心臓精密検査の始まり始まり

整形外科通いがつまっているので・・・首&腰(脊椎脊髄病)、手、膝、股関節とそれぞれ担当医が違う&リハビリ故・・・合間を見て今日内科循環器科に心臓の精密検査を依頼に行ってきた。

a0152078_19305951.jpeg

自覚症状はすでに常にある・・・左胸が締め付けられるような痛み、息苦しさ。

最初の腰の手術の直後2008年6月からたまに起き、何度か検査したけれど「異常なし」で、

ここのところは常にあったけれど、

「どうせ病院言っても『異常なし』で検査代を取られるだけだろうから。きっと気のせいか、更年期障害の症状だろう。」と思い込んで耐えていた。

「更年期障害の症状ならば、そのうち無くなる筈だし。それまでの我慢、我慢。」つー感じ。

a0152078_19323709.jpeg

しかし、自分が楽天的に考えていた程、事は簡単ではなかったみたいな。

今日とっていただいた心電図はかなりの不整脈がでており、

医師が聴診器で心音を聞いても異常は明らかだったようだ。

事前に「抗不整脈剤で楽になる」とネットで調べていたので、薬を処方してもらって楽になるかな、な〜んて気軽に考えていたのだけれど、

今日は24時間心電図をつけられただけ。

明日、それを外してもらいに通院し、心臓エコーを撮る。

それらの結果はまた後日。

a0152078_19343078.jpeg

整形外科疾患はもう10数年のバテランであり、そりゃ当初はまだ40代半ばだったので悩みもしたし、つらく悲しくもあったけれど、

これだけ次々と疾患に見舞われれば、受け入れざる得ず、慣れてしまっている。

少しずつサイボーグになっていくか!と覚悟も決めていたけれど、

おいおい今度は心臓に飛ぶかい?!Σ( ̄□ ̄|||)148.png

a0152078_19353229.jpeg

「いつ死んだってもういいけどさ」と口では言ってはいたけれどさ、

下手すると本当に死ぬのか・・・ちょっとショック。

まぁ生き死には、健康で、何気なく歩道にいても、高齢者が運転する車が飛び込んできて死んじゃうこともあるから分からない。

癌で末期を宣告されても、生きて生きて、結果亡くなった年齢はどう考えても「寿命だろう」といった高齢だったりすることもある。

私もなんだかんだ言いながら夫より長生きするかもしれない。

金貯めとこう166.png

a0152078_19372777.jpeg

しっかし内科循環器科は診察まで4時間程待った。

1日病院で終わった感が有る。

まぁ待ってる間随分と読書を楽しめたし、

待合室で隣に座ったおばさんとおしゃべりに花を咲かせたし、それなりに楽しい1日だった。





トラックバックURL : https://shizimi.exblog.jp/tb/238554527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sizhimi | 2018-05-31 19:23 | Trackback

整形外科疾患:頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症、両手親指付け根変形性関節症、左ひざ半月板損傷により切除&軟骨損傷温存療法中。心臓:不整脈服薬治療中。そんな主婦の徒然日記。


by たまごふりかけ