・・その警戒心が身につく大人になると、今度は「友達」ができなくなるのだけれど。

a0152078_09563725.jpg


フジテレビのお昼のバイキングをいう番組で、中条きよしが「男性の部屋に入る女性が悪い」という旨のセカンドレイプ発言をした。

中条きよしも若い人には認知度が無いに等しいから炎上商法か?というところ。


あの年頃のおじさんは、自分の部屋に入ってきた異性はどう扱ってもいいという認識に脳が出来上がっているから厄介で、

恥ずかしながら我が(現在死にかけの)父親が、かつてそれをやって大騒ぎになったことがある。

母が亡くなって数年後だったか、父も再婚を考えて結婚紹介所に登録したとかで、そこでお見合いとなった女性とデートの後、

自分の部屋にお茶に誘ったそうな。

父は普段は紳士的な人だし、きちんとした紹介所で紹介された男性なので女性(父より確か2歳年上だった)の方も安心して父の部屋にあがったらしい。

で、女性の言い分では「レイプ」。

父の言い分では「同意」・・・部屋に入ってきた時点で昭和初期生まれの男性にとっては女性のOKのサインらしい。

女性は当時すでに結婚して子供もいた私のとこに電話してきて「慰謝料を払ってくれれば被害者届けは出さない。」。

私は「父にしっかり反省して欲しいので警察に訴えてくれ。」。

「慰謝料をよこせ!」「警察に父を訴えてくれ!」とちょっとおかしな言い合いとなった。

そんな平行線の言い合いで結論が出る訳はなく、電話を切った後に父に連絡をとった。

その後どうなったかは私は知らない。

関わりたくない。

この場合、いい年した大人(初老の男女)の問題なのだから、まだ20代の娘を巻き込まないで欲しかった。

以上は余談。

a0152078_10003216.jpg

その年頃(女子中高生)って女性と言えば女性だけれど、反抗期真っ只中の厄介な時期。

(女子高生が)友達と山口達也の部屋に行ったのが午後8時という時間で、「親は止めなかったのか?」という意見もあるけれど、

その年頃を育てた親ならわかるけれど、「行くな」と言えば余計行く、ムキになって行く年頃である。

a0152078_10025317.jpg

親の方、特に母親の方は更年期障害がもっともひどい時期で心身共につらい時期。

私の場合を言えば、3人目の子供である娘がその年頃の時は、体を壊し最初の手術をしたけれど、術後の経過が悪く、仕事を辞めて療養中。

療養中といっても、ほぼ3歳違いで3人の子供がいて、長子から次々続く子供達の反抗期(特に最後の子、娘の反抗期は長かった)と、おまけに夫の癌まで付いてきて、かなりのストレスにさらされ、病状は進行する一方で今に至っている。

とくに女の子は月経前の機嫌の悪さは男の子の比ではない。

母親なんてサンドバッグのような存在となる。

今回世間を賑わしている事件の被害者の親が共働きならば、もしや娘が家を出た時には両親ともまだ仕事先から帰宅していなかったかもしれない。

親からしてみれば「親を責められても困る」が正直なところ。

親も頑張っているのだよ。

a0152078_10044496.jpg


ようやくこの春うちの娘が社会人になり家を出た。

子供3人の反抗期からは逃れたけれど、今度は男性更年期か?老年で「キレる親父」化してきたのか?

夫が、優しいかと思えば突然キレたりする。

先を考えると良いことなんか一つも私には残されていないような気になってしまう。

もう疾患箇所もあまりに多くて、動くのに痛くて大量の汗が出ることもあるし、

こんな体で手術をほぼ毎年受けながら生きながらえる気力も薄れ、

「ペット達のために最低あと10年は頑張らねば!」という思いと、

「もう死んでもいいよ」という気持ち半々。

a0152078_10092096.jpg

まぁ生きるも死ぬも頑張る必要もあるまい。

「それも縁さ」で、コツコツと日々routine workを繰り返すのみ。


明日、約一ヶ月ぶりに娘が帰る、というので掃除機をかけねば。



トラックバックURL : https://shizimi.exblog.jp/tb/238485649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sizhimi | 2018-04-27 10:27 | Trackback

整形外科疾患:頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症、両手親指付け根変形性関節症、左ひざ半月板損傷により切除&軟骨損傷温存療法中。心臓:不整脈服薬治療中。そんな主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS