夫の実家vs妻の実家

九州や中国地方など西の方は数十年に一回という大雨災害で大変なことになっている。

こちらは幸い昨日の午後からは時折霧雨が降る程度で、今日は雲の間に青い空も見える。

a0152078_11100878.jpg

昨日の午後はかかりつけの内科へ行った。

ちょっとストレスをかかえると、から咳が私は出だす。

数日で治る時もあれば、3ヶ月続くような時もある。

たいていレントゲンを撮っても異常ない。

かかりつけの女医さんは漢方薬の勉強もしていて、はまっているのか、昨年あたりから何かと処方薬が漢方薬となっており、

そこが私も気に入って、ちょっと具合が悪いと予約をとって行く。

だから便秘薬も漢方だし、関節痛も漢方を処方してくれている。

今回は頓服で「咳を止める」効果があるという麦門冬湯(ばくもんどうとう)というのを処方してくれた。

a0152078_11120739.jpg

話変わって、よく「嫁姑」とは仲が悪い代表格みたいに世間一般で認知されているけれど、

夫の実家と妻の実家の関係もなかなかのものかと私は思う。

今や嫁と言っても夫の親と一緒に暮らすというものではない。

ただ苗字をどちらのを使って夫婦統一するか、といっただけのもの。

うちは一応長男なのでこちらの苗字を名乗ってもらいたいとお願いしたので、他に関してはほとんど嫁側の要求をのんだ。

で、今ややらない方が多くなっている「結納金」とやらも息子の親である私たちが出したし、

結婚式と披露宴もあちらのご実家の近くで行った。

こちら側の親戚にとっては皆遠方となるので、交通費を包んで足を運んでもらった。

嫁がうちの家紋付きの着物を作りたい、というのでその金も出した。

私が一緒に行って選べればよかったのだろうけれど、その頃は私は腰痛がひどく、変形性股関節症も人工股関節に置換する前で痛み止めでなんとか抑えている状態だったので、若夫婦2人で選びに行ってもらった。

てっきり結婚して最初の正月に年始の挨拶に来るだろう、と思っていたのもドタキャンされた。

a0152078_11163208.jpg

まぁそこまではいい。

今はそういう時代で、「男の子は生み育て損」といったとこで、時代が逆転しただけのことだ。

a0152078_11174084.jpg

その後、私は整形外科で何度か手術をする羽目となったけど、嫁が見舞いに来たことは一度もなく、

嫁の実家からも見舞いの電話一本もらったことはない。

まぁそれもいい、あきらめている。

a0152078_11183115.jpg

社交辞令的にお中元お歳暮といった季節のギフトはさせていただいてるのだけれど、

こちらのギフトが届くと、丁寧に嫁のお父様がお礼の電話を下さる。

それはすごくいいのだけれど、

このお父様、とにかく自慢好き。

自分の自慢もすれば、娘の自慢もする。

そして今回は、先月嫁が孫たちを連れて3週間ほど里帰りし、迎えに息子が行って一泊させていただいたそうなのだけれど、

私に対する見舞いの言葉は全くなく、もうそれらの自慢話しまくり。

あちらからかけてきた電話で、電話代はあちらもちだから延々と自慢しても構わないけれど、

一般的には見舞いの言葉を先述べて、自慢話しはしてもいいけど、早々と切り上げるものではないか?

まぁそれもあくまでも私の中の「一般的」「普通」にすぎないことも承知はしている。

a0152078_11214353.jpg

「きっと娘さんから何も聞いてないんだな。ならしょうがないよな。きっと何を話していいのか緊張してわからなくて自慢話をしちゃうんだろうな。」と思いつつ、

なんかなぁ〜が心に引っかかり、そんな小さなストレスが他にもあり、塵も積もって山となり、「から咳」の原因となったことは自分でもわかるので、

それとなく嫁に聞いてみたら、あちらのお父様は全部知っているそう。

「デリケートな話しなので避けてるのかも」と嫁は言う。

デリケートな話しって、私の病気はなんなんだい?

どういう風に伝えてある?

「なんかこの親子わかんねぇ〜よ!」がこちらの本音。

a0152078_11224706.jpg

うまくやってはいけないとしても、わざわざ角を立てる必要もないので、それ以上その話しは突っ込むのは止めた。

「なんか私とは相性悪いかも」と幾分思うところがあろうとも、我が息子が生涯を共にしようと選んだ女性だし、

孫は息子の子であることも間違いなかろう。

それに孫は2人とも男の子。

いずれは嫁も私と同じ想いをして知るであろうから、今こちらが何かを言う必要もない。

a0152078_11235588.jpg

ただねぇ〜テンションは下がるよねぇ〜。

きっと疲れてるのだろう。







トラックバックURL : https://shizimi.exblog.jp/tb/238642500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sizhimi | 2018-07-07 11:24 | Trackback

整形外科疾患:頚椎後縦靱帯骨化症、腰椎4、5番は変性すべり症によりボルトで固定手術済み、右脚人工股関節、腰椎椎間板ヘルニア手術済み、腰椎2、3番変性すべり症、両手親指付け根変形性関節症、左ひざ半月板損傷により切除&軟骨損傷温存療法中。心臓:不整脈服薬治療中。そんな主婦の徒然日記。


by たまごふりかけS