いじめ、嫌がらせ

いじめや嫌がらせ的な言動は大昔からあるものだし、

半世紀以上生きていると、その対象となった経験は多い。

a0152078_10362581.jpg

北関東県出身の夫と結婚し、

10数年、そこで夫の両親と夫の親戚、姑の友達たち・・・つまり彼女たちの縄張り(なわばり。義父以外の男性陣は静かだった)・・・に囲まれて暮らしたことがある。

夫はその間は長距離通勤だったり、単身赴任だったりした。

a0152078_10375528.jpg

夫は長男で後継なので、その土地を守るというしがらみがあった。

田舎って、そういうとこだった・・・東京&庶民出身の私にはイマイチそういう認識に乏しい。

a0152078_10385803.jpg

その土地の人は「自分たちはなまってない!」と言うけれど、

「音」が違うので、当初、私には聞き取れず、

外国語のように、相手が何を言っているかわからなかった。

聞き取れるようになっても、

方言には尊敬語も丁寧語もないので、

目上の人には尊敬語、

同世代の人でも友達でもない相手には丁寧語でしゃべっていた私は、

「気取ってる」と思われてしまったみたいだ。

その後懸命に、その土地の方言がしゃべれるように勉強&訓練した・・・おかげでその土地を離れた今以て、方言が抜けない羽目となっている。

a0152078_10395414.jpg

いじめや嫌がらせ的な・・・「的」をつけるは、あからさまなものもあればマイルドなものもあるから総合して「ハラスメント」か・・・言動は散々受けた。

散々受けるうちに、それに慣れて、感覚が鈍った。

いちいち気に留めていたのでは神経がもたないから。

「あ〜、嫌がらせだな。」とか「いじめてるつもりなのかな」といった具合に。

その土地で、ほぼ1人で3人の子育てをしていくには、負ける訳にはいかなかったから。

a0152078_10405238.jpg

しかし、子育てもひと段落した頃から、体調を崩すことが多くなってきた。

今思うと、心身ともに少しずつ私は壊れていっていたように思う。

そして首や腰に疾患を抱えるに至り、

田舎にはそれに対応できる病院もなく、

私はまだ中学生で手元にいた娘を連れて、その土地を逃げた。


夫はとうに私に愛想をつかし、単身赴任でこの土地に来ていた。

a0152078_10414537.jpg

首都圏内にかろうじて入るこの土地には、

私の疾患など「ありふれたもの」というぐらい専門医が沢山いた。

田舎には、総合病院の整形外科に、ヘルニアの専門医さえいなかった。

脊髄脊椎病の専門医がいる病院までは一番近いところで、車で1〜1.5時間は走らねばならず・・・田舎は移動手段が車しかない・・・、

誰も送迎をしてくれず、1人で運転して行かねばならない環境においては、

激痛の時は不可能な問題だった。


そこらに脊髄脊椎病専門医がいる首都圏内とは大違い。

また、悪化せぬようにリハビリ科が外来患者用にも設置されている整形外科病院も、当時のその土地にはなかった。

医療は、首都圏と地方で格差あり過ぎ

a0152078_10424552.jpg

地方が過疎化するのも致し方なく思う。

現に80過ぎた実父にも、車の運転はさせたくはないけれど、

運転せねば、通院は出来ない・・・いちいちタクシーを使っていては、往復の交通費だけで2万円近くの出費となる。

バスは過疎化した村には来ない。

a0152078_10431540.jpg

ちなみに、そこは父の故郷であって、私はそこで生まれ育った訳ではないので、

私がそこに行っても、かえって足手まといになるだけ。

夫の実家がある土地でさえもカルチャーショックを受けていたのに・・・バスなし。電車は1時間に1、2本・・・、

自動販売機さえないその村では右往左往するばかりなり。

自動販売機はそこらにあり、電車はどんなに間が空く時間帯でも10分に子供の頃から慣れちゃってるから。

a0152078_10444330.jpg

老いて、故郷に戻りたかった父の気持ちは分からぬもないけれど、

老いれば心身の自由もきかなくなるのだから、

自分もいずれはそうなることを考慮して、

首都圏内、私や弟のそばから離れないでいて欲しかった。

新幹線を使っても片道4時間はかかる場所に、「ちょっと通院の手伝い」とはなかなか行けるものではない。

そもそも日帰りが無理だ。

娘曰く「年取って遠くに行かれると困る。首都圏内から出ないで欲しい。でないと入院したとしても、手伝いには行けないよ。」

それは正しい。

a0152078_10452666.jpg

しかし、近くにいても、うちの3人の子達も嫁も、手伝いどころか見舞いにさえ来ないけど161.png

平成ゆとり世代の我が子達と嫁、

どっぷり昭和世代の私たちには理解不能。

しかし彼、彼女達は今度は令和世代に頭を悩ますことに、将来なるのだろう。

私たちが戦前生まれ世代を悩ませたように。

まぁ頑張ってください、と言ったところ。










トラックバックURL : https://shizimi.exblog.jp/tb/239220252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sizhimi | 2019-04-16 10:16 | Trackback

整形外科疾患多数。軟骨が何故か消える。無くなったり 、骨化したり(後縦靱帯骨化症)。手術歴15回。更新予定有り。内臓は不整脈と左乳房にやや問題あるくらい。 メタボ健診に引っかかった肥満(泣)


by たまごふりかけ